陣内智則

『ドクターX』遠藤憲一の励まし「がんばれ大門!」がかわいすぎる

9日、米倉涼子主演ドラマ『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの第6話が放送された。

親友・城之内博美(内田有紀)との友情が描かれたほか、遠藤憲一演じる海老名敬のかわいさも際立つ回に。

 

■給料制の大門の一方、城之内は…

外科副部長・猪又孝(陣内孝則)がオペをダラダラ行ったせいで、大物政治家の患者が術後の経過にクレームを入れてくる。猪又はとっさに麻酔科医である城之内の不手際と嘘をつき責任逃れ。結果、東帝大病院への出入りを禁止されてしまう。

これをきっかけに、大門未知子(米倉)との間に思わぬ争いが勃発。定額給料制の未知子に対し、博美は歩合制だったのだ。また、城之内が食べるために残していた餃子を未知子が食べてしまったことも重なり、ふたりの間にはケンカが起きてしまう。

そんな中、ふたりが通っている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)の手術の日が近づいてくる。

だが、一方で良夫の膵臓に重大な病が発覚。複数の腫瘍が見つかり、根治させるには膵臓を全摘するしかない状況だった。だが、術後少しでもはやく厨房に立ちたい良夫は猪又の口車に乗せられてしまうことに。

 

■大門未知子、麻酔医も兼ねる

そこで立ち上がったのが海老名だった。「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)のもとを訪れると、博美をランチに誘い出す。海老名が無理やり敦子の手術に参加させた一方、未知子はそちらではなく良夫の手術にまわる。

想像通り困難な手術となり、猪又は途中で投げ出すことに。しかし、未知子は持ち前の超絶テクニックで危機を脱し、度重なる術式の変更を経て膵臓の機能の一部を残した状態で手術を成功。

なお、麻酔医がおらず、途中から博美が来るまでの間は未知子が麻酔医も兼ねるという離れ業も披露。最終的にふたりは友情を確かめあった。

この展開に、ネット上では賞賛の声が相次いでいる。

今回は二人の友情について視点置いてくれて嬉しかった〜!!!鳥居さんと蛭間院長居ないの残念すぎたけど#ドクターX

— ぱ〜こ (@___paakodesu) November 16, 2017

大門と城之内の友情が好き。#ドクターX

— *aki* (@orange0a) November 16, 2017

岡村隆史に彼女ができない理由 「闇が深すぎる」とドン引きの声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

芸能界きっての独身貴族として知られるナインティナイン・岡村隆史(47)。「モテそう」と女性からの評判は良いものの、一方で「闇が深そう」と言われることもしばしば。

25日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABC・朝日放送系)での岡村の発言が話題になっている。

 

■最後の彼女は21歳のとき

ゲスト出演のお笑い芸人・陣内智則(43)から「(彼女は)いつまでいてたんですか?」と聞かれた岡村は、「明確にハッキリ付き合ってたのは21歳のとき」と、苦笑いしながら告白。

この発言にスタジオは「なかなかの衝撃やね」と驚愕。どうやら岡村は26年ほど彼女がいないことになる。

さらに陣内は、1年半ほど前に岡村と恋愛話をしたときのエピソードを暴露。女性とのキスについて、「運を吸い取られたくないから、本気のチューはしたないねん」と明かしていたという。それが彼女をつくらない理由にもなっているようだ。

このエピソードを振り返り、陣内は「(売れてるから)もうええやん!」とツッコミを入れ、笑いを誘った。

 

■岡村に近づく女性の8割がお金目当て?

また、陣内から「今から近づいてくる女性の8割がお金目当てやと思うよ」と宣告された岡村は、「ウソやん、嫌や!」と動揺の様子。

さらに陣内から「『素のままの岡村さんが好き』っていうのは絶対ないから」と追い打ちをかけられると、「絶対ないのか…それでもええわ!」と、ショックを受けながらも前向きな姿勢を見せた岡村だった。

『アメトーーク』ケンコバの宮迫不倫イジリに反響 「宮迫が出るとハズレ」の声も

食傷気味になるほど、有名人による不倫騒動が連日報道される昨今。雨上がり決死隊・宮迫博之(47)は、W不倫を芸人らしく、何とか「笑い」に変えようとしている。

『バイキング』(フジテレビ系)で騒動を説明後、出演番組で不倫をイジられてきた宮迫だが、14日深夜放送『アメトーーク』(テレビ朝日系)でも、ついに本格的に不倫イジリを解禁。

視聴者に大きな反響があったが、すべてを「笑い」として受け止めてはもらえなかったようだ。

 

■陣内「誰が誰に言うとんねん!」

この日は、芸人たちが集まり、テーマを決めずにトークを広げていく人気企画「立ちトーーク」を放送。宮迫の不倫を芸人たちが語った。

7月に入籍した陣内智則(43)は籍を入れる際、宮迫から「結婚ってええぞ」と声をかけられたが「誰が誰に言うとんねん!」と、不倫経験のある自身も絡めてツッコんだ。

 

■ケンコバ「朝にめっちゃヤった」

ケンドーコバヤシ(45)は、「酔って寝てしまい、何もできなかった」という宮迫の釈明を背景に、さらに過激にトークを展開。

「酔っぱらって寝てしまい、一線を超えなかった経験は僕もある。でも僕は、朝めっちゃヤリましたけどね」

 

苦笑いするしかない宮迫は、ダウンタウン・松本人志(54)の「2人と3泊、8回はしてる」発言を見た妻から、「私は12回と見ているけどな」と一喝されたエピソードも披露した。

南キャン・山里亮太のプレゼン力に賞賛の声 「泣かされた」視聴者続出

「そんなことある!?」と思わず叫んでしまう、想像を超えた実話をプレゼン形式で紹介する『奇跡! 偶然! 衝撃! プレゼンSHOW! そんなことある!?』(日本テレビ系)が4日深夜に放送された。

(画像は山里亮太Instagramからのスクリーンショット)

南海キャンディーズ・山里亮太(40)が陣内智則(43)、千鳥・ノブ(37)、バイきんぐ・小峠英二(41)、声優の松野太紀(49)らとエピソードを披露。

その中でも、視聴者からは山里への絶賛が相次いでいる。

 

■ケガ人ゼロの飛行機事故

1本目、死者はもちろんケガ人さえゼロの「飛行機事故」について山里は語る。

山を眺めるのが趣味の老婆が、いつもの山に「飛行機の白い機体」を発見し騒動となるが、実は白い植物「ヤマボウシ」が、偶然にも機体に見える位置に自生していたという実話。

驚くべき結末ではあるが、山里はこの物語を見事なトークでさらに盛り上げた。

臨場感あふれる物語を展開、「飛行機じゃないかもしれない」と気づいた老婆側の心境など笑いを交えて語り、驚きの結論へ至る。

「地球が仕掛けたおばあちゃんへのドッキリ」と締めくくった山里に観客から惜しみない拍手が贈られた。

 

■結婚式で起きた奇跡

本来は1人1本のプレゼンだが、山里は2本目を志願。

「占い師に『今世、結婚はない。来世は草』と言われた。結婚式を挙げることが奇跡」と自身を卑下しつつ、「結婚式で起きた奇跡」について語る。

新郎の父がスピーチで「実は新郎には本当の母親がいる」と告白、1時間前に元妻を見つけたと語る。偶然にも介添人の女性が実の母。駆け寄った新郎新婦が花を渡すと、女性は顔を伏せたまま何度も何度もうなずいた。

ここでも山里は情感たっぷりに物語る。さらに、俳優・寺田豊(74)が新郎の父のスピーチを実演し、物語を盛り上げた。