医療用ロボットを体内で動かすことを考えると、負荷がきわめて小さい移動方法のひとつが「はって進む」ことだ。そこで、うじ虫をヒントにした医療用ロボットの開発が進められている。その実力はいかに。