英国の重大不正捜査局(SFO)は、「秘匿特権の有無」によって分類が必要な書類が膨大にあったことから、この作業を人工知能に任せることにした。このロンドンの新興企業RAVN(レイヴン)が開発したシステムの実力とは。