米国ではトランプ政権下になって初めて、「米国テクノロジー評議会」の会合が行われた。この会合にはティム・クック、ジェフ・ベゾス、サティア・ナデラ、エリック・シュミット、ピーター・ティールなど、世界を代表するテクノロジー業界の大物たちが一堂に会した。米国のテクノロジー政策について議論すべきことは山積しているのだ。