遭遇

遭遇した芸能人への声かけはあり? さんまや鶴瓶の神対応は例外か

(SanneBerg/iStock/Thinkstock)

都内では、街中で芸能人を見かけることも少なくない。しかし、たとえ芸能人がいても、声をかけていいのかは悩むところだ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の街中で芸能人を見たことがある男女640名に「芸能人との遭遇について」の調査を実施。

勇気を出して芸能人に声をかけた人は、どれほどいるのだろうか。

 

■ホテルで松岡修造がいたけど

芸能人に遭遇した経験がある人でも、声をかけたのは4人に1人程度と少数派である。

芸能人に声をかけるのは、勇気がいる行為だ。またプライベートだからと、気を遣う人も多い。

「旅行先のホテルに、松岡修造がいた。でも家族旅行で来た感じだから、声をかけるのは止めておいた」(30歳・女性)

 

たとえ芸能人でも、興味がなければただの人との考えも。

「興味のない芸能人しか見たことがないから、わざわざ声をかけるまでもない」(30代・男性)

 

■関西では芸能人によく遭遇

芸能人に遭遇したことない人にとっては、どのようなシチュエーションで出会うのか想像がつきにくいだろう。

「ノンスタイルが、テレビのロケをしていた。石田さんのほうは野次馬にも『お疲れさまでした』と頭を下げて、井上さんはナルシストな感じでゆっくりと歩いていた。2人とも、イメージどおり」(30代・女性)

 

関西では、芸人に遭遇しやすい。

「大阪だから、芸人はよく見る。特にケンドーコバヤシさんがまだ大阪にいた頃は、家が近いのかよく遭遇した。当時はあまりレア感もなかったから声をかけなかったけど、今思うと残念」(40代・女性)

 

■声をかけられると嬉しい人と嫌がる人

芸能人の中には、声をかけられるのを嫌がる人もいる。

「ある芸人さんを見かけたので声をかけたら、ものすごく不機嫌そうな対応。握手を求めたら、手に触れる程度の力だった。声をかけたのを、後悔するレベル」(20代・女性)

 

しかし芸能人の中には、気づいて欲しいタイプの人もいるし、明石家さんまや笑福亭鶴瓶が、ファンへ神対応をするのは有名な話だ。

芸能人は声をかけられて、気さくに応じる人もいれば、嫌な顔をする人もいる。

両者の見極めは困難なため、声を掛ける行為自体がハードル高めだが、もしも勇気を出して話しかける際は、「家族旅行だから、声を掛けるのを止めた」という人のように、相手の状況や様子に気を配ることも大切なことといえそうだ。

強烈な光りの中から現れたもの

 

5年前、学生時代の体験。

 

深夜、暗い田舎道を車で走っていると、急にエンジンが止まってしまった。

 

あまり車に詳しくないので、JAF を呼び、車内で待っていた。

 

しばらくすると、正面から強烈な光が近寄ってきた。

 

もう来てくれたのか、早いなあと思ったが、よく見ると様子がおかしい。

 

光は車の前方50メートルほどで止まり、そのまま動かない。

 

光源はヘッドライトのように2つに分かれておらず、どうやら1つのよう。

 

その光量は半端じゃなく、光源と俺の車の一直線上だけがまるで昼間のようだった。

 

少し不安に思ったが、とりあえず近づいてみると、向こうからも人が近づいて来るのが見えた。

あのまま3人に付いて行ったらと思うと・・・

向こうは3人いる。

 

後光が強すぎて何者か分からなかったが、近付くにつれ見えてきた。

 

3人とも背が高く、2メートルはあったかと思う。

 

身体の線が細く、馬面というか顔が長い。

 

顔立ちや髪形は異なるものの、3人はよく似ていた。

 

服装はシャツやポロシャツ、ジーンズにチノパンとまあ普通だが、どこか古臭い雰囲気があった。

 

3人のうち一人が話しかけてきた。

 

どことなくイントネーションが標準語とは異なり聞き取りづらかったが、「どこから来た?困っているんだな。直してやる」みたいなことを言う。

 

直感的に怪しく感じ、「いや、JAFを呼んだから大丈夫です」と答えたが、「いや、俺たちが直してやる」と、しつこい。

 

次第に、「こっちの車に乗れ」とか、「お前のはもうだめだ」とか、話がずれてきた。

 

このあたりで何故か俺の思考が曖昧になってきて、「ああ、助けてくれるなら付いて行くのもいいかな」と、思い始めてきた。

 

訊かれるがままに俺の自己紹介などしながら3人と光に向かって歩いていると、突然携帯が鳴った。

 

JAFからだった。

 

近くまで来たと思うのだが詳しい場所を教えてくれ、という内容だった。

 

その電話で我に返り、3人の申し出を断ると、3人は怒りだして早口でよく聞き取れないことを喚き始めた。

 

「俺たちの好意を無駄にするのか」とか、「早く来ないと間に合わない」とか言っていた気がする。

 

俺は3人を振りほどき、車内に戻った。

 

3人は車外でしばらく何か訴えていたが、諦めて光の元に戻っていった。

 

この時に印象的だったのが、一人が手のひらを横にしておでこにピタッと当てると、他の2人も同じジェスチャーをした。

 

それが合図であるかのようにバタリと黙り、背を向けると歩いていってしまった。

 

3人が光の奥に消えると、光は猛スピードで後進し、そのまま消え去った。

 

程なくして、JAFの担当者が正面から現れた。

 

車は担当者が操作すると、いとも簡単にエンジンがかかった。

 

さっきまでは全く動かなかったのに・・・。

 

その担当者いわく、車は真っ直ぐ道を走ってきたが、そのような光には出会わなかったという。

 

俺は無事に帰宅できたが、次の朝、全身に発疹ができていた。

 

皮膚科で診てもらったが、原因は不明とのことだった。

 

前日の出来事と関係あるのか分からないが、発疹は軟膏をつけていたら10日程で消えた。

 

この話を2年後に合コンですると、一人の女が食いついてきた。

 

女は彼氏とドライブ中、その付近で空を飛ぶ発光体を二度目撃したことがあるという。

 

女はさらに、俺が見たのは「UFOや宇宙人だったのではないか」という。

 

そんな説はにわかには信じ難いが、あの時あのまま3人に付いて行ったらと思うと、何か得体の知れない恐怖を感じてゾッとする。

 

そして何故あの怪しい連中に付いて行こうという気になってしまったのか、全然分からない。

 

(終)

The post 強烈な光りの中から現れたもの appeared first on 怖いもん通信.