間違い

名前の間違いはどれほど失礼? 豊田真由子元議員激怒の理由も

(©ぱくたそ)

人間である限り、間違いがあるのは仕方がないことだ。それを分かっていても、自分の看板ともいえる名前を間違えられたら、不機嫌になる人は多いだろう。アンジャッシュ・児島のように、名前間違いをネタにできるのは少数派のはず。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336名に「名前の間違いについて」の調査を実施。

その結果64.3%もの人が、「人の名前を間違えるのはなによりも失礼だと思う」と答えたのだ。

 

■豊田真由子元議員の暴言も宛名ミスから

年代が上がるほどに、名前の間違いを失礼だと考えている人が増えている。

とはいえ、20代でも半数以上と高い割合になっており、多くの人が名前を間違えられることを快く思っていないのは確かだ。

豊田真由子元衆議院議員の元秘書に対する暴言が問題になったが、支援者に送るバースデーカードの宛名を誤ったことが、原因のひとつだと報道されている。

もちろんミスをしたからといって、罵倒を浴びせるのは良くないことだが、それだけ人は名前を間違えることに敏感なのだろう。

 

■難読な名前の人はよく間違えられる

名前の誤りを起こしやすいのが、返信メールだ。

「同じような内容のメールだったので、先に送った人に宛てた文章をコピペし、少しだけ修正し送信。しかし、肝心な名前を修正せずに送ってしまった」(30代・男性)

 

名字が難読な人の場合には、間違えられるほうが多い。

「名前の読みを間違えられるほうが多いので、さすがにもう慣れた。それほど重要な場面でないときには、訂正しないでそのままやり過ごすことも多いし」(20代・女性)

 

■結婚式の司会が名前の間違いを連発

40代の女性が、知人の結婚式に出席をしたときの話だ。司会をしたのが、司会業の人でなく、新郎の上司の知り合いという売れない芸人であった。

「司会に慣れてなくて進行も下手だったけど、致命的なのがスピーチをする人の名前をことごとく間違えたこと。結婚式の司会をするなら、事前になんて読むのか確認をしておくものなのに。

 

普段は名前の間違いなんて気にしないけど、やらかす場がお祝いの席なんて。上司の知り合いだからって仕方なく、追加料金まで払って頼んだ新郎新婦がかわいそう」

 

名前の間違いで激怒するのも、大人げのある行動とはいえない。しかし、名前を間違えられると嫌な人が、多数派であるのは確かである。

主婦が涙! 節約のつもりが「逆に損になっていたこと」3選

(Milatas/iStock/Thinkstock)

生きていく上で、お金は大事なもの。「できるだけ無駄な出費は控えたい…」と多くの人がさまざまな節約法を取り入れていることだろう。

しかし一般的に節約と思われていることが、実はお金が無駄になっていた…ということもあるようだ。しらべぇ取材班は、主婦女性たちに話を聞いてみた。

 

①市販薬を買い続けるよりも病院に行ったほうが安かった

「体調が優れない時に、病院にかかる費用を節約したくて薬局で販売している市販薬を長年使用していたんですが、あるきっかけで病院に行き薬を処方してもらったら…。

 

診察台や薬代を入れても市販薬を買うよりも安いし、きちんと処方される品のほうが成分もいいし、薬局で買うより病院のほうがお得だったんだ…とショックでした」(女性・29歳)

 

②遠路にある格安スーパーに行って無駄に買いすぎてしまう

「家から遠い格安スーパーによく行っていたんですが、節約のために行ったはずなのに『せっかく来たんだから!』と思ってしまい、無駄に買い、お会計が数万円になることも。

 

また買ったはいいものの、結局は食べきれずに廃棄することも多くて、逆に損に…。

 

近所のスーパーに行って、普通に買ったほうが財布に優しいことに気づきました」(女性・29歳)

 

③安いネット通販を利用するも送料無料にするために無駄な買い物を…

「日用品を買う時にネット通販を利用していたんですが、本来なら千円以内で済む買い物なのに、送料無料にするために五千円分くらいアレコレ買っていました。

 

中には不必要な物まで買っていて…単体の品はネットのほうが安いけれど、こうやって踊らされちゃうことを考えると、実店舗で必要な物だけ買うほうがいいですね…」(女性・36歳)

 

▪️節約意識が高くなっている?

ちなみにしらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「節約を意識する」かを調査したところ、男女ともに節約意識は根付いているようで、半数以上の人が「はい」と回答した。

しかし良かれと思ってしたそんな節約術が、実は損になっていた…なんてことがあるかもしれない。今一度、自分の節約法を見直してみたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→お金を使う若者は減少のはずが 自称浪費家は20代に多い謎

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

主婦が涙! 節約のつもりが「逆に損になっていたこと」3選

(Milatas/iStock/Thinkstock)

生きていく上で、お金は大事なもの。「できるだけ無駄な出費は控えたい…」と多くの人がさまざまな節約法を取り入れていることだろう。

しかし一般的に節約と思われていることが、実はお金が無駄になっていた…ということもあるようだ。しらべぇ取材班は、主婦女性たちに話を聞いてみた。

 

①市販薬を買い続けるよりも病院に行ったほうが安かった

「体調が優れない時に、病院にかかる費用を節約したくて薬局で販売している市販薬を長年使用していたんですが、あるきっかけで病院に行き薬を処方してもらったら…。

 

診察台や薬代を入れても市販薬を買うよりも安いし、きちんと処方される品のほうが成分もいいし、薬局で買うより病院のほうがお得だったんだ…とショックでした」(女性・29歳)

 

②遠路にある格安スーパーに行って無駄に買いすぎてしまう

「家から遠い格安スーパーによく行っていたんですが、節約のために行ったはずなのに『せっかく来たんだから!』と思ってしまい、無駄に買い、お会計が数万円になることも。

 

また買ったはいいものの、結局は食べきれずに廃棄することも多くて、逆に損に…。

 

近所のスーパーに行って、普通に買ったほうが財布に優しいことに気づきました」(女性・29歳)

 

③安いネット通販を利用するも送料無料にするために無駄な買い物を…

「日用品を買う時にネット通販を利用していたんですが、本来なら千円以内で済む買い物なのに、送料無料にするために五千円分くらいアレコレ買っていました。

 

中には不必要な物まで買っていて…単体の品はネットのほうが安いけれど、こうやって踊らされちゃうことを考えると、実店舗で必要な物だけ買うほうがいいですね…」(女性・36歳)

 

▪️節約意識が高くなっている?

ちなみにしらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「節約を意識する」かを調査したところ、男女ともに節約意識は根付いているようで、半数以上の人が「はい」と回答した。

しかし良かれと思ってしたそんな節約術が、実は損になっていた…なんてことがあるかもしれない。今一度、自分の節約法を見直してみたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→お金を使う若者は減少のはずが 自称浪費家は20代に多い謎

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

衣替えのハザマにやっちゃいがち? 機能性インナーの取違えあるある

(Minerva Studio/iStock/Thinkstock)

季節の変わり目であるこの時期、そろそろ衣替えをする人も多いはず。しかし、まだまだ暑い日と涼しい日が入り混じるため、完全に入れ替えるにはまだ時間がかかる。

そんな、クローゼットに夏服と秋服のアイテムが同時に並ぶタイミングだからからこそ、起きてしまうミスがあるようだ。

 

 

■「間違えた」の声続出?

起きがちなのは、機能性インナーを間違えて着てしまうパターン。例えば、ユニクロの代表的なアイテムである「エアリズム」と「ヒートテック」について、「エアリズムかと思って着たら、ヒートテックで汗だくになった!」という話が…。

Twitterをチェックしてみると、「間違えた」という声が多く見られる。

ヒートテックとエアリズム間違えた気がする。あつい。

— †れむ睡眠† (@remunano) September 26, 2017

エアリズム見つからなくて適当にヒートテックにしたら暑すぎて死にそ

— しの (@snktniji) September 24, 2017

今日仕事中汗が止まらなかったのは、蒸し暑さのせいだけではなく、ヒートテックのタンクトップを着ていたからということに、お風呂入るとき気付きましたエアリズムのクールテックのなかに1枚紛れていた模様…。

— みっきぃ (@micky0407) September 19, 2017

いやーなんかなんかあっついなーってそういえば今日の私、エアリズムと間違えてヒートテック着てるんだった

— ユカ (@harapao) August 28, 2017

暑さでやっと間違いに気づくようで、見た目や着心地にはあまり違和感がないようだ。

ちなみに、エアリズムとヒートテックはそれぞれタグに表記があり、着る前に確認すれば間違えないのだが、小さなタグを毎回チェックする人はあまりいそうにない。

しかも、インナーの特性上、機能は違っても色や形がほぼ一緒――というのは、避けようがないこともあり、「洗濯して畳む時にチェックし、入れる棚を変える」などの工夫をしないと、「また、やっちゃった!」となりそう。

 

■ユニクロ店員も「あるある」

「エアリズムとヒートテック取り違え事件」が頻発しているようなので、実際にユニクロの店員経験者に話を聞いてみた。

「あー。それは“あるある”ですね。(笑)今の時期は『エアリズム』『ヒートテック』また『極暖』というヒートテックの上位機能のものまで、多くのタイプが店頭にあります。

 

しかも、半袖だと袖の長さや首回りのデザインまで、ほぼ同じだから、間違えて買われるお客様も多いんですよ。『着たら涼しいはずなのに、暑いじゃないか!』といったクレームも実際にありますし、頼まれて買った人が間違えた…ってパターンも多いですね」(20代・男性)

 

「この時期は衣替えのシーズンでもあるので、『エアリズムとヒートテック、どっちがどっちか分からなくなった』といったお問い合わせ、よくありますよ。

 

比較すれば、手触りや厚みが違うので分かりやすいのですが、見た目が似過ぎなので、パッと見だと店員でも間違うかも」(30代・男性)

 

店員でも間違いそうなレベルなら、「やっちゃっても、しょうがないよね」という感じか。

安くて機能性もある商品として、アイテム両方を愛用している人も多いだけに、季節が完全に切り替わるまでは、気が抜けないことになりそうだ。

・合わせて読みたい→【超スゴい】全身ユニクロで雪遊びは耐えられるのか実験→余裕だった

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

人生やり直したい!上手くやれる自信なくても「もしも…」と妄想

(sunabesyou/iStock/Thinkstock)

ドラマや映画、小説や漫画など、主人公がタイムループ(タイムリープ)して、何度も人生をやり直す作品は数多い。

代表的なところでは、何度も映像化されている『時をかける少女』や、昨年映画化された『僕だけがいない街』など、多くの作品が生み出されているテーマのひとつ。

そうした作品を観なくても、「もしも、人生をやりなおせたら…」そんなことを考えたことのある人は、少なくないはず。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「できるなら人生やり直したい」人の割合を調査した。

 

■男性は意外と少なめ?

全体では53.2%が「できるなら人生やり直したい」と回答。男女別では、男性は半数をわずかに割り込む49.9%に対して、女性は56.5%で、女性の方が「やり直したい」率が高い結果に。

しらべぇ編集部が全国20〜60代既婚者の男女701名を対象に「この人と結婚しなければよかったと思うときがある」という調査でも、男性33.9%、女性45.8%とおよそ12ポイントも差がついており、女性の方が「やり直したい願望」は強いもよう。

性別・年代別で見ると

60代を除き、女性の方が男性よりも高く、30代と50代では6割を超えた。

そして「できるなら人生やり直したい」人の特徴をチェックしてみると、

やはりと言うべきか「いま、自分は不幸だと思う」が、最多の76.6%。

「貯金がほぼない」人は、人生やり直してちゃんと貯金がしたいのか、それとも先行きへの不安からそう思うのか。また、「面食いだ」「恋愛が苦手だ」には、「やり直し」というよりも、「違う自分に生まれ変わりたい」といった願望も混じっていそうだ。

 

■正解なんてない

実際に「人生やり直したいと思う」人、「人生やり直したいなんて思わない」人、双方に話を聞いた。

<やり直したい>

「これまで、いろいろと『失敗した!』と後悔することが多くて、むしろやり直したいことだらけかも。まぁ、やり直したら、上手くやれるか…っていうと、全然自信はないですけど。(笑)

 

ただ、仕事選びとか、明らかに選択を誤ったことは、やっぱりどうにかしたいかなぁ。転職などで路線変更するには、ちょっと遅いから、『もしも…』を妄想してしまうことも多いですね」(30代・男性)

 

<やり直したいと思わない>

「今がベストだと思うわけじゃないけど、やり直しするとしたら、これまでの大変なこともある程度は“もう一回”なわけで、そんなのはイヤですね。経験を積んだから身についたことも多いし、その中には失敗も含めての経験値もあるし。

 

絶対的な正解なんてないだろうし、やり直したからって、必ず今より上手くいく保証もないと思うんですよ。だから、今までのことをダメな部分も含めて肯定して、先に進みたいって…ちょっと強がりかもしれないけど、そう思っています」(40代・女性)

 

現実には起きそうもない「もしも…」を考えるよりも、今を楽しむ方法を探すことの方が、人生を豊かにしてくれそうだ。

・合わせて読みたい→「この人と結婚しなかったら…」 女性の半数が思ったことがある現実

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)