Gadget

独自に培った技術が生んだ、30年越しのチタニウム腕時計「シチズン アテッサ」

1987年に誕生した、チタニウムを本格的に使用したシリーズ「シチズン アテッサ」から、30周年を記念するシリーズが発売される。「ブラックチタン™シリーズ」に用いられたチタニウムの硬質膜「デュラテクトDLC」をはじめ、数多くの独自技術で腕時計の更新に挑戦してきたシチズンのイノヴェイションの起源を、東京本社に探した。

iPhone Xはクールだが、いま買わなくてもいい:『WIRED』US版レヴュー

アップルの「iPhone X」が11月3日に発売された。消えたホームボタンの代わりに顔認証が導入され、有機ELを採用したスクリーンや拡張現実(AR)への対応など、見るべき進化は多い。果たして、これは買うに相応しいデヴァイスなのか。『WIRED』US版が徹底検証した。

最先端スマホから自動翻訳イヤホンまで──グーグルが発表した8つの魅力的なガジェット

グーグルが2017年10月4日(米国時間)に開催したイヴェントで、最新のAndroidスマートフォンや自動翻訳機能を搭載したイヤホン、音声アシスタントに対応したスマートスピーカーの新モデルなどを発表した。これらの魅力的なガジェットの数々を、この記事で総ざらいする。

「ミニ スーパーファミコン」は、あの懐かしの日々に浸れる「必携ガジェット」だ:『WIRED』US版レヴュー

日本で2017年10月5日発売の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、ヴァラエティに富んだ懐かしの21個のゲームを楽しむことができるミニ版のゲーム機である。いち早く発売された米国モデルを、子どもの頃にスーファミで遊んだという『WIRED』US版記者がレヴューした。

「ミニ スーパーファミコン」は、あの懐かしの日々に浸れる「必携ガジェット」だ:『WIRED』US版レヴュー

日本で2017年10月5日発売の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、ヴァラエティに富んだ懐かしの21個のゲームを楽しむことができるミニ版のゲーム機である。いち早く発売された米国モデルを、子どもの頃にスーファミで遊んだという『WIRED』US版記者がレヴューした。

支持されるブランドは「軸」と「声」がつくる──レッツノート × PIGMENTの新シリーズ、その背景

パナソニックのモバイルPC「レッツノート」が、ウェブ直販サイトでカスタマイズモデルの販売を開始して15周年を迎えた。記念プロジェクトとして始まった「ehada」シリーズのリリースに際し、デザイナーとして参加した同社・鈴木創に話を訊いた。レッツノートは、なぜ今日までビジネスの現場で愛されてきたのだろうか?

傷がつくから「余裕」が生まれる── パナソニック「5枚刃ラムダッシュ リミテッド エディション」

パナソニックは、メンズシェーバー「5枚刃ラムダッシュ」最上位機種(ES-LV9CX)の数量限定モデルとして、グリップに天然木を用いた「5枚刃ラムダッシュ リミテッド エディション」(ES-XLV9C)を発売した。高機能シェーバーに新たな付加価値をつけるべくパナソニックが進んだ道は「木材」を使用した新たなチャレンジだった。感性工学の視点から、工業製品と木材の関係を考える。

傷がつくから「余裕」が生まれる── パナソニック「5枚刃ラムダッシュ リミテッド エディション」

パナソニックは、メンズシェーバー「5枚刃ラムダッシュ」最上位機種(ES-LV9CX)の数量限定モデルとして、グリップに天然木を用いた「5枚刃ラムダッシュ リミテッド エディション」(ES-XLV9C)を発売した。高機能シェーバーに新たな付加価値をつけるべくパナソニックが進んだ道は「木材」を使用した新たなチャレンジだった。感性工学の視点から、工業製品と木材の関係を考える。