Mac

MacBookユーザー御用達モバイルバッテリーにコンセント付きの『HYPER JUICE AC』が登場!

小さな本体にコンセント付きバッテリー。

最近は「USB Type-C」規格が広まるとともに、モバイルバッテリーでもノートパソコンの充電が行えるケースがだんだんと増えてきました。それはそれで嬉しいのですが、やはり屋外でもコンセントが使いたい、という需要は大きいはず。

そんなニーズにばっちり応えるコンセントつきモバイルバッテリー『HYPER JUICE AC』が、2017年9月15日に発売されます。通常2万4800円ですが、9月15日9時59分までに予約した場合には、キャンペーン価格が適用されて2万2320円(価格はいずれも税込)で購入できるとのこと。

ガッツリ充電できる充実のポート数

『HYPER JUICE AC』のバッテリー容量は2万6000mAh(100Wh)という大容量。本体には2つのUSBポート、1つのコンセントが搭載され、パソコンとタブレット、スマホといった複数の端末を同時に充電できます。

USBポートでは最大12W(5V/2.4A)の出力が可能なポートが1基と、最大18W(5V/3A、9V/2A、12V/1.5A)出力の急速充電規格「クイックチャージ 3.0」に対応したポート1基の計2ポート構成。「クイックチャージ 3.0」を使うと、接続機器によっては平均の約4倍早く充電可能なんだとか。最新のAndroidスマホをお持ちなら、こちらも便利に活用できそうです。

高品質なAC出力

コンセントからのAC出力は最大120W(120V)まで対応。これにより『MacBook Pro 15インチ』のACアダプタをはじめ、全ての旧世代MacBookファミリー、それにアンプやシンセなどの音響機器、デジカメの充電器、ランプ、ひげ剃りなど、さまざまな機器が屋外で利用可能になります。AC出力は家庭のコンセントに近い正弦波交流に変換されて出力されるとか。もちろん各種保護機能も搭載しているとのことなので、手持ちの家電製品を安心して利用できそうです。

意外と軽量。使いやすさへの配慮も

本体には従来モデルよりも大きくて見やすいLEDインジケータが搭載されており、光のバーで現在のバッテリー残量をわかりやすく表示してくれます。『HYPER JUICE AC』の本体サイズは横175×縦133×厚さ27mm、重量は0.79kg。本体の満充電は2〜3時間ほどで完了するそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『HYPER JUICE AC』製品情報ページ

アクト・ツー HyperJuice External Battery 1.5 - 100Wh MBP1.5-100

The post MacBookユーザー御用達モバイルバッテリーにコンセント付きの『HYPER JUICE AC』が登場! appeared first on デジノ杜.

W録画対応のMac向けテレビチューナーがピクセラから。録画番組のチューナーレス視聴が便利そう

Macでテレビが観られる唯一無二の存在なのです。

ピクセラは地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2基搭載したMac向けのテレビチューナー『PIX-DT195W』を2017年9月29日に発売します。価格はピクセラの直販ショップで1万9742円(税込)。PCやスマホで利用できるテレビチューナーはさまざまなメーカーから発売されていますが、Mac対応の製品ってすごく少ないんですよね。ちなみにダブルチューナー搭載でMacに対応するのはこの製品だけなんだとか。

Wチューナーになってアプリも刷新

2015年に発売された『PIX-DT195』の後継モデルとなる今回の『PIX-DT195W』。大きな進化点はダブルチューナー化されたことで、2番組同時録画や視聴中の裏番組録画に対応したこと。ただし、従来通りトランスコーダーが1基のみなので、2番組同時録画を行った場合には一方がDR録画となるので注意が必要です。もう1つ進化点として挙げられるのは、視聴アプリが従来の「StationTV」から「Xit(サイト)」へと変更されたこと。全面的にUIが刷新されたことで、視聴画面、番組表、録画番組一覧などの視認性と操作性が大幅に向上したそうです。

そのほか注目したいのは「持ち出し再生」機能。2017年12月に対応予定とされるこの機能、一般的なテレビチューナーでは、コンテンツ保護のため録画番組の視聴時にもチューナーの接続が必須ですが、『PIX-DT195W』ならチューナーをMacに接続していなくても録画番組を再生できるんだそうです。この機能のおかげでチューナーは自宅に置きっ放しにできるというわけ。

また、ちょっと変わった機能として、ピクセラ製チューナーを利用している人がどの番組を視聴しているかリアルタイムでわかる「視聴ランキング」機能も提供されるそうですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『PIX-DT195W』プレスリリース ピクセラ オンライン ショップの『PIX-DT195W』製品ページ

ピクセラ iOS対応モバイルテレビチューナー PIX-DT350N

The post W録画対応のMac向けテレビチューナーがピクセラから。録画番組のチューナーレス視聴が便利そう appeared first on デジノ杜.

『MacBook』フルアーマー化計画。失われたポート類をごっそり復活&バッテリー付きの保護カバー

さらなる防御力と拡張性を手に入れる。

「USB-C」(USB Type-C)以外の外部接続端子をバッサリと切り捨てた、アップルのノートPC『MacBook』。拡張性をたった1つのUSB-Cポートに集約するという割り切りっぷりは嫌いではありませんが、本体だけではSDカードは読めないし、ほとんどの外部ディスプレイにもつながらないし、そもそもiPhoneの充電さえままならない……と、あまりにも多くのものが失われた感があるのも事実。

そんな『MacBook』に装着するだけでたくさんの外部接続端子を復活させることができ、さらには駆動時間まで延長してくれる保護カバー『BOOST』が動画ショッピングサイトのDISCOVERに登場しました。

装着するだけで外部接続端子がモリモリ追加

『BOOST』の装着によって増設される外部接続端子の数たるや、それはもうただごとではありません。本体左側には電源ボタンとMini HDMIポート(HDMI 2.0対応)、USB 3.0対応のUSB Type-AポートとUSB Type-Cポート。右側にもUSB Type-Aポートがもうひとつとイヤホンジャック、そしてSDカードリーダーが追加されるのです。

これでデジカメで撮った写真をそのまま取り込んだり、USB接続のプリンタを利用したりと、『MacBook』でできることの幅が一気に広がります。こんなドッキングステーションが欲しかった人、多いんじゃないでしょうか?

スタミナとタフさもアップする

保護カバーには3300mAhのバッテリーが2つ内蔵され、システム全体のバッテリーを約62%増量してくれます。電源ボタン上部のインジケータには、バッテリー残量が表示される仕組み。そして『BOOST』の外装は最高品質が謳われる合成皮革素材からできており、『MacBook』を傷や衝撃から守ってくれます。ポート増設による拡張性アップに加え、スタミナとタフさまで兼ね備えている『BOOST』。クリアタイプ2種を含め、8種類のカラバリから選べるのも嬉しいポイント言えるでしょう。価格は30台限定のアーリーバードで1万5800円(税込)となっています。出荷時期は2017年10月予定とのこと。

文/塚本直樹

関連サイト

『BOOST』プロジェクトサイト

MG 機動戦士ガンダム サンダーボルト フルアーマー・ガンダム Ver.Ka (GUNDAM THUNDERBOLT版) 1/100スケール 色分け済みプラモデル

The post 『MacBook』フルアーマー化計画。失われたポート類をごっそり復活&バッテリー付きの保護カバー appeared first on デジノ杜.

出っぱり最小限でUSB Type-CをMagSafe風に。ポートの向きを90度変更&磁力で着脱できるコネクタ

MacBook Airを使っていた頃は、大変重宝していました。

アップル製品に限らず、新製品へのモデルチェンジによって失われてしまう便利機能というのは多いものです。近年のMacで言えば、なんといっても「MagSafe」がそれにあたるでしょう。ケーブルに足を引っ掛けてしまってもソフトに外れる安全性はもとより、特に2010年ごろのMacBook AirやMacBook Proで採用されていた本体側面に対して水平にケーブルを逃がしてくれるL字コネクタ形状は、狭い場所で作業するシーンなどで非常に便利だった記憶があります。

「USB Type-C」プラス「MagSafe」で『MagC』です

さて、そんな便利だった「MagSafe」を彷彿させるアイテムがこちら。Kickstarterでクラウドファンディングを実施中の『MagC』は、こうしたMagSafeの便利さを2017年に蘇らせたマグネット式のUSB Type-Cコネクタ。8000ドルの調達目標に対して5万ドル以上もの出資を集めている状況で、そうした好評に応えてスペースグレーとシルバーのカラバリを設定したほどの人気ぶり。この反響をアップルに人たちが見たらどう思うんでしょうね。

電源供給から、高速データ転送、ディスプレイ接続まで

本家「MagSafe」より優れている点として挙げられるのは、アップルのUSB-Cコネクタにフル対応していること。最大100Wの電源供給から高速データ転送、高解像度に対応した外部ディスプレイ接続まで、この『MagC』を介しても利用できます。アップル純正の各種ハブ製品などと組み合わせれば、電源、Thunderbolt、USB、DisplayPort、HDMI、VGAなどの各種インターフェースへのアクセスが可能になるというわけですね。

もちろんMacだけでなく、Windows PCやAndroid端末といったUSB Type-C対応機器で利用できるとされるこの『MagC』。サムスンやレノボ、富士通など一部メーカーの端末にはすでに動作テスト済みのものもあるようです。ハードウェア面でもN52グレードのネオジム磁石、純金製端子ピンなど良質な素材できちんと作り込まれている印象。アダプタ先端には外周をぐるっと囲むようなLEDインジケータランプが内蔵されています。

現状、Kickstarterでのクラウドファンディング・キャンペーンでは『MagC』フルセット一式を29ドル(3250円ほど)で入手可能となっていて、出荷予定は2017年12月になる見込み。手元に届くまで少し待つことにはなりますが、L字コネクタで出っぱりの少ないMagSafeの便利さを知っている人にとっては待ち遠しいアイテムではないでしょうか。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

Kickstarterの『MagC』プロジェクトページ(英語)

Nuoo 45W L字コネクタ MacBook Air用 交換用ACアダプタ

The post 出っぱり最小限でUSB Type-CをMagSafe風に。ポートの向きを90度変更&磁力で着脱できるコネクタ appeared first on デジノ杜.

重さ725gでコンセント付き。モバイルバッテリー『FLiFLi AIR』はアップル製品と一緒に使いたい

このサイズでコンセントが使えるモバイルバッテリーって、少ないですよね。

ノートPCを持ち歩いている人ならわかってもらえると思いますが、外出先でコンセントが使いたいシーンに出くわすことってありますよね? スマホやデジカメならモバイルバッテリーで充電できますが、ノートPCだとなかなかそうもいきません。普通はコンセントが使える喫茶店でも探すか……みたいなことになりますけれど、クラウドファンディングサイトのIndiegogoに登場したモバイルバッテリー『FLiFLi AIR』ならそんな問題を解決してくれますよ。重さ725gのポータブルサイズながら、一般的な電源コンセントによるAC出力を備えているんです。

ACアダプターがそのまま接続できます

『FLiFLi AIR』の上面にはコンセント(AC出力)が用意されており、ここにACアダプターを接続すればノートパソコンへも給電できちゃいます。バッテリー容量は余裕の2万7200mAhで、『MacBook Air』なら最大68時間利用できるそう。またコンセント以外にもUSB Type-A端子やUSB Type-C端子を1つずつ搭載。さまざまなデジタルガジェットが充電できますし、『FLiFLi AIR』自体を充電しながら同時に給電もできる「パススルー充電」にも対応しています。ちなみにAC出力は110Vで定格120W、USB Type-Aポートは5V/3AでQuick Charge 3.0対応、USB Type-Cポートは5V〜20V対応だそう。

充電端子は「MagSafe」風?

『FLiFLi AIR』への電源供給は、磁力でくっつくコネクタを採用したケーブルを使って行う仕組み。着脱が簡単にできるだけなく、足でケーブルを引っ掛けた場合に外れてくれるので、本体が落下する事態を防いでくれます。

「あの会社」の製品に合わせたカラーリング?

製品のカラーバリエーションはローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレーの4つ。もう隠すこともなく、最近のアップル製品のカラーリングと一致していますね。

『FLiFLi AIR』は現在も資金募集プロジェクトを続けており、成功した暁には179ドル(約2万円)の出資で1つ入手可能です。製品の出荷は2017年12月予定で、全世界への配送に対応してくれるそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『FLiFLi AIR』プロジェクトページ(英語)

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2016年8月末時点 A1263011

The post 重さ725gでコンセント付き。モバイルバッテリー『FLiFLi AIR』はアップル製品と一緒に使いたい appeared first on デジノ杜.

夏大活躍!「MAC」×「クロマット」の限定コラボがかっこよすぎ!

2017年7月6日から発売となった、ファッションブランド「クロマット」×コスメブランド「MAC」の限定コラボがかっこよすぎると話題になっています! 今回は、その気になる内容をご紹介したいと思います。

ファッションブランド「クロマット」×コスメブランド「MAC」のコラボ

出典:Instagram 今回、コスメブランド「MAC」がアメリカの人気ファションブランド「クロマット」のデザイナーであるベッカ・マシャレンとコラボして話題を呼んでいます。 この話題のコラボでは、ブランド「クロマット」の近未来的な世界観が満載の超かっこいいラインナップになっています☆

キーカラーはブルー

出典:Instagram MACのアイテムの中でも特に人気なのが、マットな質感が特徴のリップ。 今回のコラボでは、新たに、ショックバリュー(ブライトアクアブルー)とオーグメンテッド リアリティ(ストロングキャンディレッド)が加わりました! 特に注目は、鮮やかな「ブルー」で、他にもコラボアイテムのアイライナーやアイシャドウパレット、マスカラにもブルーが使われています。 出典:Instagram カラーアイテムがトレンドのこの夏は、目元や口元にワンポイントでこの鮮やかなブルーを入れると、一気に涼しげで今年っぽくなりますね! この写真のように、ちょっと大胆にアレンジしてみるのも楽しいかも? ブルーを上手に使いこなして、ワンランク上のメイクアップをすれば、フェスや野外ライブなどで夏イベントでは注目の的ですよ!

みんなの口コミは?

MAC クロマット スモールアイシャドウ×6届いたのでスウォッチ*✡鮮やかなオレンジとブルーが見たまま発色してくれるパレットなのですが、一番びっくりしたのは④と⑤の宇宙感がとても綺麗…!!特に④のグリーンゴールドのラメ感が素敵…♡ʾʾ夏にどんどん使いたいパレットです⛱✨ pic.twitter.com/c6bM6HuOHL

— ピニャ子 (@pinya_ko) July 5, 2017

ブルー大好き人間にはたまらない。欲しい。#MAC #クロマット pic.twitter.com/DrYWDAjhhu

— れんこ丸 (@renco_maru) June 29, 2017 今年の夏は、キーカラーの「ブルー」を取り入れて、個性的でインパクトのある旬なメイクアップでおでかけしましょう♩ 期間限定ですのでお見逃しなく!

The post 夏大活躍!「MAC」×「クロマット」の限定コラボがかっこよすぎ! appeared first on ガール配信局.

Appleが示すVRの進む道~Apple、VR対応iMac・iMac Proを発表~後編

前編では先日開催されたWWDC 2017にて発表されたAppleの新機種である「iMac Pro」のハードウェア仕様について見てきました。後編ではこの続きとMac OSでのVR対応、それにiMacのVR対応モデルなどにつ […]

The post Appleが示すVRの進む道~Apple、VR対応iMac・iMac Proを発表~後編 appeared first on デジノ杜.