NMB48

NMB48・山本彩、ソロツアー初日を広島で開催 ドリカム楽曲のサプライズも

©NMB48

NMB48の山本彩が20日に全国7都市8公演ツアー『山本彩LIVE TOUR 2017~identity~』の初日公演を広島文化学園HBGホールでスタートし、しらべぇ取材班も訪れた。

広島から幕を開けたツアーは、最新アルバム『identity』からの楽曲を中心に構成し、NMB48での活動とは異なるソロアーティスト・山本彩の世界観をたっぷり届ける密度の濃いライブとなった。

 

■広島の街は広島カープ一色で驚いた

©NMB48

広島には前日に来たという山本は、「今クライマックスシリーズの真っ最中ですけど、広島はカープですごい盛り上がっていますね。広島に着いたらカープのユニフォーム姿の人が多くてビックリしました。街もカープ色ですごく熱を感じました。私は阪神ファンなんですけど」

と広島の熱に触発された様子だった。

 

■山本が作詞作曲の楽曲を披露

ライブは「初日、皆さん声を出していきましょう」の山本の号令とともにスタート。オープニング曲は『JOKER』。

最新アルバムの1曲目に収録されている楽曲であり、自らが作詞作曲を手掛けたパワフルソングである。

ここから『レインボーローズ』『どうしてどうして』と続き、楽曲ごとにギターを持ち替えながら、パワフルに歌い上げる曲からしっとり聴かせるバラードまで、山本の表現力を持ってしてファンをあっという間に魅了していった。

今回のライブでは、NMB48の楽曲は一切無く、山本が自ら作詞作曲した楽曲やこれまで縁の無かったアーティストから提供された楽曲を中心の構成になっている。

元NMB48須藤凛々花が「人妻女子高生」になることを報告 「学割の人妻です」

お騒がせアイドルとして話題の元NMB48の須藤凛々花。『第9回AKB選抜総選挙』での「結婚発言」には多くの人が驚き、炎上騒ぎに。

最近ではドイツでNBAを取得したい、哲学者になりたいなど勉学に励みたいことを主張し、再び注目を浴びている彼女。17に放送の『矢口真里の火曜The  NIGHT』(AbemaTV)の発言がまたまた話題になっている。

 

■番組内で高校再入学を報告

番組にゲストとして生出演した須藤は「高校に再入学する」というビッグニュースを報告。

その理由について「大阪に行くと同時に転学したんですけど、単位が体育の実技だけ足りなくて、保留していた」と説明し、「大学に行きたいので(高校に)入学しました」と語った須藤。現在は体育だけ授業を受けに行っているという。

高校生活は楽しいようで「学割の人妻です」と嬉しそうに話す姿も見られた。

 

■「人妻の女子高生」に反応するネット民

須藤の報告に、ネット民からはさまざまな声がみられた。

・人妻の女子高生…

 

・こういう生き方の多様化もありじゃない

 

・結婚してないんやったら学割の人妻ちゃうやん

 

・矢口真里の再来だ

 

「人妻の女子高生」というワードに多くの人が反応したようだ。しかし須藤はまだ籍を入れていないため、人妻ではないだろうと疑問の声も。

また、お騒がせ元アイドルとして共通している矢口と須藤が番組内で共演している姿を目にし、「似た者同士」「矢口真里の再来」といった意見もみられた。そして、高校をしっかり卒業出来なかった後悔を、こうしてまた挑戦することをプラスに捉え、彼女を応援する声もあがっていた。

 

■歳を重ねるほど、勉強すれば良かったと後悔

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,378名に「勉強」について調査したところ、4割近くが「受験勉強が終わっても勉強しておくべきだった」と回答。

歳を重ねるほど、勉強への後悔は強くなるようだ。最近では女優・真矢ミキも高校卒業資格を取得したと喜びを語り、話題になった。

 

発言が物議を呼ぶ須藤。しかし、前向きに人生を謳歌している姿には、感心させられるものがあるのかもしれない。

・合わせて読みたい→元NMB48須藤凛々花、「アイドルはやっぱ営業」発言に非難殺到

(文/しらべぇ編集部・ガガ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日対象:全国20~60代の男女1378名(有効回答数)

NMB48矢倉楓子、まさかの卒業発表 『矢楓(ヤフー)ニュース』にファン衝撃

(©NMB48)

NMB48が7周年を迎え、結成7周年記念コンサート『NMB48 ARENA TOUR 2017 』初日公演が11日に大阪城ホールで開催された。

今回のアニバーサリーコンサートは、9月20日に横浜アリーナを皮切りに始まったツアー。また、NMB48の地元大坂がツアーの最後の地ということもあり、2公演をすることに。

その1日目に、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

■もしかして「ふうさえ」で歌うのはこれが最後?

幕が開くとヤンキースタイルのメンバーが登場し、『バンキッシュ』『マジジョテッペンブルース』というイケイケの曲からコンサートはスタート。

さらに各チームのオリジナル楽曲、同期によるユニット曲、まさかの吉田朱里による『わるきー』、『AKB48グループユニットじゃんけん大会』で準優勝になった矢倉楓子と村瀬紗英が組んだ「ふうさえ」で『春が来るまで』などバラエティに富んだ内容で集まったファンを喜ばせてくれた。

 

■「ちょっと待った!」の一言で場内は騒然

アンコールは『僕らのユリイカ』『難波愛』『三日月の背中』『青春のラップタイム』を歌い上げ大きな盛り上がりを見せたところで終りを告げようとした。

そこで最後の挨拶をしているところ矢倉楓子が「ちょっと待った」と挨拶を静止させて「NMB48を卒業します」と切り出す。

矢倉は、「今こうしていられるのもメンバーや応援してくださっている皆さんのおかげだと思っています。3月まではいると思うので、最後までNMB48のメンバーとして、グループを盛り上げていきたいと思っていますので、皆さん最後までよろしくお願いします」と卒業発表をした。

元NMB48・山田菜々が「ブス扱い」に不満 「美人ではない」と厳しい声も

©AbemaTV

自分では美人と思っていても、周りから「ブス」と言われたことで容姿を自覚する人は少なくない。

2日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で元・NMB48の山田菜々(25)が明かした、ブス扱いされたエピソードが話題になっている。

 

■マネージャーからブス扱いの山田

番組に出演した山田に、MCのおぎやはぎは「かわいいよね」とコメント。

しかし、ブスを自覚する「ブス枠」の女性たちは「まぁまぁ」「ボチボチ」と厳しい評価が。「私たちに感謝してほしい。山田だけを見ても『美人』とはならない」と、引き立て役がいるからこそ美人に見えると主張した。

山田は自分の容姿について「ブスだとは思っていなかった」と自信満々な様子。しかし、2年半前にNMB48を卒業してからは周りの態度も変わったようで、「マネージャーからすごいブスと言われる」と悩みを明かした。

 

■ブス枠女性からもバッサリ

また、「泊まりにきたブス」というトークテーマでは、矢作兼(46)から「ブスとか泊まりに来るの?」と聞かれた山田は「(ブスは)来ないです。家に上げない」とバッサリ。

ブス枠の女性からは「ひどい」と声があがるも、山田は「リアルな話、ブスの友達がいないんですよ」と発言。「類は友を呼ぶ」と、自分が美人だから友人も美人だと主張した。

しかし、ブス枠の女性からは「山田さんがブスって可能性ありません? 自分が一番下だから気付いていない」と猛反論が。この意見を聞いた山田は「じゃあ友達になりません?」とブス枠の女性に訴えるも、「なりません」と否定され、スタジオは笑いに包まれた。

 

■ブスを自覚している女性は約半数

自らの容姿に自信満々な山田だが、周りからは厳しい声が相次いでいた。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性702名に「自分の容姿」について調査したところ、「ブスだと思う」と自覚しているのはおよそ半数との結果に。

半数以上は自らをブスだとは思っていないようだ。もしかすると、山田のように自らのルックスには自信がありながらも、周りからは否定的な目で見られている女性も多いのかもしれない。

 

けっしてブスではないし、かといって絶賛するほど美人でもないと評判の山田。バラエティ番組でも活躍している要因のひとつは、彼女のこうした「イジりやすさ」なのかも。

・合わせて読みたい→天木じゅん、ブス扱いされ号泣した過去を告白 母に泣きついた結果…

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日対象:全国20~60代の男女1413名(有効回答数)

「NMB48の問題児」木下百花が卒業ライブ サプライズで山本彩も登場

NMB48の木下百花が、27日にNMB48劇場で卒業公演を行った。木下は2010年に1期生としてNMB48に加入。アニメや漫画好きであり、過激な発言も容赦なく連発することも。

さらに髪色も金、銀、赤、青と変える従来のアイドルでは考えられないキャラだったが、そのスタイルに憧れる女性も目立つ。そんな独自のスタイルを貫いて、卒業公演を迎えることになった。

 

■木下ファンの大半は女性?

最後のステージということで、木下ファンを中心に劇場には多くのファンが集まったが、劇場の半分近くが女性。これまでのアイドルのライブではありえないと思える光景が広がった。

最終公演の演目は、『アイドルの夜明け』。木下にとってもファンにとっても慣れ親しんだ公演なので楽しいのは間違いないが、時間が経てば経つほど木下とのお別れの時間が近づく。

おそらく大半のファンがそんな気持ちで観ていたことだろう。

 

■最後はサプライズで山本彩が出演 

あっという間の2時間が経ってしまい最後の曲となったところで、公演は終了。そこで木下は、かつて自身がプロデュースしたボーイズラブを題材にした芝居の百合劇場を上演することに。

サプライズで山本彩・三田麻央・太田夢莉が出演し、木下の門出を祝う形で寸劇を披露。「最後に普通に曲をやっても面白くないでしょ」と木下は説明し、アイドル人生の最後を終えた。

NMB48卒業の木下百花 横浜アリーナでのコンサートでさや姉とキス

((C)NMB48)

20日『NMB48 ARENA TOUR 2017』が横浜アリーナで初日を迎え、しらべぇ取材班も会場に潜入。

これまで全国でライブを行なってきたNMB48だが、関東での開催は2年半ぶりであり、横浜アリーナはNMB48にとって初めての会場だ。

 

■オープニングをやり直しまくり

オープニングは、メンバー全員がヤンキースタイルで登場。ノリノリで『バンキッシュ』『マジジョテッペンブルース』を披露し、場内は最初から大盛り上がり。

しかし、白間美瑠が「こんなの嫌だ。もっとアイドルらしいかわいいのがいい」と、まさかのオープニングのやり直し。

今度は、かわいらしさ全開のアイドルソング『なめくじハート』で再スタート…と思いきや、今度はフリフリの衣装を着た木下百花が「キツイよこれ。NMBって下品じゃないですか。もっとNMBらしさを届けたいからもう一度やり直していいですか?」と客席に再度アピール。

NMB48のヒット曲『ナギイチ』のイントロが流れ、それを聞いた木下が「これこそがNMBだぜ!」と喜んび、ようやくライブのスタートとなった。

 

■山本彩と『ももきー』を熱唱

((C)NMB48)

9月27日に、NMB48を卒業することが決まっている木下にとって、まだ活動期間は残されているものの、大規模会場でのコンサート出演はこの日が最後。木下のテンションはいつも以上に高く、メンバーも一緒に木下ワールドをしっかり楽しんでいる様子が伺えた。

1期生で、同期の山本彩がギターを持ってひとりでステージに登場すると、「大きいステージで一緒に歌えるのが最後なので、2人で相談して決めました。私がギターを弾きながら2人で歌います」と紹介。

しっかり聴かせてくれる曲を歌うのかと思いきや、卒業生の渡辺美優紀が歌ったかわいい小悪魔系ソング、『わるきー』ならぬ『ももきー』だった。木下はピンクのミニスカートという、普段のキャラとは想像もできないような格好で登場。

かわいい歌なのに、そこで木下と山本が2人でヘッドバンキング――という、想像すらできない演出でファンを魅了してくれた。

 

■YouTuber・ヒカキンも登場

((C)NMB48)

NMB48には吉田朱里を筆頭にYouTuberが多く、YouTube談義をしているところにサプライズゲストとして、カリスマYouTuber・ヒカキンが登場。

すごい熱気の会場を見たヒカキンは、「過呼吸気味になってしまいましたよ」とコメント。さらに、女子力動画で一躍人気となった吉田に対し、「こんなすごいライブと両立して、動画を編集してアップして、本当に鉄人だと思います」と絶賛した。

元NMB48須藤凛々花、「アイドルはやっぱ営業」発言に非難殺到

6月17日に行われた『第9回AKB選抜総選挙』で「結婚宣言」をして物議をかもした元・NMB48の須藤凛々花(20)。

14日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、結婚宣言をした理由を告白。その理由が話題を呼んでいる。

 

■禁断の恋は2年前から

相手男性とは2年前に母親の誕生日パーティーで知り合ったという須藤。「私が一方的に好きになって。AKBは片思いはOKということになっていたので、毎日相性占いをしたりして…1年間温めて」と、淡い恋心をもっていたよう。

しかしその後「そのあと連絡先を交換して、いろいろ会ったりドライブしたりして…」と、禁断の恋が育まれていったそう。

MCのダウンタウン・浜田雅功(54)は「その間ずっとファンはお前を応援してたんや!」と熱のあるコメントをした。

 

■アイドルはやっぱり「営業」

総選挙での結婚宣言について、「ファンのことは考えていなかったんですか?」という質問がされると、「アイドルとしても、自分の恋も両方諦められなかった」と語る須藤。

さらに「やっぱりアイドルとして選挙に出るのは大事なことなので『投票してください』っていうのも大事な仕事」と語り、アイドルとしてのあり方を述べた。

しかし、その後「(アイドルの仕事は)やっぱ営業じゃないですか」と現実味ある理由を語ると、「言葉悪いなオイ」とツッコミが入り、スタジオは笑いに包まれた。