NHK

『わろてんか』ヒロインの妹を演じる19歳 大注目の女優・堀田真由の素顔に迫る

NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』で、葵わかな(19)演じるヒロイン・藤岡てんの妹(りん)を演じる、堀田真由(19)。

10月には、オムニバスホラー映画『狂い華』の中で『呪いうつり』に主演。母を亡くし、再婚した父と暮らす少女という難しい役をホラーテイストで見事に演じている。

しらべぇ取材班は、今もっとも注目の若手女優のひとりである彼女に、直接話を聞いた。

 

■笑いが絶えない『わろてんか』の撮影現場

数多くのお笑いタレントを抱える吉本興業の創業者、吉本せいをモデルにした『わろてんか』。撮影現場の雰囲気も、その題名のとおりだという。

堀田:「笑い」をテーマにしているので、ストーリー自体が見てくださる方も楽しいと思うのですが、演じている側も共演者やスタッフさんを含めて、とにかく誰かが笑っているような楽しい撮影です。

 

今まで出演させていただいた作品で、ここまで本番中に笑いを我慢して演じる現場は初めて。カメラが回っているときは、「素に戻って笑っちゃわないように」というのが、いちばん気をつけているところです(笑)

 

■滋賀県出身も活かして

そんな堀田の出身は、関西の滋賀県。今回の朝ドラの舞台にもほど近い。

堀田:『わろてんか』では京都篇に出演しているのですが、出身地とお隣ということもあって、それほど戸惑うこともなかったです。滋賀県の方言は京都に近く、やわらかい印象があるようで、はんなりしゃべる話し方は通じるものがありました。

 

とはいえ舞台は明治時代の京都なので、今知っている京都の言葉とはやっぱり違いもあります。ドラマの中で「私」のことを「うち」って言うのですが、私の地元とはイントネーションが違うんです。とてもよく出てくるセリフなのに、最初はなかなかうまく言えないこともありました。

 

ドラマは、てんとりんが暮らしていた京都から、大阪に舞台を移している。

堀田:今、ドラマは姉のてんちゃんが家を出て「大阪篇」なんですけど、妹のりんはお姉ちゃんが大好きな役なので、これからも様々な登場シーンがあります。楽しみにご覧ください。

「ゲームは1日20時間」 ネトゲ廃人が『ねほぱほ』で実生活を赤裸々に語る

(Kerkez/iStock/Thinkstock)

8日(水)に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)で取り上げられた、ネトゲ廃人。ちなみにネトゲ廃人とは、ネットゲームにのめり込む人のことを指す呼称だ。

ゲーム歴25年の重症ネトゲ廃人・タイチさんによると、ネトゲ廃人は「ゲームに金を注ぐ廃人」と「時間をかける廃人」の2種類に分けられる。

また、とあるゲームには何億円と課金をしている人がいる…と話し、司会の南海キャンディーズ・山里亮太とYOUを驚かせた。

 

■ネトゲ廃人の生活とは

ネトゲ廃人のタイチさんは、1日になんと20時間をゲームに費やしている。ゲームのプレイ動画をネットに投稿したり、攻略サイトを作成したりして収入を得ているそうだ。

なお、特別なアイテムが入手できたり、ランキングが発表されるイベント期間中は、2週間ほぼ寝ないことも。そんなタイチさんは、「ゲームのプレイ時間が1日16時間を超えた人だけが廃人」だと語る。 

15年にも及ぶ廃人生活を送っているが、ノルマやランキングのことなどを考えプレイしているため「ゲームをすることが苦痛」だという。しかし、ランキングの変動をみることが楽しく、上にいけばいくほど止められないそうだ。

ネトゲ廃人になったきっかけは、学生時代に競える相手がおらず、多くのユーザーと競えるゲームにはまったこと。

他にも、ネトゲにはまる理由として「ゲーム内で仲良くなった人との会話が楽しい」「ゲームを通して人と仲良くなれるのが嬉しい」といった意見もある。

 

■「16時間は無理」ネトゲ廃人の私生活に波紋

なお、ネットではネトゲ廃人の生活について「さすがに無理」との声が上がっている。

ネトゲ廃人回録画見てるけどわたしここまでは無理だな……すごいな……

— べにこ (@karakurenai) November 8, 2017

最高12時間で体調悪くしたから16時間は無理だなぁ…ネトゲ廃人すごい

— 華郎 (@ohana_hacci) November 8, 2017

ねほぱほのネトゲ廃人おもしろかった・・・寝ないのは無理だーーーㅠㅠ

— yoko*요코 (@danieLA04yc) November 8, 2017

 

■ゲームばかりしている人は幼稚?

しらべぇ編集部では、全国20代〜60代の男女1,362名に「スマホゲームばかりしている人は幼稚だと思うか」を調査。

年代が上がるにつれて「幼稚だ」と考える人が増加しており、男性よりも女性のほうがゲームに対してあまりいい印象を持っていないようだ。

なお、タイチさんはネトゲ廃人としての生活を、続けられる限り続けていきたいという。「毎日を楽しく生きたい」とも話しており、彼にとってゲームは「仕事兼娯楽」なのかも。

G8サミットも開かれた洞爺湖 北海道の観光スポットで『ブラタモリ』が歴史を解き明かす

(画像は『ブラタモリ』公式サイトのスクリーンショット)

11月4日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリが北海道札幌市の洞爺湖に訪れた。

第89回の舞台である洞爺湖は、2008年にG8サミットが開かれるなどした世界で有名なスポットだ。番組では、タモリ一行が洞爺湖形成の謎に迫る。

 

■「世界の洞爺湖」にタモリが初訪問

洞爺湖は『ブラタモリ』史上初の訪問地。大きさは東京ドーム1500個分だという。湖畔には、活火山の有珠山や昭和新山が存在しており、年間300万人の観光客を集めているそうだ。

タモリ一行は、まず湖の真ん中に浮かぶ「中島」に訪れた。深いところで水深が180メートルもあるという洞爺湖だが、突如して現れた浅瀬を見た際には、その神秘的な光景に、タモリが「すごい!」と仰天。

なお、洞爺湖は100年前の噴火で生まれた北海道有数の温泉街。訪れた際、タモリは足湯を体験しその温泉の熱さに驚いく。

 

■タモリが「行きたかった」昭和新山

昭和新山に訪れたタモリは、「一度来てみたかった」と喜びの声を上げている。また、昭和新山は1945年の9月に誕生。8月に生まれたタモリと同級生だそうで、昭和新山をタモリは「シンちゃん」と親しげに呼んだ。

そしてタモリ一行は、昭和新山の誕生の謎を解き明かすため、火山のオーナーと昭和新山を登った。

毎朝見てる? 「『わろてんか』は様子見中」の朝ドラウォッチャーも

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

NHKで毎朝放送される「連続テレビ小説」は通称「朝ドラ」と呼ばれ、お茶の間の人たちに愛され続けているドラマ枠のひとつ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,349名に「NHKの朝ドラをどう思うか」との調査を実施。朝ドラに対して、どのような印象を持っている人が多いのだろうか。

 

■朝ドラの評価は真っ二つに

「大好き」と「まあまあ好き」の合計よりも、「あまり好きではない」と「嫌い」を合わせた割合のほうがわずかに多くなっている。

しかし、両者の数字は拮抗しており、意見は真っ二つに分かれていると取れるだろう。

「そもそも放送時間には仕事で家にいないから、観たことがない。でも職場の先輩の数名は、録画してまで観ていて、朝ドラの話で盛り上がっていることも。全然、話についていけない」(20代・女性)

 

「親が好きでよく観ていて、出勤の準備をしている私にも声は聞こえてくる。正直、『朝から、うるさい』と思う」(30代・女性)

 

■東京と大阪で作品の特色が変わる

朝ドラは15分という短い時間だが、月曜日から土曜日までの6日間連続して放送。それが半年に渡って続くのだから、観ている人もいい作品には愛着が生まれる。

「うちの母はいまだに『あさが来た』ロスで、たまに録画したのを観返している」(20代・女性)

 

朝ドラの制作は前期をNHK放送センター(AK)、後期をNHK大阪放送局(BK)が担当している。

「AKとBKで、特徴が変わる。私はBKのほうが好きだけど、どちらも当たり外れが激しいところがある」(40代・女性)

 

■朝ドラ視聴がライフワークに

40代男性は、朝ドラを欠かさずに観ているという。

「朝ドラを観るのは、もはやライフワークになっています。世間的にも不評だった『純と愛』や『まれ』も、なんとか我慢をして観ましたし。

 

そんな微妙な作品もありますが、最近では『ひよっこ』がヒットでしたね。特別なことはなにもない主人公に、共感した人が多いのでしょう」

 

現在放送中の朝ドラに対しては、様子を見ているところだという。

「『わろてんか』は、ちょっと様子見な段階かな。これから、おもしろくなってくるかもしれないし。とはいえ、私はどう評価される作品でも、朝ドラウォッチャーとして最後まで観ます!」

 

朝ドラ出演がきっかけに人気に火がつき、ブレイクした俳優も多い。これからも新しいスターが、朝ドラから誕生していくことだろう。

毎朝見てる? 「『わろてんか』は様子見中」の朝ドラウォッチャーも

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

NHKで毎朝放送される「連続テレビ小説」は通称「朝ドラ」と呼ばれ、お茶の間の人たちに愛され続けているドラマ枠のひとつ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,349名に「NHKの朝ドラをどう思うか」との調査を実施。朝ドラに対して、どのような印象を持っている人が多いのだろうか。

 

■朝ドラの評価は真っ二つに

「大好き」と「まあまあ好き」の合計よりも、「あまり好きではない」と「嫌い」を合わせた割合のほうがわずかに多くなっている。

しかし、両者の数字は拮抗しており、意見は真っ二つに分かれていると取れるだろう。

「そもそも放送時間には仕事で家にいないから、観たことがない。でも職場の先輩の数名は、録画してまで観ていて、朝ドラの話で盛り上がっていることも。全然、話についていけない」(20代・女性)

 

「親が好きでよく観ていて、出勤の準備をしている私にも声は聞こえてくる。正直、『朝から、うるさい』と思う」(30代・女性)

 

■東京と大阪で作品の特色が変わる

朝ドラは15分という短い時間だが、月曜日から土曜日までの6日間連続して放送。それが半年に渡って続くのだから、観ている人もいい作品には愛着が生まれる。

「うちの母はいまだに『あさが来た』ロスで、たまに録画したのを観返している」(20代・女性)

 

朝ドラの制作は前期をNHK放送センター(AK)、後期をNHK大阪放送局(BK)が担当している。

「AKとBKで、特徴が変わる。私はBKのほうが好きだけど、どちらも当たり外れが激しいところがある」(40代・女性)

 

■朝ドラ視聴がライフワークに

40代男性は、朝ドラを欠かさずに観ているという。

「朝ドラを観るのは、もはやライフワークになっています。世間的にも不評だった『純と愛』や『まれ』も、なんとか我慢をして観ましたし。

 

そんな微妙な作品もありますが、最近では『ひよっこ』がヒットでしたね。特別なことはなにもない主人公に、共感した人が多いのでしょう」

 

現在放送中の朝ドラに対しては、様子を見ているところだという。

「『わろてんか』は、ちょっと様子見な段階かな。これから、おもしろくなってくるかもしれないし。とはいえ、私はどう評価される作品でも、朝ドラウォッチャーとして最後まで観ます!」

 

朝ドラ出演がきっかけに人気に火がつき、ブレイクした俳優も多い。これからも新しいスターが、朝ドラから誕生していくことだろう。

1か月で50万円稼ぐパパ活女子が『ねほぱほ』で話題 その実態に「恐ろしい…」の声

(liza5450/iStock/Thinkstock)

5日(水)放送の『ねほりんぱほりん』(NHK)で特集された、パパ活女子。パパ活とは、女性が年上の男性とデートをすることでお小遣いをもらうことだ。

番組には、そんなパパ活を2年半している20代のマナミさんが登場し、その実態が話題を呼んでいる。

 

■「一線は超えない」独自テクニックとは

マナミさんは「今、肉体関係のない5人のパパが存在している」と暴露し、司会の南海キャンディーズ・山里亮太とYOUは驚愕。

そんなパパ活をするにあたり、パパとは絶対に一線を越えることはないという。手を繋ごうとしてきたら鞄でガードをしたり、デートでは個室を避けて、騒がしい焼き肉店を選ぶなど、ガードを固くしているのだ。

なお、パパ活で得た1ヶ月の「お小遣い」は、なんと50万円超え。今では1万円の化粧品を使い、デパートの1階にある化粧品売り場で4万円は使ってしまうとか。

 

■パパ活を始めた理由

過去に貧しい生活を送っており、安定を得るはずの仕事の低賃金に絶望していたところ、ガールズバーのバイトがきっかけでパパ活を始めたマナミさん。

「パパ」側にも取材を行ったところ、「上下関係や遠慮のない友達関係を築きたい」と答える男性がいる一方で、「食事しかしない女性の精神が気にいらない」とパパ活女子のスタイルをバッサリ切る男性も。

もちろん男性とデートをし、お金をもらうパパ活には危険なリスクも存在している。パパ活歴7年の別の女性は、パパから強引に体の関係を迫られたことがあると話す。

 

■パパ活に「恐ろしい」「興味ある」の声

パパ活の実態を知った視聴者からは、様々な声が上がっている。

怖かった、ただただ怖かった。パパ活女子。女子っていうから若い子かと思ってたら、子どもさんがいる専業主婦さんとかもしてはるのね。恐ろしい恐ろしい。 #ねほりんぱほりん

— kate* けいと (@kate_dimanche) November 1, 2017

パパ活女子とか怖過ぎるわ!!平気でやってる女子怖いわ!!身近にもいるんかな?#ねほりんぱほりん

— maru (@maruvivid) November 1, 2017

パパ活について、一時期(自分がしたいとかでなく)単純に興味があって、Twitterでパパ活女子のアカウントを見まくってた時期があるので、つい…すみません。

— NAE@コスメ垢 (@nae_cb) November 1, 2017

 

■年齢差のあるカップル

しらべぇ編集部が、全国の10代〜50代の男女314名に「20歳の年齢差カップル」について調査を行ったところ、53%が「ありだと思う」と回答。

マナミさんもパパ活を続ける中で、「年下の大学生の彼氏よりも、話を聞いてくれる年上のパパに依存している」と話す。今や、パパ活からこういった年齢差の「本物のカップル」が誕生しているのかもしれない。

・合わせて読みたい→「ナンパ教室」に通う男の闇が深すぎると話題 南キャン・山里も共感?

(文/しらべぇ編集部・綿つゆ子

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「マインドソナー」調査期間:2016年2月1日~2016年2月4日対象:全国10代〜50代男女314名(有効回答数)

タモリ「もう一回来てもいい」と感激 『ブラタモリ』立山の神秘と謎に迫る

(画像は『ブラタモリ』公式サイトのスクリーンショット)

各地をブラブラ歩き、知られざる町の歴史や人々の暮らしに迫る番組『ブラタモリ』(NHK)。10月21日に放送された第88回の舞台は、富山県の立山だ。

観光シーズンは、4月~11月とされている立山。観光客は毎年100万人だそう。古くからとくに山岳信仰の強い「日本三霊山」の一つでもある「神秘の山」。

今回の放送では、そんな立山の神秘が解き明かされた。

 

■神秘的な地形の秘密とは

スタート地点は立山の中腹で、観光地となっている室堂平。これまでに各地を訪れてきたタモリだが、番組の冒頭では「立山は興味がある」と語る。

タモリ一行は早速「室堂平」のシンボルでもある、ミクリガ池に注目。太古に、水蒸気爆発と言われる噴火によりできた池だ。

立山には、火山の恩恵が受けられる温泉が存在。タモリ一行は、標高が一番高い場所にあるこの温泉を訪れ、火山活動の活発な谷「地獄谷」を眺めた。

 

■北アルプスの誕生に迫る

地形の次には、北アルプスの山々の誕生に迫った。北アルプスの名づけ親は、明治時代、政府に招へいされた登山好きの化学者で、立山を見た際に「スイスのアルプスによく似ている」と、北アルプスとの名称がつけられたという。

なお立山連邦には、現在も20メートル以上の積雪になる場所があるとされており、そんな立山には日本で唯一、氷河が存在している。

番組では、タモリが採取された氷河の一部と初対面し、昔の空気が弾け出す音を楽しむシーンも見られた。

タモリ「もう一回来てもいい」と感激 『ブラタモリ』立山の神秘と謎に迫る

(画像は『ブラタモリ』公式サイトのスクリーンショット)

各地をブラブラ歩き、知られざる町の歴史や人々の暮らしに迫る番組『ブラタモリ』(NHK)。10月21日に放送された第88回の舞台は、富山県の立山だ。

観光シーズンは、4月~11月とされている立山。観光客は毎年100万人だそう。古くからとくに山岳信仰の強い「日本三霊山」の一つでもある「神秘の山」。

今回の放送では、そんな立山の神秘が解き明かされた。

 

■神秘的な地形の秘密とは

スタート地点は立山の中腹で、観光地となっている室堂平。これまでに各地を訪れてきたタモリだが、番組の冒頭では「立山は興味がある」と語る。

タモリ一行は早速「室堂平」のシンボルでもある、ミクリガ池に注目。太古に、水蒸気爆発と言われる噴火によりできた池だ。

立山には、火山の恩恵が受けられる温泉が存在。タモリ一行は、標高が一番高い場所にあるこの温泉を訪れ、火山活動の活発な谷「地獄谷」を眺めた。

 

■北アルプスの誕生に迫る

地形の次には、北アルプスの山々の誕生に迫った。北アルプスの名づけ親は、明治時代、政府に招へいされた登山好きの化学者で、立山を見た際に「スイスのアルプスによく似ている」と、北アルプスとの名称がつけられたという。

なお立山連邦には、現在も20メートル以上の積雪になる場所があるとされており、そんな立山には日本で唯一、氷河が存在している。

番組では、タモリが採取された氷河の一部と初対面し、昔の空気が弾け出す音を楽しむシーンも見られた。