MC

『紅白』総合司会に抜擢の内村光良 MCの力量について世間の評価は? 

(ozanuysal/iStock/Thinkstock)

12月31日に放送される『第68回紅白歌合戦』の総合司会者に抜擢された、内村光良。NHKアナウンサーが務めることが多いボジションだけに、驚きの声が上がっている。

本人が一番驚いたようで、NHKによると「本当に驚いた。全く予想外だった」とコメントしているそう。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで見せる、ウィットに富んだ司会ぶりが紅白の世界観とどのように融合するのか、注目する人も多いだろう。

 

■内村光良のMCぶりが好きな人は?

今回、内村光良が総合司会の座をゲットした大きな要因に、安定したMCぶりがある。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の内村光良を知っている人1,259名に彼のMCについて調査したところ、じつに7割が「好き」と回答。

やはり、安定した人気を誇っているようだ。

 

■年代別に見ると…

年代別に見てみると、ある傾向が。

20代から40代については、「好き」な人が7割超え。年代が上がるとやや下がるが、MCや司会といった役割よりも、芸人としてのイメージが上の世代ほど強いせいかもしれない。

いずれにせよ、しらべぇ編集部によるこれまでの司会・MCの人気調査と比較すると、内村の人気は、かなり突出している印象で、これだけ愛されていれば、紅白歌合戦の総合司会者にふさわしいのではないだろうか。

 

■ファンの意見は?

内村光良を応援し続けているというSさん(40代・男性)に聞いてみた。

「ウッチャンのMCは前に出過ぎず、出演者を立てるスタイルなので、歌がメインの紅白歌合戦にはうってつけではないかと。

 

ただ、ウッチャンがMCをするからには、独自の色を出してほしい。バラエティ要素が増えたらいいなと思うし、相方のナンチャンも出演してくれたら嬉しい。

 

盟友であるダウンタウンと大晦日に勝負するのは、『夢で逢えたら』でともに『これから、がんばっていかなければいけない』時代を知っている世代にとっては、感慨深いものがある。今から、大晦日が楽しみです」

 

大きな支持を集める内村光良が、『紅白歌合戦』でどのような「総合司会」を見せるのか注目される。

発言が物議を醸す小倉智昭 その司会ぶりをどう思う?

(bx98ct/iStock/Thinkstock)

朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)でMCを務めるフリーアナウンサー、小倉智昭。元々東京12チャンネル(現・テレビ東京)のアナウンサーだった彼は、大橋巨泉に見出され、フリーに転身する。

不遇の時代もあったものの、巨泉司会の番組で軽妙なナレーションを見せたことから人気に。そして1990年代から司会者となり、1999年4月から現在まで『とくダネ!』を担当している。

 

■発言が物議を醸すことが多いが…

すっかり大物司会者となった小倉だが、最近はその発言が物議を醸すことも少なくない。最近では上原多香子の不倫問題について、彼女を擁護するようなコメントをして、一部から批判を受けた。

その一方で、歯に衣着せぬ発言や軽妙な語り口、時折見せる鋭い社会風刺などを評価する声もあり、その司会ぶりは賛否両論。

多くの視聴者は、小倉の司会ぶりについてどう感じているのだろうか?

 

■小倉智昭の司会についてどう思う?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代の小倉智昭を知る人1,071名に、彼の司会について調査を実施。

結果、「好き」と答えた人は20.9%と、かなり低め。じつに79.1%が「好きではない」と考えているようだ。

 

■好んでいるのはどんな人?

小倉の司会ぶりを好んでいる人は、どのような特徴があるのだろうか?

性年代別に見ると、ある特徴がでた。

20代男性の28.7%が好きと答えているのに対し、小倉と同世代である60歳以上の男性は14.4%まで落ちこんでいる。

どうやら若者よりも、中高年層からの支持を得られていないようだ。

 

■ファンに魅力を聞いてみた

小倉の良さはどこにあるのだろうか? ファンだという男性に聞いてみた。

「最近は視聴者に媚びる司会者が多いなかで、彼は批判を恐れずに自分の主張を発表する。そのようなブレない姿勢が良い。

 

ネット社会では、どうしても表舞台に出る人間は叩かれてしまうもの。それに流されて、批判している人が多いだけのことでしょう。そんな声に負けずに、自分の主張をしてもらいたい」

 

魅力は「ぶれない姿勢」のようだ。

・合わせて読みたい→朝8時の情報番組で「絶対に観ない」のは? ジャニーズMCで明暗

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日対象:全国20代~60代の小倉智昭を知っている人1,071名(有効回答数)

滝沢カレンが番組MCに初挑戦! 視聴者からは「放送事故?」の声も

微妙に意味が通じない日本語と独特の世界観で、バラエティを中心に大活躍するモデル・滝沢カレン(25)が、ついに番組MCに初挑戦した。

(画像は『世界!ちょっといいですか?』公式サイトからのスクリーンショット)

滝沢らしい、ツッコミが飛び交う司会ぶりに視聴者は爆笑。中には、誉め言葉として「放送事故」と絶賛する声も見受けられた。

■滝沢の初MC番組とは

滝沢がMCに挑戦したのは3日放送『世界! ちょっといいですか?』(フジテレビ系)。海外で暮らす人々に「ちょっといいですか?」と質問を投げかけるインタビュー番組だ。

(画像は滝沢カレンInstagramからのスクリーンショット)

 

「夢であった、誰にも譲れず、どこ知れず隠しながらも、言いながらであった、初MC(リーダー)にて所属しています」

 

滝沢はインスタグラムで、MCに賭ける想いを自分の言葉で熱く綴ったが、まさに、滝沢の独壇場とも言える番組内容となった。

 

■滝沢節全開

番組冒頭から滝沢節は全開だ。ゲスト紹介では、オアシズ・大久保佳代子(46)に「クイズのイメージが人にはない」と断言。そのままの流れで「そんな澤部さんですけど」と関係ないハライチ・澤部佑(31)に話を振る。

メチャクチャな話の流れにツッコミが飛び交うが、「それでは切り替えましょう」と意に介さず番組をスタート。

クイズの答えを出す前に「違う」「スゴイ」と答えを示唆、正解を「大喜び」と間違う、ゲストの回答を鼻で笑う、など最後までゲスト陣を困惑させた。

滝沢カレンが番組MCに初挑戦! 視聴者からは「放送事故?」の声も

微妙に意味が通じない日本語と独特の世界観で、バラエティを中心に大活躍するモデル・滝沢カレン(25)が、ついに番組MCに初挑戦した。

(画像は『世界!ちょっといいですか?』公式サイトからのスクリーンショット)

滝沢らしい、ツッコミが飛び交う司会ぶりに視聴者は爆笑。中には、誉め言葉として「放送事故」と絶賛する声も見受けられた。

■滝沢の初MC番組とは

滝沢がMCに挑戦したのは3日放送『世界! ちょっといいですか?』(フジテレビ系)。海外で暮らす人々に「ちょっといいですか?」と質問を投げかけるインタビュー番組だ。

(画像は滝沢カレンInstagramからのスクリーンショット)

 

「夢であった、誰にも譲れず、どこ知れず隠しながらも、言いながらであった、初MC(リーダー)にて所属しています」

 

滝沢はインスタグラムで、MCに賭ける想いを自分の言葉で熱く綴ったが、まさに、滝沢の独壇場とも言える番組内容となった。

 

■滝沢節全開

番組冒頭から滝沢節は全開だ。ゲスト紹介では、オアシズ・大久保佳代子(46)に「クイズのイメージが人にはない」と断言。そのままの流れで「そんな澤部さんですけど」と関係ないハライチ・澤部佑(31)に話を振る。

メチャクチャな話の流れにツッコミが飛び交うが、「それでは切り替えましょう」と意に介さず番組をスタート。

クイズの答えを出す前に「違う」「スゴイ」と答えを示唆、正解を「大喜び」と間違う、ゲストの回答を鼻で笑う、など最後までゲスト陣を困惑させた。