Genetics

「発症時期」に着目する、アルツハイマー病の新しい遺伝子検査サーヴィスが実用化へ

米国では、1960年代生まれのベビーブーマーが高齢に差し掛かったことで、極めて多くの人々がアルツハイマー症に罹患することが懸念されている。アルツハイマーのリスクを正確に測定すべく、発症するかしないかではなく「いつ」発症するかに着目するなど、新たな遺伝子検査が動き始めた。

中国のゲノム研究所、「究極のシークエンサー」の開発に着手──米市場を巡る競争が激化

世界最大規模のゲノム研究所を擁する中国企業「BGI」が、米西海岸の2カ所に新たな研究拠点を発足した。さらには独自の次々世代シークエンサーの開発を進めることが発表されている。シークエンサーを製造する米企業イルミナの最大顧客だったBGIが競争相手に転じることになり、激しい開発競争が始まった。

中国のゲノム研究所、「究極のシークエンサー」の開発に着手──米市場を巡る競争が激化

世界最大規模のゲノム研究所を擁する中国企業「BGI」が、米西海岸の2カ所に新たな研究拠点を発足した。さらには独自の次々世代シークエンサーの開発を進めることが発表されている。シークエンサーを製造する米企業イルミナの最大顧客だったBGIが競争相手に転じることになり、激しい開発競争が始まった。