ED

医師に聞いた! 46歳で出産した加藤貴子が告白した「男性不妊」とは

(@ぱくたそ)

ドラマ『温泉へ行こう』(TBS系)などで知られる女優・加藤貴子(46)が、8月23日に第2子となる男児を出産した。

46歳での高齢出産で産後の体調が心配されたが、安産とのこと。産後も、公式ブログで妊活中の心境を綴っている。加藤は過去に、ブログで夫の「男性不妊」も告白し話題になった。

 

■男性不妊について医師に聞いてみた

最近、目にする機会が多くなったワード「男性不妊」。しらべぇ取材班は、大田区下丸子の内科・産婦人科・美容皮膚科『医療法人社団暁明会 井上メディカルクリニック』の井上憲理事長に、「男性不妊」について話を聞いた。

井上理事長:これまで不妊の原因は女性側の問題と見られていました。しかし近年では女性だけの問題ではないことが解明され、男性に原因があるケースが半数近くに上がっています。

 

夫婦で検査を行うことで、短期間で治療が済むケースもあり、男性不妊の症状にも気をつける必要があります。

 

■精子の状態を知ることが大切?

井上理事長:1回の射精で約1億から4億の精子が放出されます。そのうち卵子と結合できるのはたった「1つ」。子宮の前で99%が死滅し、子宮内では10万個以下になります。卵子の周囲まで到達できるのは数百個以下。卵子にたどり着いた精子は、パワーがあり優秀だったということになります。

 

この精子の「全体的なクオリティ」がとても大切です。精子のクオリティは、①精子数 ②奇形率 ③運動率 で評価します。

 

医師に聞いた! 46歳で出産した加藤貴子が告白した「男性不妊」とは

(@ぱくたそ)

ドラマ『温泉へ行こう』(TBS系)などで知られる女優・加藤貴子(46)が、8月23日に第2子となる男児を出産した。

46歳での高齢出産で産後の体調が心配されたが、安産とのこと。産後も、公式ブログで妊活中の心境を綴っている。加藤は過去に、ブログで夫の「男性不妊」も告白し話題になった。

 

■男性不妊について医師に聞いてみた

最近、目にする機会が多くなったワード「男性不妊」。しらべぇ取材班は、大田区下丸子の内科・産婦人科・美容皮膚科『医療法人社団暁明会 井上メディカルクリニック』の井上憲理事長に、「男性不妊」について話を聞いた。

井上理事長:これまで不妊の原因は女性側の問題と見られていました。しかし近年では女性だけの問題ではないことが解明され、男性に原因があるケースが半数近くに上がっています。

 

夫婦で検査を行うことで、短期間で治療が済むケースもあり、男性不妊の症状にも気をつける必要があります。

 

■精子の状態を知ることが大切?

井上理事長:1回の射精で約1億から4億の精子が放出されます。そのうち卵子と結合できるのはたった「1つ」。子宮の前で99%が死滅し、子宮内では10万個以下になります。卵子の周囲まで到達できるのは数百個以下。卵子にたどり着いた精子は、パワーがあり優秀だったということになります。

 

この精子の「全体的なクオリティ」がとても大切です。精子のクオリティは、①精子数 ②奇形率 ③運動率 で評価します。