「異常な断捨離」「外と関わりたくない」 女優・遠野なぎこの闇が深すぎる

2度のスピード離婚を経験し、現在はネコと暮らす女優・遠野なぎこ(37)が、17日放送『金曜ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。

自宅を公開すると、その「闇の深さ」が浮き彫りになり、話題となっている。

(画像は『金曜ロンドンハーツ』公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■異常な生活スタイル

番組は、「男子が行きたくなる部屋グランプリ」と題し、女性芸能人5名の自宅をランキング付けする企画を放送。

遠野が住むのは、築11年の1LDK。玄関はネコが飛び出すのを防ぐトゲ付きのマットを敷き、ネコの写真を飾る。自宅の随所にポスターや小物などネコグッズだらけ。

リビングはテーブルやソファー、テレビとキャットタワーしかなくスッキリとしているが、それは遠野が「酒を飲んで捨てる」を繰り返した結果。有吉弘行(43)は「異常な断捨離」と切り捨てた。

カーテンは閉め切っており、「1ミリも明けない。外の世界や人間と関わりたくない」と闇を覗かせる。

 

■悪夢ばかりを見る

自分が出演したバラエティ番組はDVDにして1番組につき30回以上視聴。自分のトークへの周囲の反応を確認し、「この人、笑ってない」と落ち込む。そのせいで「酒が濃くなり、悪夢ばかりを見る」と悩みを吐露。

清潔にしてある室内、料理にこだわる家庭的な一面を見せ、高評価も得た遠野だが、結果は最下位の5位。「風水は知らないが悪い気が流れている」と酷評された遠野は、「私が好きで住んで何か悪い」と嘆いた。

本田翼が闇落ち? 不機嫌な「ブラック本田」の存在を明かすも「ただのご褒美」

モデル・女優として八面六臂の活躍を見せる本田翼(25)が、18日放送『しゃべくり007』(日本テレビ系)に初登場。明るく笑顔の似合う本田が、「闇の深い私生活」を告白し、話題となっている。

(画像は本田翼公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■引きこもり生活

休みの日には「秘密基地のように引きこもり、家から一歩も出ない。夢中になれば、食事もとらず16時間はゲームに興じる」と闇を覗かせる本田。

前日に飲み物やお菓子を買い込み、手の届く範囲にティッシュやリモコン、ゲーム機などを用意するのが本田にとって最適な状態だという。

 

■ブラック本田?

基本的にポジティブな性格だが「何かが溜まってしまう」ため、週に1度くらい、対応がキツく不機嫌な「ブラック本田」になるようだ。

笑顔で、甘えるように会話を楽しむのが本田の普段の姿。しかし「ブラック本田」はまるで真逆。ドラマ『わにとかげぎす』で共演し気心の知れたくりぃむしちゅー・有田哲平(46)が普段通り話しかけても、そっけない。

肉を食べたいと話しかければ「そういう気分じゃない」と一喝、髪型を褒めれば「本当に思ってる?」と睨みつける。

黒い服が似合うと言えば「黒、そんなに好きじゃないんだよね」と、ことごとく冷たい対応のブラック本田に、有田も苦い顔を見せた。

ビジュアルが圧倒的劣勢? 『もしズレ』で高橋真麻の闇深発言が好感

11日放送『もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に出演したフリーアナウンサー・高橋真麻(35)の、ネガティブ発言と短所を冷静に受け入れた自然体な姿勢に、共感が集まっている。

(画像は高橋真麻オフィシャルブログからのスクリーンショット)

 

■顔で勝負していない

「独身女性のこじらせた私生活」をテーマに番組は進行。真麻の1日に密着する。

「芸能人ぶっていると思われたくない」ため、マスクやサングラスなどで変装することなく、そのままの姿で街を歩く真麻。「顔で勝負していない」からメイクにも時間はかけない。

「芸能人なのにビジュアルがイマイチ。圧倒的劣勢」だと自覚し、「エステに行って、頑張ってソレ? と思われたくない」ため、エステには行かないと語る。

密着のカメラが近いことに「アップに耐えられない」と愚痴り、休みがあると「私、今日ニーズがない日なんだ」と落ち込むなど、ネガティブ発言が連発した。

 

■開き直って個性を活かす

片思いの相手に突然「寿司をおごれ」と呼び出されるなど、初恋で傷ついたことがネガティブの原因と20年来の友人が暴露。

しかし真麻は、「それ聞いてもあの時の私可哀想とは思わない。だから今バラエティでイジられても大丈夫なのかも」と語る。

「開き直りと言えば開き直り。この顔に生まれたこともある意味良かった。完璧なものに対して人は興味を持たない。ちょっと不幸な部分を持っている方がいい」

 

これまでの経験を踏まえた上で、自身を分析した。