電機

東芝メモリ売却、遅れたらどうなる つなぎ資金調達に高いハードル

 新たに構造改革を検討し始めた東芝だが、目下、最大の課題である上場維持は、なお予断を許さない。東芝メモリを来年3月末までに売却し、負債が資産を上回る債務超過を解消する計画だが、売却が間に合う保証はないからだ。期限を過ぎることになれば、売却完了まで債務超過を穴埋めする「つなぎ」の資金が必要になるが、東芝が資金調達を実現するハードルは高い。