5時に夢中

ドリフト不倫・内藤聡子は「腹黒銭ゲバキャスター」 『5時に夢中』のイジリに賞賛の声

フリーアナウンサー・内藤聡子(43)と元F1レーサー佐藤琢磨(40)の7年越しの「ドリフト不倫」が『週刊新潮』(新潮社)で報じられ、世間を騒がせている。

その内藤が2010年から約6年間、アシスタントとして人気を得た『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、不倫発覚後の16日に騒動に触れ、視聴者から賞賛が上がった。

(画像は内藤聡子Instagramからのスクリーンショット)

 

■友人・中瀬は…

同番組のコメンテーターであり内藤の友人、そして奇しくも、不倫を報じた新潮社の出版部部長を務める中瀬ゆかり(53)は、開口一番「聡子―! お前!」と絶叫。

「こういう仕事をしていると、友達のスキャンダルや悪口はよくある。友軍誤爆の気分」と前置きした上で、持論を展開する。

「友人と言うのは置いておいて、当人同士の問題なので怒っていいのは奥さんとお子さん達。今後どう転んでいくが分からないが、進んだ道は奥さんやお子さんを苦しめた、悩ませた上に出来ている道。そういうことを背負って、キッチリ向き合ってほしい」

 

友人でもある内藤に、中瀬なりの真剣な想いを吐露した。

 

■不倫に「驚かない」

続けて、記事の中で「独身ネタが売りでセレブ志向」と書かれていた部分にも触れ、「腹黒銭ゲバキャスター」として番組で扱われていた過去を説明。「番組視聴者は驚いていない」と笑わせる。

作家の岩井志麻子(52)は「ウチの息子と見合いし。母親が岩井志麻子っていう男もツラいよ。全てをバカエロネタにされ、私にイビられる。今どころのツラさじゃない」とアドバイス。

最終的に「(大物との交際を繰り返す)紗栄子にかまけている場合じゃなかった。聡子をウォッチすべきだった」と中瀬独自の反省をのぞかせた。

人生100年時代の到来にマツコ「アッという間」 102歳女性は「長い」

(Nayomiee/iStock/Thinkstock)

厚生労働省の簡易生命表によると、男性の平均寿命は80.98歳、女性は87.14歳。2007年生まれの日本人は半数が107歳、2014年生まれは109歳まで生きる見込みが立っているという。

18日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「人生100年は短いか長いか」を調査。実際に人生100年を体験する102歳女性の重い言葉に、マツコ・デラックス(44)も言葉を失った。

 

■マツコは「アッという間」

株式トレーダー・若林史江(39)は、「出産してから身体が痛くて、日々の生活が辛い。これが年老いて続くのは厳しい」ため、人生100年は長いと回答した。

マツコは「100年という時の長さでいえば長く感じるが」と前置きし、持論を展開する。

「感覚的に言えば、人生は短い。年を取ってからの1年は一瞬で終わる。80歳で死ぬとして、あと35回、1年を過ごすと考えればアッという間」

 

小学生の頃と現在、体感している時間の流れの違いを踏まえながら、100年でさえ短いと総括した。

 

■102歳女性「長い」

老人ホームに中継がつながるとマツコは「先輩方の前で偉そうなこと言っちゃった」と発言を後悔。

その中で御年102歳の女性は、自身の経験から「人生100年は長いと思いました、100年は長いんです」と重みのある言葉。

マツコらも一瞬言葉を失ったが、「この1票は重みがある。そりゃそうですよ」と賛同を示した。

人生100年時代の到来にマツコ「アッという間」 102歳女性は「長い」

(Nayomiee/iStock/Thinkstock)

厚生労働省の簡易生命表によると、男性の平均寿命は80.98歳、女性は87.14歳。2007年生まれの日本人は半数が107歳、2014年生まれは109歳まで生きる見込みが立っているという。

18日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「人生100年は短いか長いか」を調査。実際に人生100年を体験する102歳女性の重い言葉に、マツコ・デラックス(44)も言葉を失った。

 

■マツコは「アッという間」

株式トレーダー・若林史江(39)は、「出産してから身体が痛くて、日々の生活が辛い。これが年老いて続くのは厳しい」ため、人生100年は長いと回答した。

マツコは「100年という時の長さでいえば長く感じるが」と前置きし、持論を展開する。

「感覚的に言えば、人生は短い。年を取ってからの1年は一瞬で終わる。80歳で死ぬとして、あと35回、1年を過ごすと考えればアッという間」

 

小学生の頃と現在、体感している時間の流れの違いを踏まえながら、100年でさえ短いと総括した。

 

■102歳女性「長い」

老人ホームに中継がつながるとマツコは「先輩方の前で偉そうなこと言っちゃった」と発言を後悔。

その中で御年102歳の女性は、自身の経験から「人生100年は長いと思いました、100年は長いんです」と重みのある言葉。

マツコらも一瞬言葉を失ったが、「この1票は重みがある。そりゃそうですよ」と賛同を示した。

マツコ、日野皓正ビンタ問題で教育委員会を批判 「そもそもジャズやっちゃダメ」

「体罰」か「指導」かを巡って論争が繰り広げられている、世界的なジャズトランペット奏者・日野皓正(74)による中学生への往復ビンタ問題。

4日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)でマツコ・デラックス(44)が展開した持論に、賛同の声が寄せられている。

 

■ビンタ問題のおさらい

問題となったのは、世田谷区教育委員会主催のコンサートでの一幕。公募で集まった中学生に日野らが4ヶ月指導、その集大成を披露する場でのことだ。

他の生徒に回さなければならないソロパートを独占した、ドラム担当の中学生に対し、日野は激昂。髪を掴み往復ビンタをする日野に「行き過ぎた指導では?」と批判が集まっていた。

騒動後、日野は「行き過ぎたことは謝る」と非を認めた。生徒の親は「息子が悪い」と謝罪、生徒も「(日野さんには)愛があった」と自身の行動を反省し、当事者同士で問題は解決している。

 

■教育委員会が問題?

株式トレーダーの若林史江(39)は、当事者間で問題が解決、テレビで騒ぐことではないと前置きし、「その後のケア、ベースに愛があるかが重要」と語る。

マツコは「そもそも、各市区町村の教育委員会がジャズを指導する必要がない。ジャズみたいな自由なものを、わざわざ教えるのが素っ頓狂」と持論を展開。

「教育委員会がやるなら(専門の)教育者をつけるべき、日野さんは教育者ではない。スパルタの中から世界的なトランペッターになった方に、教育委員会的な指導方法をやってくれっていうのも違う」

 

など、教育委員会側の不手際を厳しく批判した。