台湾エレクトロニクス大手でアップルのサプライヤーである鴻海精密工業(フォックスコン)は、米ウィスコンシン州で新しい製造工場に100億ドルを投資する意向だと発表した。しかし、どうやらこの工場で生まれる雇用は、米大統領選でトランプを支持した「自動車産業や鉄鋼産業で解雇された労働者たち」が求めていた仕事ではないようだ。