Rhizomatiks

ライゾマティクスリサーチが「機械とテックによる表現」に託すもの:CeBIT 2017バックステージレポート #3

人間の生活とテックの融合を、日本はどう提示するのか? 日本を代表するクリエイターたちが参加し、2017年3月の「CeBIT」(ドイツ・ハノーヴァー)前夜祭で繰り広げられたパフォーマンスのバックステージ・ストーリー。全3回の連載最終回は、真鍋大度、石橋素、花井裕也、柳澤知明らテクノロジストたちの言葉を紹介する。

ライゾマティクスリサーチが「機械とテックによる表現」に託すもの:CeBIT 2017バックステージレポート #3

人間の生活とテックの融合を、日本はどう提示するのか? 日本を代表するクリエイターたちが参加し、2017年3月の「CeBIT」(ドイツ・ハノーヴァー)前夜祭で繰り広げられたパフォーマンスのバックステージ・ストーリー。全3回の連載最終回は、真鍋大度、石橋素、花井裕也、柳澤知明らテクノロジストたちの言葉を紹介する。

MIKIKOが振り付けた機械と、森山未來は「息」を合わせた:CeBIT 2017バックステージレポート #2

人間の生活とテックとの融合を、日本はどう提示するのか? 日本を代表するクリエイターたちが参加し、2017年3月の「CeBIT」(ドイツ・ハノーヴァー)前夜祭で繰り広げられたパフォーマンスのバックステージ・ストーリー。連載第2回は、パフォーマーとして参加した森山未來と演出・振り付けを担当したMIKIKOの言葉から紐解く。

いまそこにある「機械と人との共生」を、菅野薫たちはどう描こうとしたのか:CeBIT 2017バックステージレポート #1

人間の生活とテックの融合を、日本はどう提示するのか? 日本を代表するクリエイターたちが参加し、2017年3月の「CeBIT」(ドイツ・ハノーヴァー)前夜祭で繰り広げられたパフォーマンスのバックステージ・ストーリーを、全3回の短期連載でお届けする。