ハルク・ホーガンとゴーカー・メディアによる「セックス動画」をめぐる法的闘争が終結を迎えた。映画監督のブライアン・ナッペンバーガーは、ドキュメンタリー『メディアが沈黙する日』で、ゴーカーとホーガンによる闘争は不可逆的にメディア界を変化させたと主張する。本作の意義を、2人のジャーナリストが語り合った。