Gun Control

テクノロジーによって銃を「安全」にしても、乱射事件はなくならない──政治に振り回される米銃規制の混迷

ラスヴェガスで10月1日に起きた銃乱射事件を受け、米国ではテクノロジーによって使用をコントロールされた「スマートガン」に関する議論が活発になっている。しかし、権利団体などの存在感が強い米国において、こうした施策は実効性をもつのか。そして乱射事件をゼロにすることはできるのか。

銃乱射事件を機に、米国は規制強化に動くのか──「銃社会アメリカ」を理解するための7本のストーリー

2017年10月1日に起きたラスヴェガスの銃乱射事件では、これまでに60人近くが亡くなり、500人近くが負傷した。米史上最悪となった銃乱射を機に、銃社会であるアメリカの現状や銃の規制問題、そしてソーシャルメディアが果たすべき責任などに関する7本の記事を紹介する。

銃乱射事件を機に、米国は規制強化に動くのか──「銃社会アメリカ」を理解するための7本のストーリー

2017年10月1日に起きたラスヴェガスの銃乱射事件では、これまでに60人近くが亡くなり、500人近くが負傷した。米史上最悪となった銃乱射を機に、銃社会であるアメリカの現状や銃の規制問題、そしてソーシャルメディアが果たすべき責任などに関する7本の記事を紹介する。

銃乱射事件を機に、米国は規制強化に動くのか──「銃社会アメリカ」を理解するための7本のストーリー

2017年10月1日に起きたラスヴェガスの銃乱射事件では、これまでに60人近くが亡くなり、500人近くが負傷した。米史上最悪となった銃乱射を機に、銃社会であるアメリカの現状や銃の規制問題、そしてソーシャルメディアが果たすべき責任などに関する7本の記事を紹介する。

ラスヴェガスの銃乱射は、法の「抜け穴」が招いた悲劇だった──犯人が違法な「自動小銃」を入手できた理由

ラスヴェガスで2017年10月1日に起きた銃乱射事件では、法律で禁止されているはずの自動小銃か、ほぼ自動に改造された銃が使われた可能性が高い。それでも悲劇が起きてしまった背景には、銃の改造や自動化を補助するツールが米国で野放しとなっている現状があった。