高橋一生

『民衆の敵』高橋一生と斎藤さんのかわいすぎる「ウインナー写真」に反響

フジテレビ系にて毎週月曜日に放送中の『民衆の敵~世の中おかしくないですか!?~』。社会問題を反映したリアルなストーリーの一方で、豪華なキャストも注目だ。

今、公式ツイッターの投稿に注目が集まっている。

 

■高橋一生&斎藤司の仲良し2ショット

丸の内サラリーマンの今日のランチは何ですか?みたいな高橋さんと斎藤さんの2ショット✨どっちのご飯がいーですか?

お気付きの方もいるかと思いますが、座談会②の動画で話題になった噂のウィンナー事件の場所なのでございます🤭🤭#民衆の敵 #高橋一生 #斎藤司 #ウィンナー事件 pic.twitter.com/iBF1PqHLoL

— 【公式】民衆の敵 (@minshuuno_teki) November 14, 2017

13日の投稿。本作に出演する高橋一生とトレンディエンジェル・斎藤司の仲良し2ショット写真だ。高橋はナポリタン、サラダ、スープという洋風な組み合わせで、斎藤さんはご飯、味噌汁、サラダ、唐揚げという組み合わせ。

ナポリタンのウインナーをフォークに刺してこっちを見ている……そんな日常の何気ない仕草ですらかわいく思えてしまうのだから、旬の俳優というのはすごい。

ちなみに、ツイート内で述べられている「ウィンナー事件」というのは、ふたりが並んで食事しているシーンの撮影の際、高橋が顔をカメラで撮られているにも関わらず斎藤が突然話しかけた事件のこと。

「ウインナー何本食べたんですか?」と言ったことからこのように言われているそうだ。詳細はweb限定の座談会動画を確認してほしい。

 

■「誠さんのウインナー食べたい」などの声

この投稿に対し、ファンからは以下のような声が寄せられることに。

・斎藤さんのもう無いから分かんないw でも誠さんのウインナー♡

 

・ウィンナー事件気づきました笑笑 ナポリタンくるくる可愛かったです

 

・ナポリタンくるくるかわいかったです 一生さんが持ってるウインナー食べたい

 

・ドラマでは、まったくおしゃべりせずご飯食べてましたね びみょーうな同期笑

 

・はあ…斎藤さんって顔は小さいけどやっぱ額が広いんですねw

 

■「秋ドラマかわいい俳優ランキング」ではまさかの…

一挙手一投足がかわいく、疲れた現代女子の心を癒やしている印象の高橋。しかし、秋ドラマ開始に際してしらべぇ編集部が行った調査では「かわいい俳優ランキング」でなんと圏外だった。

しかし、顔ぶれを見るとある意味納得かも。20代の俳優が上位を占める結果だからだ。つまり、20代俳優のかわいさと、現在36歳の高橋が見せるかわいさはまったくの別物ということだろう。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧はこちら

『民衆の敵』こども食堂を託児所扱い…リアルな内容に「考えさせられる」

13日、篠原涼子主演月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の第4話が放送された。

衰退した商店街を舞台にこども食堂が作られるという今回のエピソード。今週もさまざまな議論が生まれたようだ。

 

■名案!? 「こども食堂」めぐり格闘

この日、物語は「こども食堂」を中心に描かれた。

新人議員の岡本遼(千葉雄大)は、同期のアイドル議員・小出未亜(前田敦子)と地元の商店街でランチする。しかし、大型店の出店の影響を受け、商店街はシャッター街に。岡本の実家が経営していた電気店も潰れていた。

しかし、ふたりが入ったファミリーレストランには商店街のおばちゃんたちの姿が。元気いっぱいな様子だが、仕事については店を開いたほうが赤字になるという状況らしい。

それを知った佐藤智子(篠原)は「こども食堂」を思いつく。子供の面倒をみてくれる人がいないママと、元気はあるのにやることがないおばさんたちを結びつけようとしたのだ。

先週描かれた誘拐犯と疑われた若い男・今井一馬(渋谷謙人)も「一対一」だったから問題になったわけで、多数対多数なら問題にならないという算段もあった。

 

■託児所扱いでジジババ悲鳴

こうして始まった「こども食堂」。しかし、良かったのは最初だけで、キャパを大きく超えた数の子供たちが押し寄せてボランティアのおばちゃん、おじちゃんたちが音を上げてしまうことに。

「ご飯も食べられない子供のために」始めたはずなのに、母親たちが託児所と勘違いして大挙してしまったのだ。この様子を見た岡本は、智子に対して……

「あなたのやってることは子供の文化祭と一緒なんですよ。祭りと一緒じゃ意味ないだろ!」

 

と発言。その後、岡本が議会で正式に提案し、事前に智子が犬崎(古田新太)に根回ししていたこともあり、無事採用されたのだった。

『民衆の敵』千葉雄大の本格参戦で犬系俳優が一堂に? 食卓シーンに注目

篠原涼子主演のフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』。

これまで3話が終了し、物語はそろそろ中盤に突入。ということでこれまでを振り返りつつ、明日放送の第4話の見どころを見ていこう。

 

■これまでの『民衆の敵』

『民衆の敵』は、団地に住む主婦の佐藤智子(篠原涼子)がひょんなことから市会議員選挙に出馬することになり、当選して政治を変えるべく奮闘していくストーリー。

第1話では選挙戦を、第2話では議員生活のスタートと公園をめぐる廃止論争が、そして先週放送の第3話では誘拐事件の裏に隠された貧困・シングルマザー・地域のセーフティーネットなどの諸問題が意欲的かつ鮮やかに描かれた。

痛快なストーリーの一方で、智子の夫・公平役を田中圭が、政治家一家に生まれ育った政界のプリンス・藤堂誠を高橋一生が、苦労人の新人議員・岡本遼を千葉雄大が演じるなど、人気の俳優が多く出演しているのもポイントだ。

 

■第5話見どころをチェック

帰宅した佐藤智子(篠原涼子)を公平(田中圭)が甲斐甲斐しく出迎えた。いつもと違う様子に智子が疑問を持つと、公平は「記帳してきた」と通帳を見せる。

 

すると智子は大声をあげると、駿平(鳥越壮真)とあかね(野澤しおり)が驚く。実は智子に初めての議員報酬が支払われ、その額に驚嘆の声をあげてしまったのだ…。

 

ともあれ、念願の報酬をもとに公平は焼き肉パーティーを企画。あかねを迎えに来た平田和美(石田ゆり子)も交えて食事を始める。浮かれる佐藤夫婦に、来年は税金も上がると釘を刺す和美は、もうひとつ懸念を抱えていた。

 

その頃、あおば市では開発が進もうとしていた新しい港の建設、ニューポート計画の中止を河原田晶子市長(余貴美子)が公約通りに宣言。和美の新聞社では市長の独断を牽制するような一文が掲載された。

 

もともとニューポート計画を推進していたのは犬崎和久(古田新太)の派閥。和美は新聞記事には動きが見えるのに、犬崎たちがおとなしすぎるのが気にかかっていたのだ。智子も、市長と犬崎が和解するはずがないと和美に同調する。

 

一方、小出未亜(前田敦子)は岡本遼(千葉雄大)の地元商店街でランチ。商店街はすっかりさびれ、もともとここで電気店を営んでいた遼の実家も夜逃げしていた。古い店がシャッターを閉める中、二人が入ったのはファミリーレストラン。ウエイトレスに案内されて席につこうとする遼に商店街のおばちゃんたちが声をかけて…

 

 

■やっと? 千葉雄大が本格始動か

そんな第4話で注目すべきは岡本遼役の千葉だろう。第1話の演説シーン以降、正直そこまで出番の多くなかった彼だが、出馬のバックボーンとなる実家および商店街周りのエピソードが描かれるようだ。

また、ネット上では第3話本編終了後に流れた予告シーンに注目する人も。高橋、田中、千葉が佐藤家の食卓をともに囲んでいたのだ。この様子には、

・えっ来週の民衆の敵、田中圭と千葉雄大と高橋一生が同じ食卓に?えっそんなことあります??ファンタジー??田中圭と千葉雄大と高橋一生が????どこの世界線????? 

 

・「民衆の敵」の予告でチラッと映った佐藤家の食卓。高橋さんと田中さん、さらにばーちー!ここに行きたいです。ツインテのお嬢さんの席がいいかな~、篠原さんのとこもいい!

 

と、歓喜の声をあげる人も……。デリヘル嬢との密会シーンで、藤堂誠こと高橋は「雨に濡れた犬」のような姿をすでに見せているが、それ以上の悶絶シーンになる可能性もありそうだ。

 

ストーリーも、かわかっこいい俳優たちにも注目な『民衆の敵』。放送は明日21時からだ。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→誘拐事件の原因はシンママに? 社会問題に鋭く切り込む『民衆の敵』

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 画像提供/(C)フジテレビ『民衆の敵』)

高橋一生のカメラ男子っぷりに反響 「イイオトコすぎ」と悶絶続出

2017年上半期にもっともブレイクしたといっても過言ではない俳優・高橋一生(36)。演技の実力はもちろん、「大人の色気」漂うルックスもファンを虜にする魅力のひとつだ。

そんな中、『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)公式ツイッターの投稿が話題になっている。

 

■撮られてみたい 高橋一生のカメラ姿

スタジオをふらついていたら、カメラを構えているわたなべさんに会いました。ねぇ、わたなべさん。わたなべさんのファインダーには一体何が写っているの?#民衆の敵 #高橋一生 #わたなべさん #誠さん #カメラ男子 #藤堂誠 pic.twitter.com/sVO2pJvVBl

— 【公式】民衆の敵 (@minshuuno_teki) November 8, 2017

8日の投稿。カメラを構えている高橋のオフショットだ。カメラは本作で高橋が演じている藤堂誠(偽名:ワタナベ)が使う小道具のひとつ。

Tシャツにスウェットパンツと非常にラフな姿だが、カメラ一個でここまでセクシーな雰囲気を漂わせるのだからスゴい。

 

■「永久保存版」 悶絶の声相次ぐ

この投稿に対し、ファンからは以下のような声が寄せられることに。

・本当にか、かっこよすぎてこれ永久保存です

 

・ああああ!! わたなべさん素敵です

 

・待ち受けにしたいほど、素敵です

 

・藤堂さんよりわたなべさんよ!! エロかっこいい(笑)

 

・だめです 高橋一生サマ病にかかってから熱がさがりません

 

■秋ドラマ「セクシーな俳優」部門で2位

しらべぇ編集部では全国20~60代の男女580名を対象に秋ドラマ出演俳優の「セクシーさ」について調査。その結果、20名以上の中から高橋は2位にランクインすることに。1位のディーン・フジオカとも僅差だ。

 

なにをしても色男になってしまう、現在進行系で無双状態な高橋。今後、『民衆の敵』内でどんな活躍を見せてくれるだろうか。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→誘拐事件の原因はシンママに? 社会問題に鋭く切り込む『民衆の敵』

(文/しらべぇドラマ班・尾道えぐ美

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女580名(有効回答数)

誘拐事件の原因はシンママに? 社会問題に鋭く切り込む『民衆の敵』

6日、篠原涼子主演月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の第3話が放送された。

過去2話に比べてもかなり意欲的だった今回を、早速振り返っていこう。

 

■誘拐事件は冤罪だった?

ある日、智子(篠原)のもとに市民の陳情が持ち込まれる。陳情を持ち込んだのは富子(梅沢昌代)という女性で、かつての隣人である若い男・今井一馬(渋谷謙人)が小川かのん(白鳥玉季)という少女を誘拐した犯人として逮捕されたが、それは冤罪だ……というものだった。

事件の真相を探ることになった智子は、新聞記者のママ友・平田和美(石田ゆり子)に調査を依頼。自分自身も今井の家を訪れるなどして探っていく。すると、彼はもともと東京に出ていたが、母親の介護のために戻ってきた……という背景を持つ、優しい青年であることがわかる。

しかし、実際に彼に会いに行くと「自分が誘拐した」の一点張りで、冤罪を晴らしたいという意思はまったく感じられない。

 

■シングルマザーの貧困が子供を万引きに

その後、和美はママ友ネットワークによって、かのんの家が母子家庭で、生活費を稼ぐのに必死なあまり、母親の裕子(安藤玉恵)があまり世話をできていなかったことを突き止める。

コンビニ経営をしているママのひとりは、かのんが深夜に万引きをし、それを通報したことを明かす。彼女によると、万引きというよりも、「お腹が空いて食べた」というのが実態だったようだ。

『民衆の敵』人気急上昇! デリヘル嬢役・今田美桜にも期待の第3話

篠原涼子主演のフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』が、今夜第3話の放送を迎える。

主演の篠原が見せた痛快な活躍はもちろんのこと、田中圭、高橋一生といった俳優陣の「子犬感」にも注目が集まった第2話につづき、あらすじと見どころをチェックしていこう。

 

■誘拐事件が市政にどう影響? な第3話

佐藤智子(篠原涼子)は希望通り、あおば市議会の教育こども委員会に所属した。自宅では辞書を片手に資料を読むのだが、会議に出てもみんなが何を話しているのか分からない。そんな智子に小出未亜(前田敦子)が断った市民の陳情が持ち込まれる。話を聞くだけでいいという議会事務局職員の安部(久保田悠来)の頼みに、智子は引き受けた。

 

陳情を持ち込んだのは富子(梅沢昌代)。富子はかつての隣人、今井一馬(渋谷謙人)が誘拐犯人として逮捕されたが冤罪だというのだ。富子の訴えに智子が動き出す。まずは、事件を平田和美(石田ゆり子)に調べてもらった。和美は担当警察官から話を聞く。

 

事件の発端は、不審な男が少女を連れ歩いているとの通報だった。警察の捜査で少女は小川かのん(白鳥玉季)と判明。すぐにかのんの自宅に行くと彼女の母・裕子(安藤玉恵)が応対する。かのんは帰宅していなかった。裕子はかのんに携帯電話を持たせていなかったので連絡が取れない。

 

裕子の携帯電話も未払いで止められていた。そのため警察は付近の家をしらみつぶしに調べ始める。すると、一馬のアパートでかのんが発見され、逮捕に至ったのだ。

 

智子は富子に一馬の冤罪を晴らすと約束してしまった。事件に興味を持った和美も引き続き調べることを約束する。智子は藤堂誠(高橋一生)にも相談。しかし、藤堂は弁護士を紹介しようかとは言うものの話に乗る様子はなかったが…。

 

■デリヘル嬢役・今田美桜に熱視線

誘拐が市政にどう関係してくるのか? それって議員の仕事なのか? そんな疑問は本編で解消していただくとして、ここでは魅力的なキャストを取り上げたい。デリヘル嬢・莉子役で出演中の今田美桜だ。

めざまし終わりの今田美桜ちゃんめざましくんとツーショット!2人、赤で揃えております🤗2人とも可愛いなぁ今夜9時から第3話放送ですお楽しみに〜✨#民衆の敵 #今田美桜 #莉子 pic.twitter.com/OdU3qnTD0u

— 【公式】民衆の敵 (@minshuuno_teki) November 5, 2017

「福岡で1番可愛い女の子」とも称される彼女は、まだ全国的な知名度は低いが、高橋との雰囲気たっぷりなやり取りで、ネット上ではすでに多くの注目を集めつつある。

民衆の敵に出てる今田美桜かわいすぎてかわいい

— うーらん (@nico_wrng) October 30, 2017

今田美桜って人かわいいな

— ひで (@hide_1209_hide) November 5, 2017

毎回、藤堂の心の支えとして登場している莉子。第3話でもまたその姿が見られることを期待したい。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『民衆の敵』高橋一生と田中圭の「子犬感」がスゴイ 愛でる女子続出

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 画像提供/(C)フジテレビ『民衆の敵』)

『民衆の敵』高橋一生と田中圭の「子犬感」がスゴイ 愛でる女子続出

30日、篠原涼子主演月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の第2話が放送された。

第1話同様、篠原らしい痛快なキャラとストーリーが見られた一方、ネット上では「子犬」な出演者たちにも注目が寄せられることに。

 

■議員人生スタート早々、ピンチに?

選挙戦を勝ち抜き、あおば市議会議員となった佐藤智子(篠原涼子)。しかし、本会議で居眠りをしていた議員・前田康(大澄賢也)の頭を叩いて「寝るな!」と一括したことで状況は一変する。彼は犬崎和久(古田新太)を中心とする議会の多数派・犬崎派の中核的存在だった。

犬崎に睨まれてしまったことにより、智子は「教育子供委員会」に入る条件として、居眠りというのは自身の勘違いであったと謝罪会見を行うことを要求されてしまう。

多数派につけば自身の意見を通しやすくなる。しかし、その分賛成できないことにも頷かざるを得なくなる……ジレンマに悩む智子。

そんなある日、市内の公園をなくす案について考えることに。そこに公園をなくさないでほしいという陳情書があったが、理由は書かれていなかった。

自分の足で公園を訪れた智子は藤堂誠(高橋一生)と遭遇。その後、陳情書を出した山下(水川あさみ)という女性に会う。彼女は子供の頃いじめを受けていて、その公園は彼女にとって救いとなった場所だった。

#2話ゲスト#水川あさみ さんの出演が決定‼️わーいなんでしょう…この羨ましい写真。一体誰目線で羨ましいのか分からなくなる羨ましさ…ひとまず高橋さん両手に花‼️ずるいっ!撮影合間、3人はずっと楽しそうに話してました〜#民衆の敵 #篠原涼子 #高橋一生 pic.twitter.com/gHIxnM9wu8

— 【公式】民衆の敵 (@minshuuno_teki) October 29, 2017

 

■智子の「おかしくないですか?」 今週も炸裂

その後の本会議で智子は公園廃止に賛成の票を投じる。その上で子供の救いとなる場所を作ることを提案。そのために「教育子供委員会」に入りたいと犬崎に訴えた。

さらに智子は政治家の意味について述べる。辞書によると「政治を職業とし専門的に関わる人」という意味と「揉め事の矯正や駆け引きの上手い人」という意味があり、前者にはなりたいが後者にはなりたくないと語る。そして、

「だっておかしくないですか? お前が入りたい委員会に入れてやるから、前田議員は居眠りしてなかったって嘘つけよって」

 

と言い放ったのだった。この行動に、犬崎も「面白い」と不敵な笑みを浮かべることに。

議員生活開始! 高橋一生の「闇」にも注目の『民衆の敵』第2話

篠原涼子主演のフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』が、今夜第2話の放送を迎える。

なかなか挑戦的&痛快なストーリーが印象的だった先週の第1話に続き、今回もあらすじと見どころをチェックしていこう。

 

■議員人生スタートの第2話

晴れて、あおば市議会議員となった佐藤智子(篠原涼子)は初登庁。途中で会った藤堂誠(高橋一生)と新人議員用に用意された研修室に行くと、中から怒鳴り声が聞こえる。河原田晶子市長(余貴美子)が創設した新人議員研修室にベテラン市議、前田康(大澄賢也)が文句を言っているのだ。

 

前田は市議会で多数を占める犬崎和久(古田新太)派で、怒鳴られているのは市長の秘書、望月守(細田善彦)。研修室は市長が新人議員を囲い込もうとする手段ではと憤る前田に望月は否定している。何もかも初めての智子は理由がわからない。

 

しばらくして始まった本会議に智子が向かうと居眠りをしている前田を議場に発見。智子は手元の資料を丸めて前田の頭を叩いて起きるようにと一喝する。この行動に傍聴席が湧いた。様子を見に来ていた平田和美(石田ゆり子)も思わず笑ってしまうが…。

 

議会が終わって智子が研修室に戻ると、小出未亜(前田敦子)、岡本遼(千葉雄大)、園田龍太郎(斎藤司)が何やら話している。3人は智子を見つけると口々に議会で前田を叩いたことを非難し始めた。犬崎派の幹部の前田に何をしてしまったんだと…。寝ていた議員を起こすのは良いことだと反論する智子だが、犬崎派議員の控え室に呼び出されてしまう。

 

智子を迎えた犬崎は、次の議会で前田に謝罪して自分の会派に入れと告げる。答えを保留する智子に、犬崎は入りたい委員会も考えておけと伝えた。犬崎に目をつけられた智子は…。

 

■高橋一生の「闇」に注目!

個性豊かな登場人物たちの中で、ひときわ女性視聴者の注目を集めているのが高橋一生演じる藤堂誠だ。代々続く政治家一家に生まれたサラブレッドで、市議会議員初当選にして将来は保証されている彼。

しかし、その分他の人間にはわからない闇を抱えているよう。第1話で名家の子息に似合わないボロアパートで、デリヘル嬢の莉子(今田美桜)と会っている様子が放送されたのだ。

誠を貫く。藤堂誠、代々続く政治家一家の次男として何不自由なく育った、誰もが認めるサラブレッド。支持率絶大、女性のハートもガッチリ掴んで奪い去る市政のプリンス。#民衆の敵 #藤堂誠 #高橋一生 #10月クール #フジテレビ #一足早くドラマの選挙ポスター見せちゃうよ pic.twitter.com/BrlmRhbPaD

— 【公式】民衆の敵 (@minshuuno_teki) September 5, 2017

誠実感溢れる選挙ポスターとは180度違う姿と言えただろう。

このギャップ満点の光景に、ネット上では……

#民衆の敵 の高橋一生がツボすぎる…闇ある感じが最高です。期待の政治家よりもボロアパートで堕落してる姿多めで!笑

— てん (@ten169) October 29, 2017

民衆の敵、テンポがよくておもしろかった~癖のある市議会の人たちが楽しみなんだけど。高橋一生さん演じる二世議員、裏の顔が闇すぎて、興奮(・∀・)#民衆の敵

— haruka (@mirai88231) October 23, 2017

高橋一生、なんかやって欲しかった役❤️心に闇を抱えている…#民衆の敵

— さくらこ (@sakurako9125) October 24, 2017

と「闇」に注目を寄せる人の姿が相次いでいる。

 

■勤務中に寝た経験ある?

ちなみに以前、しらべぇ編集部が全国の働いている男女686人に調査を実施したところ、全体の39.9%割が勤務中に寝た経験があると回答。加えて、高年収になるほど該当率が高くなる傾向が見られた。

年収950万円のあおば市市議会議員も割合だけで言えば2人に1人が寝た経験あり……ということになりそうだが、叩き起こした後、智子はどのように振る舞っていくのか。痛快極まるストーリーを期待したい。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→篠原涼子『民衆の敵』 桐谷美玲・成田凌の豪華すぎる「無駄遣い」とメタ演出が話題

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 画像提供/(C)フジテレビ『民衆の敵』)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日対象:全国20代~60代の働いている男女686名(有効回答数)

セクシーだと思う秋ドラマ俳優ランキング! 高橋一生を抑え1位は? 

各局の秋ドラマが出揃い、見比べながら、それぞれの傾向がわかってきたところ。中には、男性俳優の色気のある仕草や、意外なサービスカットにドキッとしている人も多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女580名を対象に調査を実施。秋ドラマの主な出演者の中から、セクシーだと思う男性俳優を複数回答で選んでもらい、その結果をランキングにまとめた。

 

■第5位:及川光博(14.5%)

(画像は『明日の約束』のスクリーンショット)

第5位は、『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)で、不可解な死を遂げた男子生徒の担任教諭、霧島直樹を演じる及川光博(48)。

今回は、誠実な人柄で人当たりも良く、生徒からの信頼も厚い先生役だが、及川と言えば、「ミッチー」「王子」の愛称でミュージシャンとしても活動し、クールでセクシーなライブに魅了される人も多数。

30代、40代で2位を獲得しており、とくに30代女性からの票が集まった。

 

■第4位:綾野剛(16.0%)

(画像は『コウノドリ』公式サイトのスクリーンショット)

『コウノドリ』(TBS系)で、産婦人科医役の鴻鳥サクラ役・綾野剛(35)が第4位。

医者でありながら天才ピアニストの一面を持つなど、ミステリアスな役を演じることも多く、また、映画『ヘルタースケルター』や『日本で一番悪い奴ら』などのラブシーンも注目を集めた。

どの世代からも平均的に票が入っているが、40代女性で2位と、年上女性からの指示を得ている。

 

■第3位:西島秀俊(18.4%)

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

第3位は、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で綾瀬はるか(32)の夫・伊佐山勇輝役を演じる西島秀俊(46)。

第2話での「頭ポンポン」など、綾瀬とのラブラブなシーンが毎回お決まりとなっているが、大人の渋い演技や、以前から話題になっている筋肉美を期待しているファンも多そう。

やはり女性からの票が厚く、安定の第3位となっている。

 

■第2位:高橋一生(23.1%)

(画像は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』公式サイトのスクリーンショット)

わずか0.3ポイントと僅差での第2位は、月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)で藤堂誠役を演じる高橋一生(36)。

第1話で放送されたシャワーシーンがSNS上で大きな話題を呼び、今後の放送が気になるとの声も。

20代と60代、また、男性全体でも1位だったが、トップ獲得には至らなかった。

 

■第1位:ディーン・フジオカ(23.4%)

(画像は『今からあなたを脅迫します』公式サイトのスクリーンショット)

接戦を制したのは、『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)主演のディーン・フジオカ(37)。

警察や探偵では扱えない事件を、人を脅して解決する「脅迫屋」千川完二を演じている。以前しらべぇ編集部が調査した「イケメンだと思う2017秋ドラマ俳優ランキング」に続いて2冠。

甘いマスクと色気溢れる表情に魅了された、30代~50代女性からの支持が牽引して第1位となった。

なお、6位以下は、6位伊勢谷友介(41)、7位沢村一樹(50)、8位浅野忠信(43)、9位松坂桃李(29)、10位三浦春馬(27)となった。

トップ10は、いずれも男の色気を感じる俳優が揃った印象。秋ドラマでは、どんなシーンで視聴者をうっとりさせてくれるのか楽しみだ。

・合わせて読みたい→2017秋ドラマ俳優の人気ランキング! 高橋一生の順位は?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女580名(有効回答数)