霊感

コックリさんは終わっていなかった

 

俺の女友達に、いわゆる「見える」奴がいる。

 

大学の新入生歓迎会で知り合った奴なのだが、外見は至って普通。

 

でも、勘の良さというのか、第六感が半端じゃない。

 

知らない道に迷い込んだ時、いきなり立ち止まって「この近くで猫が死んでるね」と、さらっと言い出す。

 

面白がって辺りを探してみたら、自販機の裏についさっき轢かれたような猫の死体が隠すように押し込められていた、なんてこともあった。

 

「いつから見えるんだ?やっぱりキッカケとかあるのか?」

 

ある日、喫茶店で話していた時に、冗談半分で彼女に訊いてみたことがある。

 

初めはお茶を濁そうとしていたが、俺があまりにしつこいせいか、結局折れて話してくれた。

 

「後悔しないでね」、と前置きを入れて。

以下、彼女の話

私が小学校3年の時にね、クラスでコックリさんが流行ったの。

 

私は当時はまだ「見えなかった」から、そういうのを信じていなくてね。

 

でも、私のクラスにコックリさんに夢中になっているグループがいたんだ。

 

霊感があるって子が中心のそのグループは、なんかある度に「コックリさんが当たった」だの、「コックリさんが言う通りの事が起こった」だの言ってたのよ。

 

私、正直嫌いだった、その子。

 

それである時、私とその自称霊感少女が喧嘩になってね、コックリさんの事で。

 

「いる」、「いない」の水掛け論だったんだけど、「証拠を見せてやる」なんて言うから私もつい乗っちゃったのよ。

 

まぁ、本当かどうか興味はあったし。

 

その霊感少女グループと私の合計4人で、コックリさんをやることにしたわけ。

 

放課後になるのを待って、私たちは屋上に向かう踊り場に行ったの。

 

なんでも、そこが校舎の中で一番いい「ポイント」らしくてね。

 

バカバカしいと思いながらも、コックリさんの準備を手伝ったわよ。

 

使われていない机を並べたりしてね。

 

それでいよいよ始まった。

 

何回か「コックリさん、コックリさん、おいでください」って呼びかけているうちに、10円玉がすぅっと『はい』に動いたの。

 

他の皆はコックリさんが来たって騒いでいた。

 

その様子を見ていたらなんか馬鹿らしくなって、私はふざけて「コックリさん、コックリさん、お願いですから私たちに幽霊を見せてくださぁ~い」って言ったの。

 

10円玉は『はい』に動いた。

 

すると、みんな慌てて逃げて行った。

 

コックリさんは今でも続いていた

俺「・・・それだけ?」

 

拍子抜けした。

 

確かにドアを叩かれるシーンでの大声には驚いたが、それはあくまで”驚き”だ。

 

恐怖とは違う。

 

話自体も中途半端のままだ。

 

俺「その話、なんか続きないのか?どうも中途半端だ。オチが弱い」

 

正直に聞いた。

 

元々遠慮するような間柄じゃない。

 

女「人がせっかく話したってのに、そんな酷評をしやがりますか、貴様は・・・」

 

そう言いながらも、彼女はニヤニヤしている。

 

どうやら、まだオチは先らしい。

 

女「次の日にその場所へ行ってみたら、コックリさんのセットは無かったの。きっと、見つけた先生が片付けたんじゃないかな」

 

女「でもね、コックリさんのルール、最後は呼び出したものを鳥居を通して帰さなきゃならないじゃない。私達はそれをやっていない」

 

女「だから、あの時のコックリさんはまだ続いているのよ」

 

ゾクッとした。

 

10年以上も続いているコックリさん。

 

呼び出されたモノは何処へ行ったのか。

 

俺「だったらさ、その時のメンバー集めてまたコックリさんやればいいんじゃないか?それで帰ってもらえば万事解決だろ?」

 

それは無理、と彼女は言った。そして・・・

 

女「だって、私以外もう死んじゃってるんだもん」

 

絶句した。

 

固まっている俺を気にもせず、彼女は続けた。

 

女「死に方は事故だったり自殺だったり色々だけどね。結局、一番最初に指を離した私だけが今のところは無事なの」

 

女「さて、私はそろそろ行くけど、嫌な話させたんだからここ奢りなさい。じゃ、またね」

 

俺は何も言えなかった。

 

自分のせいで死んだかも知れないクラスメート。

 

思い出したくもないだろう話を、俺は彼女にせがんだ。

 

激しく後悔していた。

 

一言謝ろう。

 

そう思って顔を上げると、彼女と視線がぶつかった。

 

店を出る準備をしていた手を止めて、彼女は俺を見ていた。

 

女「するなって言ったのに、後悔してるみたいね」

 

頷く。

 

すまん、と言う前に彼女が続けた。

 

女「じゃあ、後悔ついでにもう一つ。私ね、小学校までは垂れ目だったのよ」

 

自分の目を指差して、彼女は笑っていた。

 

呆気に取られて固まっていると、彼女は軽い調子で「そんじゃね!」と店を出て行った。

 

10年以上も続いているコックリさん。

 

呼び出されたモノは”目の前”に居たのだろうか。

 

彼女は吊り目だ。

 

(終)

The post コックリさんは終わっていなかった appeared first on 怖いもん通信.

その別荘に入らなくて本当に良かった

 

危うく霊に遭遇しそうになった話。

 

それは僕が大学生の時のこと、夏休みの前にゼミのメンバーがリゾート地でのバイトを見付けてきた。

 

リゾート地でのバイトといっても今は寂れてしまった避暑地で、「そこにある別荘の掃除をしてくれ」というものだった。

 

2泊3日で食事と宿付き。

 

僕らはゼミのメンバー5人(男3人、女2人)で行くことにした。

Aさんには見えていた・・・

最寄駅に着いたら別荘の管理人のおじさんが来ていて、車で別荘へ連れて行ってくれた。

 

別荘は古いものの、結構大きな洋館で、庭にプールもある立派な所だった。

 

しかし、「すげぇ~すげぇ~」と騒ぐ僕らをよそに、ただ一人、メンバーのAさんだけが黙っている。

 

普段から大人しいタイプではあったけれど、来る途中は皆と同じように楽しくはしゃいでいたのに。

 

どうしたんだろうと思っていると、突然Aさんの携帯が鳴った。

 

電話に出るAさん。

 

通話が終わった後、僕らと管理人のおじさんに向かって言った。

 

A「すみません。今ゼミの先生から電話があって、全員戻って来いって言われてしまいました。近々学会があって、ちょっと都合が悪くなってしまって・・・」

 

A「ここまで来て、すみません。バイトをキャンセルさせて下さい」

 

いきなりそんなことを言われても、と渋るおじさん。

 

「今日中に作業しなきゃいけないんだよ。誰か君たちの代理で来てもらえる友達はいないの?」

 

A「すみません。それも難しいと思います」

 

きっぱりと言い切るAさん。

 

どういうことなんだ、と僕が訊こうとすると、横にいたBが・・・

 

B「ああ、そうだ!俺ら、先生に作業を頼まれてたんだった!締切明日だから帰らなきゃ!」

 

A「すみません。本当にすみません。私達これで帰ります。駅までは歩いて帰るので、送って頂かなくても構いませんので」

 

Aさんはもう一人の女の子の手をグイグイ引っ張って歩き始めた。

 

B「んじゃ、すみません。俺らも帰ろうぜ!」

 

そうBが促すので、僕もお辞儀をして帰った。

 

ちらっと振り向くと、おじさんは別荘の方を見たまま突っ立っていた。

 

駅まで歩きながら、「ねえ、先生なんて言ってきたの?」とAさんに訊くと、「電車に乗ってから話す」と言って教えてくれない。

 

Bも黙って頷いていた。

 

電車に乗り、駅を2つほど過ぎた頃、やっとAさんが教えてくれた。

 

A「ごめんね。先生からの電話なんて本当は嘘なんだ」

 

A「ただ、あの別荘怖かったから、絶対に長居しない方が良いと思って・・・」

 

なんだそりゃ、と僕らが言うと、Bがボソッと言った。

 

B「お前ら、見なかったのかよ。ほら、プールの水の下にあっただろ?底に壺とかマネキンの手足が重しを付けてバラバラに転がっていたのを」

 

A「えっ?」

 

怪訝な声を出すAさん。

 

B「あれ?Aさん、それで断ったんじゃないの?」

 

A「違うよ。私が断ったのは、窓際のところに草刈鎌を持った女の人が居たからだよ・・・」

 

Aさんによると、窓には注連縄(しめなわ)みたいなものが何重にも張ってあって、中に居た女の人は白目を向いたまま、その注連縄を一心不乱に鎌で切ろうとしていたらしい。

 

僕らはそれを聞いた瞬間、別荘に入らなくて本当に良かった、と心底思った。

 

(終)

The post その別荘に入らなくて本当に良かった appeared first on 怖いもん通信.

出来る限り早く離れたい場所

 

自身では霊感など無いと思っていた中高時代。

 

今では霊感が無いなんて、とてもじゃないが言えそうにないが・・・。

 

それを説明するのは酷く億劫というより、自分でもどう説明したらいいのか分からないのでここでは割愛させてもらう。

 

先に言っておくと、僕自身は霊というものが恒常的に見えているわけではない。

 

というか、むしろ全くと言っていいほど見えないからこそ、自分に霊感が無いなと信じて疑わなかったわけだが・・・。

 

そんな中での思い出というのか、重いエピソードを紹介しようと思う。

学校に住み憑いているヤバイモノ

当時の僕は県内でも有名な仏教系の高校に入学して、緊張しながらもなんとか学校生活を送っていた。

 

霊感があるという自覚は無かったのだが、その学校に入ってからは“ある程度は有る”のだと自覚した。

 

それというのも、霊感があり、多少のモノなら祓う事が出来るC君と知り合ったからだ。

 

高校は歴史ある仏教校で、なんでも、某宗派のお偉いさんが創設に関わっているとかいないとか。

 

入学当時、そんな事を生徒手帳に書いてあったのか、または校長のありがたいお話とやらで聞かされたのかで、今でも頭に残っている。

 

そんな仏教校では、毎朝HRの前に『お経』を読むのが決まりになっていた。

 

僕らもそれが校則なのだと適当に読み流して読んでいたのだが、入学してから数週間が経った頃、僕はちょくちょく気分が悪くなる事があった。

 

しばらくして、それには『ある場所』が関係している事に気づいた。

 

まず、この学校は少々特殊な立地をしていることを説明しなければならない。

 

歴史ある学校特有なのか、この学校が特殊だったのかはさておくが、旧校舎に新校舎の増築を重ね、学校全体が大きな円形を作るような形で建てられていた。

 

そして、僕が決まって気分が悪くなる場所というのは、校舎に囲まれた『中庭』だった。

 

本当に文字通りの意味で中にある庭だったのだが、そこの中央に植えられていた松の木周辺だった。

 

今でもなんと言い表したらいいのか微妙なところだけれど、とにかくその松の木周辺は『嫌な場所』であり、『出来る限り早く離れたい場所』であった。

 

そんな事をふと、部活に入って間もない頃に、同じ部活だったC君に言った時だった。

 

C君「普段全く気づかないなら気づかないで、最初から相手にしていなければ向こうだって手は出さなかったはずなんだけどな」

 

僕「えっ?もしかして霊的な何かが居るって言うの?僕、少しだけならそういう経験らしき事はあるけれど、ここ、仏教校だよ?」

 

C君「だからだろ。知識もないヤツがお経読んだって、道端でメガホン持って叫んでるようなもんだぜ?」

 

お経は本来、向こうで言うチャイムの様な感じのもので、押す家も決めずに「ごめんください」と言っても、関係ないモノが集まってくるに決まっているとC君は言っていた。

 

C君「そもそも、この構造が呼び込んで逃がさないための檻に見えて仕方ないんだよなぁ」

 

僕「・・・。でも僕は見えていないし、ただ気持ち悪いなと思っただけだから全然平気だよね?」

 

段々と怖くなってきた僕はC君に恐る恐る訊いてみるが・・・

 

C君「○○君(僕)は一歩遅いんだよな。危険域に突っ込んでから危険を感知するって言うのか。普通、見えるヤツはどこまで近づいたらいけないのかくらいは経験則として知っているものなんだけれど」

 

そんな事を言いながら、C君は制服の内ポケットから一枚の『御札』を僕に差し出した。

 

C君「とりあえずそれを持ってろ。破れる様ならすぐに言えよ」

 

御札というものには少なからず縁があった僕は、目が据わっているC君の表情にも圧(お)されて、ただ頷くしかなかった。

 

数日が経ち、そんな事があったにも関わらず、すっかり忘れてしまった僕は霊感の無い友人に誘われて中庭をバックに記念撮影をした。

 

現像された写真を見た瞬間に後悔し、C君との会話を思い出した。

 

友人は、ピンボケしただの逆光で上手く撮れなかっただの言っていたが・・・。

 

あれは、間違いなく『黒い手』だった。

 

一本や二本ではなく、中庭全体が黒く変色していて、そこから無数の手が僕の体に巻き付いていた。

 

しかも、C君から貰った御札の入っていた右胸部分だけを避けて・・・。

 

その写真を見た後、ふと思い出したように制服に入れっぱなしだった御札を見ようと思って取り出した時、・・・声が出なかった。

 

貰った時はあれだけキレイだった御札が、いつの間にか黒く煤(すす)けて、まるで火で炙ったみたいに焦げついて穴が開いてしまっていた。

 

制服に入れっぱなしだったので、火に近づけたこともない。

 

御札を見た瞬間に、可能性というのか、嫌な確信というのか、予感が僕の中に芽生えていた。

 

慌てて部活に顔を出し、C君にこの事を伝えると、C君は分かっていたというように、前と全く同じ御札を僕に差し出した。

 

C君「俺は多少のモノだったら自衛って意味で除けることは可能なんだけどさ、さすがにアレは無理。精々狙われないように身を守るのが精一杯」

 

この学校には、それほど『ヤバイモノ』が住み憑いていたのだろうか。

 

僕は興味本位というより、もはや怖くて居ても立ってもいられずに、C君にどんなモノがいるのか尋ねた。

 

すると、C君は歯切れ悪く、物凄く渋い顔をしながら答えてくれた。

 

C君「モノっていうか、奴らっていうか。なんかもう、随分と昔からお経に集まって来ては、この籠の中に溜まって、溜まっているうちに溶け合ってひとつのモノになった感じなんだよな」

 

C君「しかも、良いも悪いも綯い交ぜにしているから、強い怨念とか、殺意とか憎しみとか。そんなものを抱え込んだものまで混ざっていて、もう全体が黒すぎて区別が付けられない」

 

※綯い交ぜ(ないまぜ)

色々なものをまぜ合わせて一緒になっていること。

 

僕が無事なのは、血縁で先祖の強い加護を受けている存在がいるからだと、C君はいつの間にか取り出していた塩を僕の肩に降り掛けながら続けて教えてくれた。

 

写真はC君に渡して今は手元に無いが、二度と見たいとは思わなかった。

 

(終)

The post 出来る限り早く離れたい場所 appeared first on 怖いもん通信.