©AbemaTV

148cmと小柄な身長で95cmでIカップという豊満バスト誇る、「二次元ボディ」のグラドル・天木じゅん(21)。童顔なのにダイナマイトボディという組み合わせから男性の支持も多い彼女だが、ときには悪口を言われることもあるようだ。

29日放送の『必殺!バカリズム地獄』(AbemaTV)で明かされた暴言が話題になっている。

 

■顔には自信がない?

あまりにもたわわな天木の胸に、MCのバカリズム(41)も「見ないようしなきゃというプレッシャーがある」と本音をポロリ。すると天木は、「私、胸までが顔なので見ていただけると…」とアピール。2次元ボディを生かしたトークに、バカリズムもタジタジのようだった。

また、番組中に「頑張っているブスと頑張っていないブスを一緒にするな」という街頭インタビューの悩みが紹介されると、天木は「私もブスって割りと言われますよ」と悩みを訴えた。

どうやら、アゴが出ていることをたびたび指摘されるようで、「顔には自信がないんですよ、胸には自信があるんですけど」と告白した。

 

■ブスいじりで母親に泣きつく

芸能界に入りたての頃は顔にも自信をもっていたという天木だったが、とある番組でブス扱いをされて、ブスいじりがはじまったことから自信を失くしてしまったようだ。

しかし、今ではその経験もバネにして「ブスいじりOKになりました」と開き直れるようになったそう。「言われた日の晩はヘコまなかった?」と言うバカリズムに、天木は「言われた日はめっちゃ泣きました」とコメント。さらに、母親にも電話したといい、「ママから生まれたのにゴメン」と泣きついたようだ。

そこから強くなり、今では「美少女キャラで売ってないし」との気持ちで頑張れているという。

 

■約半数がブスを自覚

自らブスを受け入れた天木だが、世の女性たちは自らの容姿についてどう思っているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性702名に「自分の容姿」について調査したところ、およそ半数が「ブスだと思う」と回答。

ブスを自覚している女性の中には、天木と同じように他人から言われて気づく場合もあるのかもしれない。

 

一度はブスいじりに涙した天木だが、そこから這い上がれたのも、二次元ボディという武器があるからなのかも。

・合わせて読みたい→天木じゅんの中3金髪ギャル時代に騒然 ヤンキー彼氏にドン引きの声も…

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日対象:全国20~60代の男女1413名(有効回答数)