Brain

「発症時期」に着目する、アルツハイマー病の新しい遺伝子検査サーヴィスが実用化へ

米国では、1960年代生まれのベビーブーマーが高齢に差し掛かったことで、極めて多くの人々がアルツハイマー症に罹患することが懸念されている。アルツハイマーのリスクを正確に測定すべく、発症するかしないかではなく「いつ」発症するかに着目するなど、新たな遺伝子検査が動き始めた。

ヒトの脳には「イントネーション」を理解するニューロンがあった:研究結果

コミュニケーションにおいて「声」は想像以上に多くの情報を含んでいる。同じ文章を発していたとしても、イントネーション次第ではその意味が変わってしまうこともあるのだから。たとえば、語尾を少し上げるだけで疑問系になる?というような。最新の研究結果によれば、ヒトの脳内にあるニューロンはこうしたイントネーションの変化を細かく判別しているのだという。

慢性的な睡眠不足によって、脳は「自己破壊」する:研究結果

慢性的な睡眠不足が、脳内の「食作用」を担う細胞を活性化させ、シナプスの分解を促進させる、という研究結果が発表された。さらに睡眠不足は、アルツハイマー病などの神経変性疾患を引き起こすリスクも高くする可能性があるという。