震災

林修先生が『初耳学』でLINEの「既読機能」の重要性を熱弁 「震災の影響で生まれた機能」

5日に放送された、TBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』では、「LINE」の既読機能の重要な役割がテーマになり、話題になっている。

 

■「既読機能」の重要性

インターネットを通じて無料電話やメッセージのやりとりができることで、人気を集めている「LINE」。

ところが、相手がメッセージを読んだという合図の「既読」が付いたにも関わらず、返信を行わない「既読スルー」と呼ばれる行為がトラブルを巻き起こすことも。

社会問題にまで発展した「既読機能」をなくさない理由を尋ねられると、林修氏は…

「震災の影響で生まれた機能。連絡が取れなくなった、メールを送ったけど相手が読んだかわからない状況だった。それで、LINEを送って『既読』に変われば、相手が読んでくれたことが確認できる。だから、あえてこの機能を残している」

 

と、語った。「既読」は震災発生時に「安否確認」の役割を果たすようだ。

LINE開発のきっかけは、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」。電話がつながりにくい状況を受けて、インターネットを通じて連絡が取れるようにと開発に至ったそうだ。

 

■ネットでは納得の声

ネットでは「既読機能」に納得する声が目立っている。

初耳学見てるんだけど、LINEの既読ってとっても大事なんだって初めて知ったネット社会だからこその大事な機能なんだなぁ〜

— ばんちゃん (@bnhnsik_Ynmhays) November 5, 2017

ラインの既読機能の意味を知って、納得してる 初耳学視聴中

— あさこ (@asako126) November 5, 2017

その一方、「既読スルー」だけでは「未読スルー」問題も勃発しているという声も見られる。

既読スルー未読スルー問題勃発LINEの使い方おかしいやついる東大生が言ってたけどLINEがLINEの意味をなしてない時がある#初耳学

— アリス (@Azul_Cerezo) November 5, 2017

 

■「未読スルー」をしたことある?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のLINEユーザーである男女629名を対象に「LINEを『未読スルー』した経験があるか?」調査を実施。

その結果、全体で35.8%の人が「ある」と回答。相手への気遣いから読まなかったことにする場合や、単純に既読の事実を知られたくないケースもあるだろう。

今後、既読スルーされたときには「返信はないけど生存は確認できたし未読よりもいいか」とポジティブに捉えてみてはどうだろうか。