銀行

口座解約してやる! 「銀行の窓口」でされた不快な対応3選

(DAJ/iStock/Thinkstock)

銀行は、顧客のお金や個人情報を扱う場である。そのため、銀行の顔である窓口には顧客が安心できるような人が求められるが、中には不信感を持ってしまうような対応をする人も…。

 

①待っている間に通帳の中身を興味本位で見る

「窓口で通帳を預けて書類を記載していたんですが、その待っている間に窓口の若い女性が通帳のページを1枚1枚めくって、あきらかに興味本位で中を見ていました。

 

こちらは銀行の人だから信用してお金の明細がいろいろ載った個人情報を預けているのに失礼にもほどがある。ちゃんと教育しろ!」(女性・29歳)

 

②キャッシュカードの初期不良に謝罪もない

「振込みをしようと思ったら、発行されて間もないキャッシュカードが使えず銀行へ行ったら再発行が必要だと窓口でぶっきらぼうに言われました。

 

キャッシュカードがあれば無料だったのに、窓口でお金を引き出すのと振込みの手数料で600円近く取られることに。これって本来は銀行側が負担すべきでは…」(女性・36歳)

 

③窓口の対応が悪すぎて客を逃す

「窓口の受付待ち人数が『0人』で、客を対応している雰囲気もなかったので、空いている窓口に行ったら『なんですか? お呼びしました?』とキレられたことが。

 

受付番号を取って待っててください、と怒られ呆然。定期預金を作ろうと思っていましたが、そのまま帰り、別の銀行に行きました」(男性・36歳)

 

▪️銀行にお金を預けるメリットはもうない?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代男女1,358名を対象に、「メイン銀行の残高が1,000円を切ったことがある人」の調査を実施したところ、3割近くもの人が該当した。

貧困の問題もあるだろうが、不景気な昨今は、利息はつかないかわりに、ATMでは時間外手数料を取られるなど、銀行にお金を預け入れるメリットを感じられない人も少なくないのだろう。

今後、銀行も顧客を増やしていくためには、客への丁寧な対応は欠かせないのかもしれない。