行ったことも見たことも無いのに・・・

 

去年の6月頃だった。

 

どうしても具合が悪くて仕事を休み、家で寝ていた。

 

その時、県外に住んでいる弟に会いに行った夢を見た。

 

なぜか「ここに弟が住んでいる」と確信しているアパートがあった。

 

ちなみに、弟の住んでいる場所へは、これまでに一度も行ったことは無い。

知らない場所なのに・・・

窓側に川、反対側は道路があって小山がある。

 

道路を少し行くとトンネルがある場所に住んでいた。

 

夢の中で弟と「最近どう?」などと世間話をしていると、弟の様子がおかしくなってきた。

 

突然、自分の腕や足を食べ始めたのだ。

 

外見も餓鬼のような感じに変わっていく。

 

ビックリしている間に弟は頭部だけになり、最後に自分の頭部を舌でペロンと包み込んで食べ、骨だけがポトポトと床に山積みになった。

 

その骨を見て茫然としていると、後ろから鬼っぽい者が弟の残った骨を食べようと手を伸ばした。

 

怖かったのと骨を取られまいと思って、落ちていた風呂敷に骨を全部包んで背負って逃げた。

 

アパートを出て、小山に沿った道路を走り、ずっと追いかけてくる鬼から逃げた。

 

道路を走ってトンネルに入ると、そこは鍾乳洞のようになっていて、どんどん地下に走って逃げた。

 

地下を走り続け、やっと光が見えた。

 

「逃げ切れる!」

 

そう思ったところで目が覚めた。

 

夢のことを母に話し、弟にも電話で見た場面を色々と説明すると、「住んでいるアパートと同じ風景と構造だ」と言った。

 

俺はそこへは行ったことも見たことも無いのに・・・。

 

弟が住んでいるそのアパートは、怪奇現象が絶えないと聞いた事はあったが、これまであまり気にした事はなかった。

 

翌週に引っ越しが決まり、その最後の夜に「押し入れがガタガタ音を立てていた」とも聞いた。

 

引っ越してからは特に何にも無いという。

 

俺自身この夢を見た夜、寝ている隣でジーッと何かに見られている様な、妙な視線を感じていた。

 

これらは一体何だったのか・・・。

 

(終)

The post 行ったことも見たことも無いのに・・・ appeared first on 怖いもん通信.

嫌われ者の婆さんの火葬にて

 

今はもう廃村になってしまった小さな集落の話。

 

当時はまだ、火葬は山で野火送りで行われていました。

 

村で強欲や残虐、非常識で有名だった独り者の婆さんが亡くなった時、祖父や村の人らが火葬場でその婆さんの遺体を燃やしていたそうです。

 

薪を積み上げ、その上に死体を乗せ、上にムシロを掛けて遺体を燃やしていると、婆さんの頭の部分のムシロがゆっくりと持ち上がっていく。

 

※ムシロ(筵)

藁(わら)やイグサなどの草で編んだ簡素な敷物。

 

気味悪く思いながら見ていると、ムシロが崩れて真っ黒に焦げた婆さんの頭が露(あらわ)になった。

 

そこには『二本のツノ』が生えていたそうです。

 

爺さんたちは坊さんを呼んできて、燃やしている間はずっと念仏を唱えてもらった。

 

火葬は朝までかかり、骨も原型をろくに残さないくらいまでに燃やし尽くしたとの事。

 

「あの婆さんは○○の家のもんやったが、あんまし酷いことばっかしとったから、ほんまもんの鬼になってまったんやろな」

 

「わしらみんな、あの婆さんは鬼じゃと言うとったが、まさかほんまもんの鬼やとは思いもよらなんださ」

 

年に1~2度、離村した集落のみんなが集まって飲んだりする度に、そんな話を村の年寄り達から聞きます。

 

(終)

The post 嫌われ者の婆さんの火葬にて appeared first on 怖いもん通信.