音楽

作詞家・松本隆、『サワコの朝』で音楽業界に「分業を考えたほうがいい」と指摘

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

18日に放送された、『サワコの朝』(MBS/TBS系)に作詞家・松本隆が出演。

松本は『赤いスイートピー』や『ルビーの指環』など、数々の名曲を世の中に送り出した功績が讃えられ、3日に紫綬褒章を受賞した。そんな名作詞家が現代の音楽に物申した。

 

■これからの作詞家は?

音楽業界で47年間、作詞に携わり日本の音楽シーンを牽引してきた松本に阿川が「これから作詞家を目指す人は何をしたらいい」のか質問すると…

「ずっとシンガーソングライターの時代が続いちゃったからね。今までは、みんな自分で書いてるからやめたほうがいいと言っていた。

 

でも、冷静に考えるとシンガーソングライターでいい歌詞を書いてる人は10人くらいしかいない。それ以外の人は埋めているだけ。それだと、この先もたないと思う。また、分業を考えたほうがいいと思う」

 

と、作詞、作曲、歌う人の分業化が今後の音楽にも必要なようだ。さらに「それくらいしか、音楽に残された救済手段がない」と苦言を呈した。

 

■大人向けの音楽を

世の中の移り変わりとともにダウンロード配信などがメインになり、CDが売れないなどの問題が音楽業界でも叫ばれるようなってきた。そんな世の中に松本は…

「今の音楽は若者向け。昔はピラミッドがあって、高齢者が少なくて若者が多かったけど、今は逆三角形になっている。

 

それなのに三角形の小さい部分をターゲットにしてるから売れない。一番大きいところをターゲットにしなければ意味がない。僕らの世代はお金を持ってるわけですよ、CDの一枚くらいすぐに買う」

 

と、語った。CDを買わないのは面白くないから買わないのであって、狙うターゲットを変えれば売れるチャンスは多くあるようだ。

 

■ネット民も納得

ネットでは松本の意見に納得する声が目立っている。

サワコの朝、松本隆先生を見て思った。これからは作詞家が、言葉が求められる時代だと思う。言葉への愛、こだわり、繊細さを大切に、日常的なものに命を与えられるよう、心を燃やして生きたい。

— ハガハナエ (@36hanae69) November 18, 2017

「逆三角形の、上の部分、ぼくらの世代の娯楽になるようなものをつくんないと」サワコの朝の松本隆さん。年齢を重ねて初めて見える景色や色もある。還暦過ぎるのが楽しみになってきた。

— おとじ (@otozie) November 18, 2017

#サワコの朝 松本隆もっと大人が楽しめる音楽を作ったら売れる。年寄りが多い世の中だしお金持ってるし。今はティーン向けの音楽ばかりだから。(確かに)作詞作曲する人で歌詞がいい人は数えるほどしかいない。それ以外の人は埋めてるだけだからそれじゃ保たない。分業を考えた方がいいよ(なるほど)

— キャトリーヌ (@chanchanagunes) November 18, 2017

 

■歌詞は気にする?

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「音楽を聴くのに歌詞の意味はあまり興味がない」と思うかどうかの調査を実施。

全体で見ると、歌詞の意味に興味がないことに「自分もそうだ」や「共感する」と答えた人は少ない。

しかし「理解はできる」と答えた人は39.5%もおり、歌詞の意味を重視しない人の気持ちを尊重する傾向もあるようだ。

最近では、ポップでリズミカルな曲が流行し、歌詞を気にしない若者も増えている。しかし、しっとりしたメロディで歌詞を楽しむフォークのような曲を作ることで音楽業界もさらに成長発展できるかもしれない。

「2017年の最もセクシーな男性」のチョイスに疑問の声続出!

Filed under: , , , , ,

『People』誌による「2017年の最もセクシーな男性」にカントリー歌手のブレイク・シェルトンが選ばれたのだが、これに対し、ツイッターユーザーから疑問の声が続出している。 ツイッターユーザーたちは、オーディション番組『The Voice』で審査員としておちゃらけてばかりいる彼がなぜこの世で一番セクシーな男性なのかと疑問を感じているようだ。 コメディアンのアキーラ・ヒューズさんは『People』誌が他に選択肢がなくシェルトンを選んだことをほのめかすように「他の候補者は全員死んじゃったの?」とツイート。 歴代の受賞者の写真を並べ、「イドリス・エルバじゃなくて、なぜブレイク・シェルトンが最も"セクシーな"男性に選ばれたのか、私にはわかる。彼が白人だからだ」とつぶやくユーザーも。 これらの反応はともかく、シェルトンが今回の受賞をどこまで気にかけているかは疑わしい。今回の受賞についてのコメントは、2年以上前から交際中のグウェン・ステファニーがツイッターで触れているのみだ。 ステファニーはシェルトンとのキス写真と共に以下のようにツイートしている。

I️ guess I've been kissing the #sexiestmanalive all this time but @people I️ knew that allready!! @blakeshelton gx pic.twitter.com/ZQVlDmEZNw

- Gwen Stefani (@gwenstefani) 2017年11月15日 「私がずっとキスしていたのは最もセクシーな男性だったのね。彼がセクシーだってことは、とっくに知ってた」 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

ドレイク、女性ファンの体を触っていた男性にステージ上から説教

Filed under: , , , , ,

ラッパーのドレイクは先日、オーストラリアでのコンサート開始直後、パフォーマンスを一時中断し、最前列近くの男性客に向かって、お説教を行った。その男性が複数の女性ファンの体を触る不適切な行為を目撃したからだ。 「そんなことはやめるんだ」とドレイクは問題の男性に対し指を差しながら、「もし触るのをやめないと、オレがそこへ行ってお前をぶっ飛ばすぞ」とマイクを通して発言。 さらにドレイクはこう罵った。「もしその手を女の子たちからどけないと、オレがそこへ行ってお前のケツを蹴り飛ばすぞ」 ファンは、この予想外の瞬間をビデオに捉え、すぐさまSNSに投稿。

Mans said he was gonna fuck him up 😳

Drake Fanpageさん(@aubsessed_86)がシェアした投稿 - 2017 11月 15 9:40午前 PST

「ドレイクが男にむかってぶっ飛ばすと言っていた」 11月初旬、ドレイクは『The Hollywood Reporter』誌との内面を掘り下げたインタビューで、"将来一緒になる女性"のために高級ブランドバッグを収集していることを明かした。 さらにドレイクは、『ハリー・ポッター』シリーズの大ファンでもあり、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版に大金をつぎ込む予定だと語っている。「これ(初版本)は持っておかないと・・・誕生日も近いからご褒美に買おうと思ってる」 こういった側面を持つからこそ、女性ファンの人気も高いのかもしれない。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

ドレイク、実は大の『ハリー・ポッター』好き!1800万円の初版本を購入予定

Filed under: , , , , , ,

ラッパーで俳優のドレイクは、実は誰にも負けないくらいの『ハリー・ポッター』ファンだったようだ。 J・K・ローリングによる『ハリー・ポッター』の原作を全巻読破したというドレイクは、ファンとして大きな買い物をしようと企てている。彼がエンタメ系情報サイト『The Hollywood Reporter』(THR)に語ったところによると、ドレイクはこの4年間、希少な『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版本を探してきたというが、その本の価格は驚愕の16万ドル(約1,800万円)だ。 ドレイクは、『THR』に次のように語っている。「これは持っておかないと・・・誕生日も近いからご褒美に買おうと思ってる」 このご褒美は、誕生日だけでなく、自身の最新のTVプロジェクトが順調に進んでいる事に対するご褒美にもなるだろう。ドレイクは、Netflixでリバイバルされる英国のドラマ『TOP BOY』を制作する事が決まっている。Netflixによれば、ドレイクの情熱がこのドラマの「復活を促した」という。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

Amazon Music Unlimited最速レビュー!4000万曲がダウンロードし放題!

スマートスピーカー「Amazon Echo」の発売と同時に新音楽サービスが始まりました!

その名も「Amazon Music Unlimited」

楽曲数はなんと「4000万曲以上」 さすがAmazonというべきか、とんでもない数字に到達しました。

Amazonとは「Amazon Echo」と一緒に使って欲しいんだと思いますが、「商品到着まで待ち切れない&30日間無料」ということで早速試してみました!

「Amazon Music Unlimited」は私たちの期待値を超えてくるのでしょうか?

Amazon Music Unlimitedの使い方

Amazon Music Unlimitedの楽曲は3つの方法で再生できます。

  • PC
  • スマホアプリ
  • Amazon Echo

音楽聴き放題サービスである「dヒッツ」や「auうたパス」はスマホアプリでしか再生できません。PCから再生できるのは嬉しいです。

▼PCの画面はこんな感じ。

Amazonらしいスッキリした画面が魅力的です。

日本の音楽サービスのいくつかは情報量が多すぎて、やや押し付けがましい印象があります。

Amazon Music Unlimitedは適度な印象ですね。

Amazon Music Unlimitedの楽曲を再生してみよう

続いて実際に楽曲を再生してみました。

まずは「乃木坂46」を検索。

すぐに表示されるのは「最新曲」

画面を下に移動させると「人気のある楽曲」や「人気のあるアルバム」が表示されます。

このあたりは直感的に操作できます!

「人気のあるアルバム」で「すべて表示」を選択すると、歴代楽曲がどどーんと表示されます。

こんなものじゃないですよ。いやほんと、さすがAmazonです。

アルバムを選択するとさっそく再生が始まります。

この再生画面もシンプルでいいですよね。

ほんとAmazon Music Unlimitedはシンプルさが魅力です。

>> Amazon Music Unlimitedを試してみる

Amazon Music Unlmitedは邦楽が少ない…

さて、他のアーティストの楽曲も聴いてみようと検索したところ、残念な事実が発覚しました。

あれ?

あれあれ?

そう、楽曲数4000万曲以上の「Amazon Music Unlimited」ですが、邦楽のラインナップは少ないです

この欠点は「Prime Music」から変わっていません。楽曲数が増えたと聴いて期待していたのですがちょっと残念ですね。

洋楽好きならたまらないラインナップでしょうが、邦楽好きにはイマイチですね。

邦楽のラインナップは「dヒッツ」がNo.1。dヒッツはAmazon Echoに対応している上、初回30日間は無料で利用できます。

邦楽好きなら「dヒッツ」の方が良いかもしれませんね。

でもAmazon Music Unlimitedもなかなか良いですよ!

配信アーティスト
  • RADWIMPS
  • いきものがかり
  • コブクロ
  • 西野カナ
  • AKB48
  • 乃木坂46
  • Every Little Thing など

楽曲単位でダウンロードし放題!

ここまでPCを使ってAmazon Music Unlimitedの説明をしてきましたが、もちろんスマホアプリでも操作が可能です。

スマホアプリの魅力は楽曲を自由にダウンロードできるところ!

どの曲もDLし放題!あまりにお手軽すぎてちょっと悪いことしている気分です笑

好きな曲がDLし放題だなんて最高ですね!

無料体験中だと、1円もお金を払っていないのにスマホにどんどん楽曲が追加されていきます。

もちろん解約すると聴けなくなると思いますが、お気に入りの楽曲が配信されているならガンガンダウンロードしましょう!

自分だけのオリジナルベストアルバムを作るのもかんたんです。

ダウンロードできないサービスも多い中、この機能は魅力的ですよ!

んーむ、もうAmazon Music Unlimited入っちまおうかなあ、CD買わなくてよさそうだし

— えちょ (@ekicyou) 2017年11月9日

>> Amazon Music Unlimitedを無料体験する

Amazon Music Unlimitedの料金は?

さて、気になる料金はいくらなんでしょうか?

料金プランは大きく分けて4種類です。

通常 月額980円 プライム会員 月額780円(年額7,800円) ファミリー会員 月額1,480円(年額14,800円) Amazon Echoユーザー 月額380円

Amazonプライム会員は月額780円

年間契約すると10ヶ月分の料金しかかからないのでちょっとお得になっています。

ファミリー会員は6アカウントまで登録可能。2人以上で使えば元が取れます。

もちろん使う人数が増えれば増えるほどお得になっていきます。

注意Amazon Echoの380円はAmazon Echo専用です。PCやスマホでは再生できません。

さて、プライム会員「月額780円」というのは他の音楽サービスと比べてなかなかお得です。なんせ好きな楽曲がダウンロードし放題ですからね!

CD購入やiTunesのダウンロードとは無縁の生活が送れます。

これで初回30日間無料ですからね。

音楽に不自由ない生活を送りたい方はぜひ一度お試しください。

>> Amazon Music Unlimitedを無料体験する

Amazon Music Unlimitedの評判は?

良い印象が多いAmazon Music Unlimtiedですが、他の方はどのような印象を抱いているのでしょうか。

Amazon Music Unlimited… 全く楽曲が増えたように感じないのは何故だろうか。

— hakさん (@hak_komok) 2017年11月9日

Amazon music unlimitedが神がかってる。これで月780円は安い

— シロ (@SsSaLaLa) 2017年11月9日

Amazon music unlimited にはApple musicにはある歌詞の表示機能がない。曲のラインナップも見劣りするな。

— tao (@tao1267) 2017年11月9日

amazon music unlimited 欅の曲も乃木坂もあるから来月以降も登録確定かな(;^ω^)

— サターン◢͟|⁴⁶てち推し (@KYZ_0406) 2017年11月9日

うーん、見事なまでに賛否両論ですね。

判断基準はかんたん。 自分のお気に入りのアーティストが配信されているかどうかです。

大好きなアーティストがあれば自由にDLできるAmazon Music Unlimitedは神。でも知らないアーティストばかりならやめた方がいいです。

まずは無料体験でどんなアーティスが配信されているのか確認してみてください。

>> Amazon Music Unlimitedを無料体験する

Amazon Music Unlimited まとめ

  • PC&スマホで操作可能
  • PCは画面スッキリ
  • スマホアプリはDLし放題
  • 一部アーティストの配信は超豪華
  • 邦楽は配信されていないアーティストも多い
  • プライム会員なら月額780円
  • Echo専用なら月額380円
  • 初回30日間無料

気になるのはやっぱり「邦楽の配信数」ですよね。

ここさえ充実すればマジで神サービスです。

CDはもちろんiTunesのダウンロードも不要。Amazon Music Unlimited以外で音楽にお金を払うことはなくなるでしょう。

わたしは無料体験中ですが、ここぞとばかりにガンガンダウンロードしています!

Myベストアルバムも着々と構築中です笑

文字を読んでいるだけでは魅力が伝わりませんので、まずは初回30日間無料を試してみてはいかがでしょうか。

>> いますぐ無料体験する

邦楽の曲数重視なら「dヒッツ」 auユーザーなら「auうたパス」もオススメです。

関連記事>>>Amazon Echoはどれがオススメ?何ができるのか調べてみた

渋谷系からでんぱ組.incまで サブカル好きは暗い過去を持つ人も

(©ぱくたそ)

音楽や映画、小説などで、人気の作品でなく「知る人ぞ知る」ものを好む人がいる。古くから「サブカル」と呼ばれた分野は、現在でも根強く残っているのだ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「他人の趣味について」の調査を実施。「サブカル好き」を、どのように感じている人が多いのだろうか。

 

■サブカル好きにはメンヘラが多いとの声も

「サブカルを気取っている人は、あまり好きではない」と答えた人は、43.5%と半数近くもいる。

サブカル気質の人にいい印象を持っていない人からは、「こじらせている」との言葉が使われた。

「『自分は他の人とは違う』って感じを出したい感じが見えて、なんか痛々しい」(20代・女性)

 

「ものすごくこじらせていて、メンヘラが多い印象」(30代・男性)

 

■渋谷系にハマっていた40代女性

サブカルに手を出す人は、学校では目立たない存在だった人も多い。若い頃にサブカルを気取っていたという、40代女性が当時を振り返る。

「クラスになじめなくて、学校に行くのが嫌だった。でも、みんながビーイング系の音楽を聴く中で、渋谷系音楽を好み、雑誌『オリーブ』を読むことで、選民意識を感じてた。今考えると、恥ずかしいけど」

 

現在はメインカルチャーも受け入れているという彼女だが、やはり自然にサブカルっぽいものを選ぶところもある。

「今はいい年して、アイドルソングやアニソンをよく聴いている。今はアニメもサブカルにカテゴライズされているから、やっぱり私はサブカルが好きなのかなとも思う」

 

■サブカル系アイドル「でんぱ組.inc」

アイドルグループのでんぱ組.incはサブカル系アイドルとも呼ばれ、メンバー全員がオタクでなことでも有名。例えば、センターの古川未鈴はいじめに遭った経験もあり、ゲームに居場所を求めたのだ。

先にも話を聞いた40代の女性は、つらい毎日を送りながらもサブカルにハマる人たちに次のようなメッセージを送っている。

「自分が好きなものを見つけて、それが生きる原動力になるのはいいことだと思う。どんなにこじらせていると言われても、好きであり続けて欲しい」

 

はっきりとしたメインカルチャーがなくなり、趣味も多様になっている。サブカルの定義も曖昧になり、今後、どのような形に進化していくのか注目したいところだ。

ミュージシャンは「めざす」ものじゃない ROLLYが今の音楽シーンへの思いを吐露

「恋のマジックポーション」などで知られる、伝説のロックバンド、『すかんち』。

そのボーカル兼ギターとして活躍し、舞台やバラエティ番組にも活動の幅を拡げているROLLY(54)に、しらべぇ取材班は話を聞いた。

 

■2歳で「音楽の力」に気づく

音楽が持つ力に最初に気づいたのは、物心もつかない2歳の頃だったという。

ROLLY:音楽が人間の深層心理に与える影響について気づいたのは、2歳くらいのときです。自分が生まれる4年ほど前に交通事故で亡くなった兄がおりまして、生まれた直後、母は毎日夜の9時になると、亡くなった息子を思い出しながら、仏壇に向かってお経を読んでいました。

 

ちょうどそのくらいの時間に、家の隣にあった銀行から「ねんねんころりよ〜おころりよ〜」というメロディが流れてくるんです。そのメロディと母親のお経を聞いて、「なんてさみしい気持ちになるんだ」と思っていたのが、2歳の頃。

 

でも、テレビから『こんにちは赤ちゃん』の歌が流れてきたら、さっきまでさみしい気持ちになっていたのが急に楽しい気持ちになる。「なるほど、音楽というものには、人間の気持ちを操る魔力があるんだ」と気づいたのは、その頃です。

 

■音が脳内に描くイメージを追求

中学生のとき、ROLLYはその「音楽の魔力」を自分のものにする。

ROLLY:音楽を聞くたびに、頭の中に描かれるイメージを追い求めてきました。姉が2人おりまして、姉が持っているオルゴールを鳴らすと、「バレリーナが2人立っていて、白鳥の湖を踊る光景が見える!」みたいに。

 

中学1年生の夏休みにギターを始めて、本格的に自分で音楽を演奏できるようになったのは、非常に画期的な出来事でした。「人の気分を操る魔力」を自分が手にした瞬間ですね。

 

■ミュージシャンは「めざす」ものじゃない

すかんちとしてデビューは26歳のときだが、同じく音楽の世界を志す人たちへのアドバイスを聞いてみたところ、言葉が熱を帯びる。

ROLLY:ネットの中で、ミュージシャンをめざす方、「アーティストになりたい!」と言う人がいますが、僕は間違ってると思います。

 

ミュージシャンは、「ミュージシャンだからミュージシャン」なんです。アマチュアもプロもない。アマとプロは、ほんの少しの違いだけで、やっていることは同じじゃないとダメだと思うんです。

 

■「最大公約数」を狙わない

一方で、その志望動機には警鐘を鳴らす。

ROLLY:世の中には、ミュージシャンというよりは「有名人になりたい」という人がいます。音楽で有名になる、「どうやったら一般の人に共感されて人気が出て、東京に出ていい生活ができるのか」を目的にすると、最大公約数を狙わないといけない。

 

音楽家やアーティストは、最大公約数のことを考えてはいけない気がします。せっかく音楽をやるんだったら、ありとあらゆる音楽を聞いて自分の中に盛り込み、咀嚼した上で、他の人がやっていない自分独自のものをやってほしいですよね。

 

■「すべての活動が苦しい」その理由は…

最近は、バラエティ番組や映画やテレビCMなどでも活躍するROLLY。その中でとくに楽しい活動について聞いてみたところ…

ROLLY:音楽も含めて、すべての活動が苦しいです。苦しくて苦しくて仕方がないです。つねに「もっといいもの、よりいいものを」と考えてしまうので、「なんで自分は他の人よりも、演技もダンスも何もかもが劣ってるんだ!」と思うので。

 

すべての仕事に真剣に取り組めば取り組むほど、じつは苦しくないといけない。歳を重ねるごとに苦しみが増えていっていますね。でも、うまくいったときに「あぁ、やってよかったな」と思う。

 

音楽でも演劇でも、「観客を今の精神状態ではない、違う精神状態に持っていきたい」という根っこがひとつあるので、何をやっても自分というものは失わないでいられます。もし自分がなくて、「有名になりたい」という目的だったら、ブレてしまったでしょう。

 

■テレビCMで17年ぶりの「再会」

11月からは、ライブ配信アプリ『ミックスチャンネル』のテレビCMにも主演しているROLLY。生配信に乱入するファンキーなお父さん役を熱演している。

ROLLY:娘役の伊倉さんは小さい頃、17年前に僕がフック船長を演じていた舞台『ピーターパン』を見てくれたんだそうです。「いつか自分もピーターパンに出てみたい」と夢見て、芸能の世界に入ってきたと。自分が何か彼女に影響を与えて、17年間ぜんぜん知らなかったけれども、こうして親子役をやるのは醍醐味ですね。

 

映像は、「関西弁の間抜けなおっちゃんだけどファンキーでカッコイイ」という感じで撮っていただいて、嬉しかったです。ぜひご覧ください。

 

11月には、河原雅彦が演出、古田新太が主演する舞台『ロッキー・ホラー・ショー』の音楽監督も務めるROLLY。幅を広げ続ける活動に、要注目だ。

【ロッキー・ホラー・ショー】

11月7日〜12日:Zeppブルーシアター六本木

11月16日〜12月3日:池袋サンシャイン劇場

店員あたふた!葉加瀬太郎が3万円のバイオリンで「情熱大陸」を試し弾き

チャンネル登録者数60万人越えの人気Youtubeチャンネル「釣りよかでしょう。」の大ファンである世界的バイオリニスト・葉加瀬太郎さんが、釣りよかでしょうのリーダー・よーらいさんの為に、楽器店で、バイオリンを選んであげるという…前代未聞の動画。これがネットを中心に話題沸騰!多くの人々の度肝を抜いてい

クリープハイプ・尾崎世界観のクレーマーぶりが話題 「わかる」の声も

(画像は尾崎世界観Twitterからのスクリーンショット)

現在、若者の間で絶大な支持を集めているバンド・クリープハイプでボーカルを務める尾崎世界観が、26日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。

尾崎の番組内での発言がネット上で大きな反響を呼んでいる。

 

■クレーマー体質な尾崎

番組では、尾崎のクレーマー体質な一面が話題に上げられた。尾崎がラーメン屋に行ったとき、ラーメンの中に金だわしが1本入っていたため、新しいものと取り替えてもらうことに。

そこで、作り直したラーメンを運んできた店長から「すいませんね。本当に。何で入ったかわからないんですけど」と言われる。

この「何で入ったかわからないんですけど」という発言にカチンときて、「『何で入ったかわからないんですけど』っていうのは、どういうことですか?」とクレームをいれた過去を話し、他の出演者は驚愕。

 

■尾崎に多くの共感

尾崎の発言にツイッターでは、「ラーメン屋のくだりわかる」「結構共感できちゃう」などなど、共感の声が多く寄せられている。

アウトデラックス尾崎世界観のラーメン屋のくだりは、、わかるわーーー!!、!!

— ロージー (@Fr4SbV5wPwusolx) October 26, 2017

尾崎世界観さんに結構共感できちゃう私はまぁアウトだわな。 #アウトデラックス

— minimumoon (@callme4C) October 26, 2017

尾崎さん最高思いっきり共感した

— ウガイ (@wauhpsng) October 26, 2017

アウトデラックスに尾崎世界観。わかるー。闇に共感できる( ̄∇ ̄)

— kuma (@kumakuma_m) October 26, 2017

尾崎世界観わかるわ〜。金だわしが入ってる事実はあるんだから、『何で入ったわかんねー』って言ってとかありえん。

— yoshipon1 (@yoshipon1) October 26, 2017

 

■クレーマーの感性が豊かなのか

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,368名に「店員への態度」について調査したところ、「客が高圧的な態度をとったとしても当然」と回答したのは全体の1割未満。

クレーマーに対して、ネガティブなイメージを持っている人がほとんどだろう。しかし、見方を変えると、細かいことに意識を向けられる「繊細な人」と言えなくもない。

多くの曲の作詞・作曲を手掛け、最近では小説も執筆するなどマルチな才能を発揮している尾崎。クレーマー体質だからこそ、尾崎は誰も想像できない世界を、多くの人に魅せることができるのかもしれない。

・合わせて読みたい→SNSでのクレームに飲食店から嘆きの声 クレーマーは「友達にメールする感覚」と主張

(文/しらべぇ編集部・高萩陽平

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日対象:全国20代~60代の男女1368名(有効回答数)

音楽を聴くのに歌詞とメロディどっちが重要? 『ホンマでっか!?  TV』で徹底討論

(Milatas/iStock/Thinkstock)

25日に放送された、フジテレビ系バラエティ番組『ホンマでっか!? TV』で音楽を聴くときに重視するのは「歌詞」と「メロディ」のどっちかをテーマに討論し、ネットで話題になっている。

 

■重要なのはどっち?

音楽の構成には歌詞とメロディの両方が重要だが、中にはどちらかにこだわりがある人もいるようだ。

歌詞を重要視する明石家さんまの意見は…

「俺らの世代は学生時代にボブ・ディランが火を付けた、歌詞で勝負するフォークソングに吸い込まれている。メロディも響くけどプラス歌詞。吉田拓郎とか「サザン・オールスターズ」の歌詞にはガツンとやられた」

 

と、世代の違いから切り込んだ。

一方、メロディを重要視する劇団ひとりは、「ボブ・ディランが何を言っているかは後から知りませんか? それでも胸に響いたわけじゃないですか」と、メロディが良ければ言葉の壁を越えて音楽が心に響くと反論した。

 

■日本人が幼稚になってきた?

各分野の評論家たちが科学的な観点から意見を出し合い熱い討論を交わした。心理学者・植木理恵氏は…

「子供はリズムが優位だが大人になると歌詞に自分の経験をひきつけて考えられるようになる。

 

大人になったからこそ歌詞が心にしみる。歌詞の良さがわかるのは大人になった証拠だから若者にメロディ重視の人が多いのは日本人が幼稚になってきている」

 

と、心理学の専門家ならではの意見を出した。

ところが、マーケティング評論家・牛窪恵氏は「現代の若者は言葉を略したときの音の響き(音相)で言葉を判断している」と時代性を用いて分析した。