鈴木亮平

石田ゆり子「なんで私はいつもこうなんだろう…」ゴルフに挑戦もため息

(左から、堤真一、石田ゆり子、鈴木亮平)

9月4日に都内で行われた「キリン 新・一番搾り CM発表会」に、俳優の堤真一(53)、石田ゆり子(47)、鈴木亮平(34)の3人が登壇した。

 

■カメラの前で仕事を忘れた?

(堤真一)

CMでは、七輪でサンマとサザエを焼き、贅沢に一番搾りを堪能している堤。

「実際に七輪を持っていて、独身時代からCMと同じようなことを家でしている」とのことで、「家とそのままで、ちょっと恥ずかしかった」と照れてしまったエピソードも。

そんな背景からか、撮影時には「仕事だということを忘れていた」と語り、報道陣から笑いが漏れた。

 

■演技じゃないんです、素で…

(石田ゆり子)

CMの中で、ゴルフに四苦八苦する様子を演じた石田。何度もパターを外す姿に「惜しい!」と、見ていてもどかしくなる。

石田は、小学生の時に水泳でジュニアオリンピックに出場した経験があるなど、おっとりとしたキャラに反して運動神経はかなりのもののようだが、ゴルフは過去に何度かコースを回ったのみらしく、「実際に素でやってあんな感じです。もう全然入らなくて」と、ちょっと悲しい裏話を明かした。

「『うまい』と褒められました。外すのが上手だと…」と自虐気味に語り、「なんで私はいつもこうなんだろうなって。道具でボールを打つスポーツがうまくいかないタイプで、もうホントにダメだなと…」とため息。

それでも「スポーツ後に仲間と飲むビールは本当に幸せ、外した後でもうれしい」と声を弾ませた。

 

■心構えはミュージカル並みだったのに

今回のCMでは、「茶色の小瓶」の曲に合わせて、各登場人物の心情を歌い上げた替え歌が使われている。

鈴木は「それぞれ歌があるじゃないですか。それがすごくプレッシャーで」と話す。

練習用のテープを何度も聞いて、「ミュージカル俳優ばりに歌えるようになったつもりで現場に行った」が、いざ歌を披露すると、「あの…鼻歌風にお願いします。ヘタウマな感じで」と指示されてしまったとしょんぼり。

「僕の練習してきたのは何だったんだろう…」と切ない思いを明かし、報道陣は笑いに包まれた。

5日から放送される新CMには、3人のほかに満島ひかり(31)も登場している。

合わせて読みたい→石田ゆり子(47)が20歳頃の写真を公開 「変わらぬ美貌」と賛美の声

(取材・文/しらべぇ編集部・エグオ