鈴木亜美

鈴木亜美と銅メダリスト・藤光謙司、東京五輪に向けてスカイツリー点灯の共同作業

29日、スカイツリーで東京五輪1000日前イベントが開催。宮本和知(53)と大林素子(50)が総合司会を務める。

ゲストとして鈴木亜美(35)、400mリレー銅メダリスト・藤光謙司((31)が登壇。しらべぇ編集部も駆けつけた。

■時の長さを考える母・鈴木

現在、子育て中の鈴木亜美。東京五輪まで1000日について、「うちの子供はもうすぐ10ヶ月。1000日後だと3歳ぐらいです。そう考えると、随分と遠い先の話にも感じるのが不思議です」と、しみじみ。

「教育方針として歌ではなくスポーツをやらせようと思っています。男の子は、そのほうがモテますから。3歳になったらスポーツも楽しめる年齢。一緒に楽しく観られるといいな」と息子と共に過ごす未来に思いを馳せる。

「私、長距離走をやってたんです。もともとは短距離をしたかったんですが、先生に長距離のほうが向いていると言われて。正直しんどかったです。短距離のほうがよかった」と学生時代のスポーツの思い出を語った。

 

■藤光の肉体について語る場面も

司会の大林が藤光のアキレス腱について「腱が長いタイプ。細いけど、腱がしっかりしてる」と触れながら語った。

続けて、大林から「体の線自体も思ったより細い。体脂肪はどれくらい」と質問が飛ぶ。

「選手によって個人差はあります。自分は細いほうで、身体が最高潮に絞れてる時は2%ぐらいですね」と藤光が答えると、壇上の参加者から驚きの声が上がった。

大林から「食事に気をつけているの」と深掘りされると、「基本的に好きなものを食べています。バランスは気にしますが」とにっこり。

それを聞いた鈴木亜美から「すごい。私はもう焼肉もケーキも食べたら、胃がもたれちゃう。もう年です」とさみしげに言った。

 

■イベントのラストは点灯式

壇上にボタン装置が用意される。これを押せば、スカイツリーが点灯する仕組み。1000日前イベントを記念して、スカイツリーが美しく輝くのだ。

カウントダウンからの、鈴木と藤光がボタンを一緒に押した。

当日は大雨。成功するかどうか不安はあったが、無事に綺麗な姿を見せてくれた。東京五輪も大成功してくれることを祈りたい。

・あわせて読みたい→佐々木希、アザだらけの痛々しい顔を公開 「渡部ゆるせん」の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ