Robotics

その相撲ゲームの人工知能は、「10億回もの対戦」を通じて自らルールを学習する

イーロン・マスクも創設に関わった非営利団体OpenAIは、人工知能が相撲の試合を10億回近く繰り返すことで自力で動きを進化していくコンピューターゲーム「RoboSumo」を製作した。ゲームのルールを知らない人工知能が独力で相撲をマスターするプロセスは、ほかの分野でも応用できる可能性がある。

マグロにまつわる新発見と、その先に広がるロボティクスの可能性

魚類きっての高速スイマーであるマグロには、これまで知られていなかった「水力学システム」があることがわかった。体勢の安定や俊敏な方向転換に役立つヒレの制御方法で、水中ロボットへの応用も期待されている。