Insect

絶滅と考えられていた孤島の昆虫、DNA判定で再発見される【閲覧注意】

オーストラリア東岸沖の島で1918年に絶滅した固有のナナフシが、20kmほど離れた島で2001年に発見された。外観が異なり同種かどうかに疑問がもたれていたが、このほど沖縄科学技術大学院大学などのDNA鑑定で同一種とわかり、元の島に戻される計画だ(閲覧注意。虫画像あり)。