2013年に『WIRED』主催で始まった「CREATIVE HACK AWARD」(CHA)。5年目を迎えるにあたってアワードやハックの「そもそも」を再定義したところ、「3つの問い」と「ハックの手法」に関するヒントが浮かび上がった。これを繰り返し読み、考え抜いた末に生まれる鮮やかなハックが来ることを切に願う──そんな思いを込めた弊誌編集長からの、CHA応募開始に寄せたメッセージ。