2017年5月に起きたWannaCryによるランサムウェア攻撃を食い止めたことで名を知られたセキュリティー研究者のマーカス・ハッチンスが、大規模なハッキング計画に関与した疑いで逮捕された。だが専門家や友人たちは、今回の起訴に疑問を抱いている。