米国では親になる人の“高齢化”が進んでいる。スタンフォード大学の研究によると、40代で父親になる人の割合は、40年間で4.1パーセントから8.9パーセントまで増えたという。