食事

ごはんの上にアイツが! 飲食店でのエグい異物混入体験談

(sevendeman/iStock/Thinkstock)

飲食店で楽しく食事をするつもりが、注文した料理の中にありえないものが混入。客も飲食店側にもあって欲しくない出来事だが、まれに発生するのが悲しいところである。

 

■髪の毛はよくある

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336名に「飲食店で注文したものに異物が混入していたことがある」かの調査を実施。

半数近くの人たちが、飲食店での異物混入を経験しているのだ。

中でも多いのは「髪の毛」。ヘアキャップを被るなど十分な対策をしていても、完全に防ぐのは難しいのかもしれない。

「飲食店だけでなく、スーパーのお惣菜にもまれに入っている。髪の毛くらいだと、クレームは言わない。あまり気にしない性格だし、取ってそのまま食べられるから」(30代・男性)

 

彼のように気にしない人はおそらく少数派であり、潔癖症でなくても店員に伝える人が多いだろう。

 

■スプーンの裏だけ洗っていない

飲食店の食器は次に利用するお客さんのために、洗っておくのが当然のとこだ。

「置かれたスプーンを疑わずそのまま使おうとしたら、友達に止められた。よく見ると、スプーン裏にオムライスのごはんがべったり。裏だけ洗い忘れたみたいだけど、どうしたらそうなるのか疑問」(20代・女性)

 

友達が気づいたから助かったものの、それを口にしたかもしれないと考えると恐ろしい。

 

■ごはんの上にあいつ

お店にとって、一番歓迎されない客が虫である。しかし飲食店には油や残飯など、虫が好む環境があるから厄介なものだ。

「飲食店でバイトをしていたとき、小声で呼び止めるお客さんが。その人はごはんをそっと差し出してきたので見てみると…ちっちゃいゴキブリが、盛り付けの一部かのように乗っていた。

 

あわてて店長呼んだけど、その人がまったく怒ってなくて。聖人かよ!」(20代・男性)

 

激怒されても仕方がないケースだが、たまたま人に恵まれたようだ。

人間がやることなので失敗はあるかもしれないが、やはり自分が異物混入に当たるのは気持ちがいいものではない。とはいえ、もしも見つけた際には、穏便に対応したいものだ。

あの俳優も人気に一役 吉野家利用経験者がすごい割合に

牛丼チェーンの中でも、圧倒的な知名度を誇る吉野家。それなりに多くの人が、あの牛丼を食したことがあるはず。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336に「外食について」の調査を実施。

吉野家に行ったことがないと答えた人は、全体の21.0%と比較的少数であった。8割近くが1度は来店しているとは、さすがは吉野家だ。

 

■吉野家は入りにくいと思う女性

男性よりも女性のほうが、吉野家に行ったことがない人が多くなっている。

吉野家の店内を見渡すと女性の姿も見かけるが、やはり主な利用者は男性。

「吉野家だけでなく牛丼屋全般が、女性には入りにくいように感じる。友達と一緒に行くようなところでもないし」(20代・女性)

 

入りにくいとの意見に、男性からはこんな反応が。

「あんなに入りやすいところはないのに。僕からしたら、おしゃれなカフェのほうが、ずっと入りにくいわ!」(30代・男性)

 

■吉野家のコスパは最高

吉野家の魅力は、やはり手軽さである。

「安い価格でお腹を満たせるので、お金がピンチになる給料日前とかによくお世話になる。安いのに、味も悪くないし」(20代・男性)

 

「急いでいるときには、すぐに出てくるのでありがたい」(30代・男性)

 

さらに店舗限定で実施されている「吉呑み」も好評だ。アルコール類やおつまみなどのメニューが用意され、吉野家を居酒屋のように利用できる。

お腹や財布、時間まで満たせる吉野家は、ビジネスマンにとっての強い見方なのだ。

 

■女性からの支持は映画が要因?

女性のほうが吉野家に行ったことがない人が多いのは事実だが、割合はそこまで低くはない。むしろ女性でも約7割が吉野家に行っているのは、意外な結果だろう。

2013年に公開された、星野源のブレイク前夜の映画『箱入り息子の恋』では、初デートなど、重要なシーンに登場した吉野家。それを観て、行ってみよう! と思った人も多かった様子。

「今まで吉野家に入ろうと思ったことがなかったのに、映画を観た後、おもわず寄ってしまいました」(40代・女性)

 

多くの人たちから、支持をされる吉野家。インスタ映えは決してしないが、人々の心をつかんでいるのは確かである。

「ほんとごめん…」 好きな人に理不尽冷めしてしまった瞬間3選

(deeepblue/iStock/Thinkstock)

「こんなに素敵な人はいない!」と燃え上がった心が、ふとした瞬間に冷めてしまう。その理由が、自分でも驚くほど理不尽だった…。

そんな「理不尽冷め」をした経験はないだろうか。

 

■女性のほうが「理不尽冷め」しやすい?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,336名を対象に「理不尽冷め」について調査したところ、全体の29.0%が「経験あり」と回答。

性年代別にみてみると、やはり若い女性が目立つ。

20代女性では、なんと36.6%が経験者。一体、どんな理不尽な理由で冷めたことがあるのだろうか。

 

①見た目がアウト

「サークルで一番かっこいい先輩とデートできることに。超浮かれて、新しい洋服買ったり、美容院に行ったりと張り切ってたんですが…。

 

当日、先輩の顔を見たら、鼻毛が1本出てて。一瞬で冷めちゃって、早々に切り上げて帰りました」(20代・女性)

 

「付き合っている時『俺の彼女が世界一かわいい!』ってずっと思ってたのに、ある日突然『あれ、こいつ、ブスじゃね?』って目が覚めた。

 

速攻で別れ話したら、『なんで!?』って泣かれたけど、さすがに『ブスだと気がついた』とは言えなかったですね」(30代・男性)

 

②食べ物でNG

「男なのに少食。ご飯小盛りとか、本当にありえない。もっと食えよ! って思っちゃう。

 

私が大盛りでガツガツ食べてたら、向こうも向こうで引いたらしくて、『あいつは女らしくない』とか周囲に言いふらしてた」(20代・女性)

 

「結婚を意識していた女性と和食を食べに行ったら、握り箸で。育ちが悪いんだなと思い、お別れしました」(40代・男性)

 

③持ち物がやばい

「待ち受け画面が家族写真。ペットならまだしも、家族って。ありえなくないですか?

 

『私とのツーショットにしてよ』って冗談半分で言ったら、『恥ずかしいから無理』だと。家族写真のほうが恥ずかしいわ」(30代・女性)

 

「家にお邪魔した時、彼が席を外している時に『エッチな本とか隠してたりして!』と好奇心でベットの下を覗いたら、制服もののパッケージがズラリ。ぞわってしちゃって、生理的に無理になった。見なきゃよかった…」(20代・女性)

 

ほかにも、「目玉焼きに醤油をかけていた」「歯磨きしながらえづいていた」「年上の恋人の年齢が、私より親に近いと気がついた」など、そんなことで!? と言いたくなってしまうエピソードがたくさん。

自分でも「なんでこんなことで?」と思ってしまうが、心のどこかが「この人は運命の人じゃない」と判断しているのかも。

絶対に無理! 初デートで行きたくないお店ランキング

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

デキる男なら、初デートではかっこよくエスコートしたいもの。中でもお店選びや食事は、センスが問われる大きなポイント。せっかくならお気に入りの店を選びたいが、相手も気に入るとは限らない。

良かれと思って選んだ店が、内心ガッカリされていた…なんてことも。雰囲気のないところに連れていかれるなど、苦いエピソードを持つ女性も多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国20~40代の女性406名を対象に調査を実施。一般的な飲食店ジャンル24項目から「初デートで絶対に行きたくない店」について複数回答で選んでもらい、結果を元にランキングを作成した。

 

■初デートで絶対行きたくない店

1位は「牛丼屋」で17.2%。ひとりでさくっと食べる牛丼は、ふたりでゆっくり会話をすることが目的の初デートでは、デリカシーのない選択だ。3位のラーメン屋が13.1%、5位のそば・うどん屋が7.4%と、丼ぶり系での拒否感は大きい。

2位は「立ち飲み」の15.0%。やはり、初デートはゆったり座ってしゃべりたいもの。緊張で脚が余計に疲れてしまいそう。

4位は「ファーストフード」で8.1%だった。初デートでわざわざ入るものでもなく、ハンバーガーを大きな口でかぶりつく姿はあまり見せたくないところだろう。

 

■一緒に探すのもアリ

基本的には、いつも気軽に使っている店でも、一人でサクッと食べるようなお店は、評価されないようだ。

もちろん、女性が好きそうなお店をリサーチしておくことも大事だが、人それぞれ好みがあるもの。

どんなタイプのお店がリラックスできるのか、直接彼女に「どんなところに行きたい?」と聞いてみるのもアリ。彼女の好みに合わせてお店をいくつか提案し、選んでもらえばデートの成功率もアップしそう。

そして、デキる男なら、店の前に着いても入れない…なんてことはしたくない。お店を決めたら、早めに予約を入れるなど、スマートな対応ができるよう準備しておけば、次のデートに繋げられるはずだ。

・合わせて読みたい→20代女子に聞いた 超ありえない「最悪食事デート」3選

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~40代の女性406名(有効回答数)

尊敬できない! 上司との飲み会のお会計でされたドン引き行動3選

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

しらべぇ取材班は、「上司との食事会でのお会計で納得いかなかった経験がある」という会社員たちに話を聞いてみた。

 

①20歳以上も年下の部下におごらせる

「ケチな40代の上司に誘われて飲みに行き、珍しくおごってくれるのかと思ったんですが、お会計で待っていたら『上司をもてなすのが部下の役目だろう!』と、激怒。

 

上司だから言い返すこともできずにお金を払わされて、もう帰りたいのに二軒目のキャバクラまで連れていかれ、そこのお会計まで自分たちが支払わされました」(男性・26歳)

 

②初任給もまだの新人に割り勘で払わせる

「直属の上司が、まだ初任給ももらっていない入社したばかりの新人だった頃に食事に連れていってくれたんですが、お会計はまさかの割り勘だったことがありました。

 

支払うと思っていなくて、手持ちが足りなかったら『君は食事に行く時にお金持ってこないの?』と。そりゃ、さすがにおごってもらえると思っていましたから…」(女性・27歳)

 

③おごってくれたが「いつ返してくれるか」としつこい

「上司と食事に行っておごってくれたんですが、『次回はおまえが払えよ』と言われました。気を使わせないために、そう言ってくれているのかと思ったんですが。

 

それ以降『いつ連れていってくれるんだ?』と、しつこく言われ続けました。こうやって部下に対してもお金にうるさい上司って、それだけでケチくさくて引く」(男性・25歳)

 

▪️お会計がスマートな上司のほうが尊敬される?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,400名に「尊敬できる上司がいた経験」について調査したところ、「経験アリ」と回答したのは全体の3割という結果に。

上司と食事に行っても、部下としては上司の話を聞いたり、なにかと気を使ったり…と、ただの友人たちとの集まりのような気楽な時間とは異なるだろう。

そんな気持ちを考慮せずに、部下にも平等にお金を支払うことを要求すると、ウンザリされることも…。

不景気な昨今は、財布の紐も固くなってしまうが、おごりか少し多めに出すなど、大人なお会計をしたほうが、部下からは尊敬されそうだ。

『ノンストップ!』で「1個ちょうだい問題」を議論 カンニング竹山の意見に共感の声

(画像は公式Twitterのスクリーンショット)

10日に放送された、フジテレビ系情報番組『ノンストップ!』で、食べ物の「1個ちょうだい」はどこまで許せるかを徹底討論。カンニング・竹山の意見に共感が集まっている。

 

■食べたければ買えよ!

多くの人が経験しているであろう、「1個ちょうだい問題」。個数が多いものであれば、分けてあげる人もいるだろう。しかし、もし仮に「2つしか入ってない雪見だいふく」を「1個ちょうだい」と言われると抵抗を感じる人が多いのではないだろうか。

この「1個ちょうだい問題」に対して竹山は…

「俺は、世の中で一番嫌いな人は『ひと口ちょうだい』とか『少しちょうだい』という人。俺が『食べる?』って聞くのはいいけど、食べてるのを見て『ちょうだい』と言われると、買えよ馬鹿野郎と思ってしまう」

 

と、持論を展開した。

 

■ショートケーキはどこから?

討論は「喫茶店でコーヒーしか注文しなかった友人にショートケーキをひと口食べる?」と勧めたら、生クリームの多い部分を食べられた。という問題に発展。

竹山がバナナマン・設楽に意見を求められると…

「食べるのなら、最初から頼みなさいよ。『ひと口ちょうだい』という人は最初から盗んでやろうって根性があるから、ろくなやつじゃないねそんなの」

 

と、怒りを露わにした。

 

■ネット民は竹山に共感

ネットでは「自分で買えって思う」など竹山の意見に共感する声が目立っている。

竹山さんの言うこと、ちょーーー分かるわ。自分で買えって思う。#ノンストップ

— けん (@kenshirou0607) November 10, 2017

竹山さん、良いこと 言う! 自分から『どお?』なら良いけど、『一個ちょうだい』は ダメ! #ノンストップ

— イカのダンスは済んだのかい? (@IKA________SAN) November 10, 2017

竹山さんに同意ww貰いたがるなら自分で頼んでほしい #ノンストップ

— 福ミミ (@FlaUiFSsAvQQSLp) November 10, 2017

 

■ひと口ちょうだいは不快?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,376名に「『ひと口ちょうだい』という言われること」について調査したところ、3割以上が「不快」と回答した。

多数派ではないものの、やはり少なくない人が「ひと口ちょうだい」を嫌がっているようだ。

注文するときは食べたいと思っていなくても、目の前に料理が置かれると「おいしそうだし、ひと口でいいから食べたい」と感じることもあるだろう。

しかし、その「一口ちょうだい」が友人を不快な気持ちにさせる可能性があることを忘れてはいけない。

食事感覚スナック? 「グルメさん」の味の再現度がなかなかのレベル

いつも斬新かつユニークな商品で、消費者を楽しませてくれる湖池屋。そんな湖池屋から、11月6日全国のコンビニエンスストアで、新商品が先行発売された。

今回のコンセプトは食事感覚で食べられるスナック菓子、その名も「グルメさん」だ。

 

■トルティアチップス

パッケージを見たところ、味のラインナップは『グルメさん とろけるチーズソース デミハンバーグ』、『グルメさん とろけるチーズソース トマトボロネーゼ』の2種類。

だが食事感覚とは言っても、一体どの辺りが食事なのだろうか?

中を見てみると、ドンタコスなどで馴染みのあるトルティアチップスに、チーズソースがかかっている。

パッケージのイラストから、“後かけ”のチーズソースを「どうやって、かけるんだろう?」と思っていたのだが、チーズ“かけ後”だった。薄っすらと斜めに、チーズのラインが入っているのが、伝わるだろうか…。

そして肝心のお味は…まず、トマトボロネーゼ味のほうは、袋を開けた瞬間からトマトソースの美味しそうな香りが漂ってきて、ほんとうにお腹が空いてきたぐらい。

味はしっかりと煮込まれた濃厚なトマトの味がチーズソースと絡み、確かにトマトボロネーゼの風味で、なかなかの再現レベル。

デミハンバーグも同様に、ハンバーグの肉の旨味に加え、チーズソースが口当たりをまろやかにしてくれる。

濃い目の味付けなので白飯があれば、普通に食べられそう。なんなら、ふりかけにして、ごはんのお供にしたいレベルだ。

実はこのトルティアチップス、メキシコなどで日常的に食べられている料理のひとつ。だから本来は食事感覚で、食べられるものでもある。

パリパリとした食感に、スナックとしては馴染みがあっても、食事としては、日本人にそれほど親しみがない人も少なくない。

とはいえ、一袋も食べると、満足感はそれなりにある。しっかりとした味わいで、ちょっとした間食には、ちょうどいいかもしれない。

食事感覚スナック? 「グルメさん」の味の再現度がなかなかのレベル

いつも斬新かつユニークな商品で、消費者を楽しませてくれる湖池屋。そんな湖池屋から、11月6日全国のコンビニエンスストアで、新商品が先行発売された。

今回のコンセプトは食事感覚で食べられるスナック菓子、その名も「グルメさん」だ。

 

■トルティアチップス

パッケージを見たところ、味のラインナップは『グルメさん とろけるチーズソース デミハンバーグ』、『グルメさん とろけるチーズソース トマトボロネーゼ』の2種類。

だが食事感覚とは言っても、一体どの辺りが食事なのだろうか?

中を見てみると、ドンタコスなどで馴染みのあるトルティアチップスに、チーズソースがかかっている。

パッケージのイラストから、“後かけ”のチーズソースを「どうやって、かけるんだろう?」と思っていたのだが、チーズ“かけ後”だった。薄っすらと斜めに、チーズのラインが入っているのが、伝わるだろうか…。

そして肝心のお味は…まず、トマトボロネーゼ味のほうは、袋を開けた瞬間からトマトソースの美味しそうな香りが漂ってきて、ほんとうにお腹が空いてきたぐらい。

味はしっかりと煮込まれた濃厚なトマトの味がチーズソースと絡み、確かにトマトボロネーゼの風味で、なかなかの再現レベル。

デミハンバーグも同様に、ハンバーグの肉の旨味に加え、チーズソースが口当たりをまろやかにしてくれる。

濃い目の味付けなので白飯があれば、普通に食べられそう。なんなら、ふりかけにして、ごはんのお供にしたいレベルだ。

実はこのトルティアチップス、メキシコなどで日常的に食べられている料理のひとつ。だから本来は食事感覚で、食べられるものでもある。

パリパリとした食感に、スナックとしては馴染みがあっても、食事としては、日本人にそれほど親しみがない人も少なくない。

とはいえ、一袋も食べると、満足感はそれなりにある。しっかりとした味わいで、ちょっとした間食には、ちょうどいいかもしれない。