Farming

「抗生物質まみれ」の食肉産業は今後どうなる──業界の「闇」に迫った科学ジャーナリストが語った

米国で販売される抗生物質の8割は、人間の患者ではなく食肉となる豚や牛、鶏などに使われている。その結果、抗生物質耐性菌の発生源となり、われわれの健康を脅かすことが明らかになった。こうした内幕を明らかにした『Big Chicken』を刊行した科学ジャーナリスト、マリン・マケナが、食肉産業の未来について語った。

「抗生物質まみれ」の食肉産業は今後どうなる──業界の「闇」に迫った科学ジャーナリストが語った

米国で販売される抗生物質の8割は、人間の患者ではなく食肉となる豚や牛、鶏などに使われている。その結果、抗生物質耐性菌の発生源となり、われわれの健康を脅かすことが明らかになった。こうした内幕を明らかにした『Big Chicken』を刊行した科学ジャーナリスト、マリン・マケナが、食肉産業の未来について語った。

「抗生物質まみれ」の食肉産業は今後どうなる──業界の「闇」に迫った科学ジャーナリストが語った

米国で販売される抗生物質の8割は、人間の患者ではなく食肉となる豚や牛、鶏などに使われている。その結果、抗生物質耐性菌の発生源となり、われわれの健康を脅かすことが明らかになった。こうした内幕を明らかにした『Big Chicken』を刊行した科学ジャーナリスト、マリン・マケナが、食肉産業の未来について語った。

「抗生物質まみれ」の食肉産業は今後どうなる──業界の「闇」に迫った科学ジャーナリストが語った

米国で販売される抗生物質の8割は、人間の患者ではなく食肉となる豚や牛、鶏などに使われている。その結果、抗生物質耐性菌の発生源となり、われわれの健康を脅かすことが明らかになった。こうした内幕を明らかにした『Big Chicken』を刊行した科学ジャーナリスト、マリン・マケナが、食肉産業の未来について語った。

温室効果ガスの排出が少ない「環境保護牛」を、遺伝子組み換えでつくるプロジェクト:カナダで進行中

畜牛が排出するメタンガスは、世界の温室効果ガス排出量の9.5パーセントを占めているのだという。そこでカナダの研究所はメタンガスをあまり排出しない牛に着目し、その遺伝子を活用することでガスをあまり排出しない「環境保護牛」をつくり出そうとしている。

牛や豚にもウェアラブル端末──畜産に革新をもたらす「動物のインターネット」が動き始めた

牛や豚といった家畜にウェアラブル端末を取り付け、位置情報や生体情報を管理する取り組みが始まった。この「動物のインターネット」(IoA)とでもいうべきシステムによって、鶏の病気や子豚の事故死が防げるようになるなど、畜産の効率がアップするのだという。取り組みの最前線に迫った。