高校

元NMB48須藤凛々花が「人妻女子高生」になることを報告 「学割の人妻です」

お騒がせアイドルとして話題の元NMB48の須藤凛々花。『第9回AKB選抜総選挙』での「結婚発言」には多くの人が驚き、炎上騒ぎに。

最近ではドイツでNBAを取得したい、哲学者になりたいなど勉学に励みたいことを主張し、再び注目を浴びている彼女。17に放送の『矢口真里の火曜The  NIGHT』(AbemaTV)の発言がまたまた話題になっている。

 

■番組内で高校再入学を報告

番組にゲストとして生出演した須藤は「高校に再入学する」というビッグニュースを報告。

その理由について「大阪に行くと同時に転学したんですけど、単位が体育の実技だけ足りなくて、保留していた」と説明し、「大学に行きたいので(高校に)入学しました」と語った須藤。現在は体育だけ授業を受けに行っているという。

高校生活は楽しいようで「学割の人妻です」と嬉しそうに話す姿も見られた。

 

■「人妻の女子高生」に反応するネット民

須藤の報告に、ネット民からはさまざまな声がみられた。

・人妻の女子高生…

 

・こういう生き方の多様化もありじゃない

 

・結婚してないんやったら学割の人妻ちゃうやん

 

・矢口真里の再来だ

 

「人妻の女子高生」というワードに多くの人が反応したようだ。しかし須藤はまだ籍を入れていないため、人妻ではないだろうと疑問の声も。

また、お騒がせ元アイドルとして共通している矢口と須藤が番組内で共演している姿を目にし、「似た者同士」「矢口真里の再来」といった意見もみられた。そして、高校をしっかり卒業出来なかった後悔を、こうしてまた挑戦することをプラスに捉え、彼女を応援する声もあがっていた。

 

■歳を重ねるほど、勉強すれば良かったと後悔

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,378名に「勉強」について調査したところ、4割近くが「受験勉強が終わっても勉強しておくべきだった」と回答。

歳を重ねるほど、勉強への後悔は強くなるようだ。最近では女優・真矢ミキも高校卒業資格を取得したと喜びを語り、話題になった。

 

発言が物議を呼ぶ須藤。しかし、前向きに人生を謳歌している姿には、感心させられるものがあるのかもしれない。

・合わせて読みたい→元NMB48須藤凛々花、「アイドルはやっぱ営業」発言に非難殺到

(文/しらべぇ編集部・ガガ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日対象:全国20~60代の男女1378名(有効回答数)

責任はどこへ? 1000円で「女子生徒に授業を代行させた教師」に怒りの声

(maroke/iStock/Thinkstock)

教師は子供に学問や生き方を教える「聖職者」といわれ、長年尊敬される存在とされてきた。しかし、昨今はありえないような不祥事が相次ぎ、「一般常識を知らない」と批判されることが多い。

そんな常識の欠如した教師が、またもありえない事件を起こしてしまった。

 

■1,000円支払い女子生徒に授業させる

事件を起こしたのは、東京の定時制高校に勤務する61歳の教師。

6月6日の授業中、教室に入ってきた女子生徒に対して「1,000円払うから授業をしてもいい」などと発言したうえ、実際に25分間授業をさせる。

クラスの生徒から「真面目に授業をしてほしい」とクレームが入ったが、教師はどこ吹く風。それどころか「授業料を返す。その代わり単位をやらない」とうそぶいたとという。

勉強を教えることで報酬を得ている人間が、生徒に金銭を渡して授業を代行させるなど、職場放棄と言わざるをえない。

 

東京都教育委員会の取り調べに対し教師は、事実を認めているものの、動機については一切口を閉ざしており、真相は不明。6月にも指導中に机を蹴っていたことも判明しており、教師という仕事に対して、真摯に向き合っているとはいえないようだ。

なお、この教師は戒告処分を受けたものの、現在も同じ学校に勤務中だという。

 

■ネットからは怒りの声

教師の異常な行動に、ネットからも怒りの声が。

「やる気が無いなら辞めさせるべき」

 

「処分が軽すぎる。職務を放棄しているのは許せない」

 

「授業中にほかの生徒が入ってくる環境も異常」

 

「立場を利用した『単位をやらない』という発言も許せない。まだ表に出ていない不祥事があるのでは」

 

■大人になっても「許せない教師」を持つ人も

今回の事件は、生徒にとってみれば「許せない」と感じるものだろう。

とくに多感な小中学生時代に、教師からおかしな指導を受けてしまうと、大人になってもトラウマとして残ることがある。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,352名に「小中学校時代の教師」について意識調査を実施したところ、19.4%が「今でも許せない教師が存在する」と回答。

教師は子供に「許せない」という感情を与えてはいけないはず。19.4%が大人になっても許せないような指導を受けたと考えている事実は、やはり問題があると言わざるをえないだろう。

大多数の教師は真面目に職務を全うしていると思われるが、一部に「おかしな」人間がいるのも事実であるよう。

そのような教師をしっかりと見抜き、不適格と感じた場合は即座に職務を停止させ、検証するようなシステムが求められているのではないだろうか。

・合わせて読みたい→女子高生に裸動画を送らせ逮捕 教師の素行の悪さに呆れの声

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日 対象:全国20代~60代の男女1352名(有効回答数)