SBI証券

仮想通貨の関連業務検討 ゴールドマン 売買仲介や情報提供 仮想通貨関連銘柄をご紹介

仮想通貨の関連業務検討 ゴールドマン 売買仲介や情報提供

(写真=Thinkstock/GettyImages)

米金融大手ゴールドマン・サックスは、ビットコインなど仮想通貨の関連業務への参入を検討するとの記事に注目です。ほぼ連日、仮想通貨関連の記事が掲載されていますが、とうとうゴールドマン・サックスまで参入するようです。まだしばらく仮想通貨のバブルが続きそうです。9月29日、金融庁が審査を通過した11社を「仮想通貨交換業」として登録したと発表しています。この11社に関連する上場企業が仮想通貨関連として注目されそうです。

◆ULSグループ <3798> 1,735円

◆リミックスポイント <3825> 1,111円

◆マネーパートナーズグループ <8732> 482円

◆セレス <3696> 1,306円

相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

アサツーDK、ベインがTOB 売却代金の行方は?

◆電通 <4324> 4,940円 始値4,955高値4,980安値4,925終値4,940前日比ー出来高1,220,200

◆博報堂DYホールディングス <2433> 1,476円 始値1,492高値1,501安値1,483終値1,493前日比+17出来高889,500

◆サイバーエージェント <4751> 3,290円 始値3,325高値3,390安値3,315終値3,370前日比+80出来高1,134,900

相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。 全市場新52週間高値334新52週間安値22

◆ULSグループ <3798> 1,735円 新高値更新 一気に大幅高となりました。

◆フィスコ <3807> 472円 新高値更新 ストップ高です。

藤本誠之 (ふじもと・のぶゆき) SBI証券 客員アナリスト

【関連記事 SBI証券より】 ・アサツーDK、ベインがTOB 売却代金の行方は? バイオ薬 原料生産 日本触媒、19年大阪に施設 目立たない記事ですが・・・ 建機出荷額、8月25%増 桶屋銘柄をご紹介 人手不足、対応策は? 「女性・シニア確保」4割 関連銘柄をご紹介 歌詞のない曲 初の商標登録世界的な有名企業に混じって・・・

アサツーDK、ベインがTOB 売却代金の行方は?

アサツーDK、ベインがTOB

(写真=Thinkstock/GettyImages)

アサツーディ・ケィ(ADK)は2日、筆頭株主の広告最大手、英WPPとの資本提携を解消すると発表したとの記事に注目です。米投資ファンドのベインキャピタルがADKへのTOB(株式公開買い付け)を実施し非上場にするそうです。

これにより、アサツーディ・ケィの既存株主は、売却代金を手にすることになります。アサツーディ・ケィの国内の広告売上シェアは3位ですが、この3位の企業が非上場になるので、その売却資金の一部は他の広告企業に流れる可能性がありそうです。

◆電通 <4324> 4,940円

◆博報堂DYホールディングス <2433> 1,476円

◆サイバーエージェント <4751> 3,290円

相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

バイオ薬 原料生産 日本触媒、19年大阪に施設 目立たない記事ですが・・・

◆日本触媒 <4114> 7,950円 始値8,030高値8,060安値7,960終値8,050前日比+100出来高219,300

相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。 全市場新52週間高値365新52週間安値13

◆スター・マイカ <3230> 1,770円 新高値更新 上値追いが続きます。

◆アイケイ <2722> 6,990円 新高値更新 堅調相場が続きます。

◆ハイアス・アンド・カンパニー <6192> 1,196円 新高値更新 連日の高値更新です。

藤本誠之 (ふじもと・のぶゆき) SBI証券 客員アナリスト

【関連記事 SBI証券より】 ・バイオ薬 原料生産 日本触媒、19年大阪に施設 目立たない記事ですが・・・ 建機出荷額、8月25%増 桶屋銘柄をご紹介 人手不足、対応策は? 「女性・シニア確保」4割 関連銘柄をご紹介 歌詞のない曲 初の商標登録世界的な有名企業に混じって・・・ 鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目

【特別編】「株のお姉さんの中小型株レポート」~中小型のテーマ株を探る?

「株のお姉さん」として株式市場を30年ウオッチしてきた雨宮京子が月一回程度、中小型株レポートをお届けします。中小型株の多くは将来、原石から光り輝く素晴らしいダイヤモンドに変わる可能性を秘めていると考えております。その昔、ソニー <6758> やホンダ <7267> も新興市場銘柄でした。そのような何かヒントになるレポートを簡単に分かりやすく解説したいと思います。

下期は中小型株が優位に?

(写真=PIXTA)

日経平均株価やTOPIXは年初来高値更新の水準に回復し、日経JQ平均株価も堅調で、バブル期以来27年ぶりの高値となり、時価総額も史上最高となっています。にもかかわらず、それほど高値警戒感がないのはなぜでしょうか。

それは、相場が過熱感や熱気を決して帯びている状況ではなく、もしかしたらあなたの保有している銘柄が上がっておらず、実感がわかないのかもしれませんね。「保有しているのが循環物色の中で蚊帳の外に置かれている銘柄」となっている可能性も考えておく必要がありそうです。

図1:日経平均株価~年初来高値を更新 図2:ジャスダック平均~高値を切り上げる展開

出番が回ってこない銘柄は、その後も長期間出番がないというケースは多く見受けられます。「テーマ性」が地合いにマッチして流れに乗りやすい銘柄か、好業績で出遅れているとみられる銘柄を探すのはどうでしょうか。テーマ株や好業績株なら循環物色の中で、出番が回ってくる可能性が十分あります。

そんな中で「株のお姉さん」の結論としては、「下期は景気動向に左右されにくいテーマ性の強い中小型株が優位」と予想します。北朝鮮問題は解決した訳ではないため、株式市場に重くのしかかるとみられるほか、総選挙の結果次第では、株式市場全体に影響が出てくる可能性もあります。

小池東京都知事が消費税引き上げ凍結を主張し始めたこともあり、野党が善戦する可能性も出てきたため、不透明感が漂っています。不透明感が強くなれば、主力大型株が下がってくる傾向があるため、下期は景気に業績が左右されにくく、テーマ性が強い中小型株に出番が回ってくる可能性があります。

次のページ中小型のテーマ株を探る

バイオ薬 原料生産 日本触媒、19年大阪に施設 目立たない記事ですが・・・

バイオ薬 原料生産 日本触媒、19年大阪に施設

(写真=Thinkstock/GettyImages)

日本触媒は2019年大阪府吹田市にバイオ医薬品の原料を量産する施設を設けるとの記事に注目です。バイオ医薬品は今後大きな成長が期待できるため、原料の需要が増大しそうです。目立たない記事ですが、株価には好影響となりそうです。

◆日本触媒 <4114> 7,950円

相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

建機出荷額、8月25%増 桶屋銘柄をご紹介

◆ヤマシンフィルタ <6240> 4,050円 始値4,000高値4,000安値3,900終値3,910前日比-140出来高401,900

◆日立建機 <6305> 3,380円 始値3,385.0高値3,385.0安値3,330.0終値3,335.0前日比-45.0出来高1,161,500

相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。 全市場新52週間高値289新52週間安値18

◆創通 <3711> 2,473円 新高値更新 一気に上抜けました。

◆ハイアス・アンド・カンパニー <6192> 1,179円 新高値更新 堅調相場が続きます。

藤本誠之 (ふじもと・のぶゆき) SBI証券 客員アナリスト

【関連記事 SBI証券より】 ・建機出荷額、8月25%増 桶屋銘柄をご紹介 人手不足、対応策は? 「女性・シニア確保」4割 関連銘柄をご紹介 歌詞のない曲 初の商標登録世界的な有名企業に混じって・・・ 鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目 eスポーツ 日本で始動 関連銘柄は・・・

建機出荷額、8月25%増 桶屋銘柄をご紹介

建機出荷額、8月25%増

(写真=Thinkstock/GettyImages)

日本建設機械工業会は28日、8月の建設機械出荷額が前年同月比25%増の1889億円だったと発表したとの記事に注目です。輸出は39.1%増と10ヵ月連続で増え、全体をけん引しています。

特にアジアへの機械本体の出荷額は63.7%増と7月(80.7%増)に続き好調だったそうです。この記事からは、日立建機 (6305)などの建設機械メーカーが注目されますが、桶屋銘柄としては、建機用フィルターで世界トップシェアのヤマシンフィルタ <6240> が考えられます。

◆ヤマシンフィルタ <6240> 4,050 円

日立建機 (6305) 3,380 円

相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

人手不足、対応策は? 「女性・シニア確保」4割 関連銘柄をご紹介

◆キャリア <6198> 3,890 円 始値3,900高値3,945安値3,870終値3,880前日比-10出来高11,600

◆MS-Japan <6539> 3,780円 始値3,820高値3,930安値3,790終値3,880前日比+100出来高58,800

相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。 全市場新52週間高値345新52週間安値31

◆PCIホールディングス <3918> 3,300 円 新高値更新 究極のセキュリティソフト関連銘柄、連日の高値更新です。

◆串カツ田中 <3547> 7,000円 新高値更新 堅調相場が続きます。

◆ヨシムラ・フード・ホールディングス (2884) 4,760円 新高値更新 大幅高です。

藤本誠之 (ふじもと・のぶゆき) SBI証券 客員アナリスト

【関連記事 SBI証券より】 ・人手不足、対応策は? 「女性・シニア確保」4割 関連銘柄をご紹介 歌詞のない曲 初の商標登録世界的な有名企業に混じって・・・ 鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目 eスポーツ 日本で始動 関連銘柄は・・・ 任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 任天堂の大株主は・・・

人手不足、対応策は? 「女性・シニア確保」4割 関連銘柄をご紹介

人手不足、対応策は? 「女性・シニア確保」4割

(写真=PIXTA)

地方企業が女性とシニアで人手を確保しようとしているとの記事に注目です。少子高齢化で元々に労働人口が減っているうえに、「働き方改革」で残業も減れば、人手不足になってしまいます。今まであまり働いてなかった女性やシニアで人手を確保する動きになるのは、必然のようです。女性・シニアに強みを持つ人材関連企業は、中・長期で大きな追い風となりそうです。

◆キャリア <6198> 3,890 円 シニア向けに強みを持ちます。

◆MS-Japan <6539> 3,780円 女性向けに注力しています。

相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

歌詞のない曲 初の商標登録世界的な有名企業に混じって・・・

相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。 全市場新52週間高値246新52週間安値16

◆PCIホールディングス <3918> 3,290 円 新高値更新 究極のセキュリティソフト関連銘柄

◆串カツ田中 <3547> 6,810 円 新高値更新 一気に上抜けました。

◆スター・マイカ <3230> 1,670円 新高値更新 こちらも一気に上抜けです。

藤本誠之 (ふじもと・のぶゆき) SBI証券 客員アナリスト

【関連記事 SBI証券より】 ・歌詞のない曲 初の商標登録世界的な有名企業に混じって・・・ 鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目 eスポーツ 日本で始動 関連銘柄は・・・ 任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 任天堂の大株主は・・・ 来月22日投開票 選挙関連銘柄に注目!

歌詞のない曲 初の商標登録世界的な有名企業に混じって・・・

歌詞のない曲 初の商標登録

(写真=Thinkstock/GettyImages)

特許庁は歌詞のない曲の商標登録を初めて認めるとの記事に注目です。大幸薬品と独BMW、米インテルの3社が出願していた曲を登録するそうです。CMなどで長年使われており、広く認知されていると判断しました。

今回注目したいのは、大幸薬品 <4574> です。トランペットで演奏するあのおなじみの曲「パッパラパッパ パッパラパッパ パーパラッパ パッパッパー パッパラパッパ パッパラパッパ パーパラッパッパー」が、世界的な有名企業に混じって登録されています。

あの曲は旧日本陸軍で使われていた「食事の信号ラッパ」というもののメロディだそうです。このニュースが様々なテレビニュースで流されれば、「正露丸」の良い宣伝になりそうです。

◆大幸薬品 <4574> 2,285 円

相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目

◆日鉄住金物産 <9810> 6,180 円 始値6,200高値6,300安値6,140終値6,170前日比-10出来高67,300

◆阪和興業 <8078> 788円 始値795高値797安値788終値790前日比+2出来高737,000

◆岡谷鋼機 <7485> 9,270 円 始値9,480高値9,480安値9,420終値9,420前日比+150出来高400

相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。

◆ハイアス・アンド・カンパニー <6192> 1,039 円 新高値更新 連日の高値更新です。

藤本誠之 (ふじもと・のぶゆき) SBI証券 客員アナリスト

【関連記事 SBI証券より】 ・鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目 eスポーツ 日本で始動 関連銘柄は・・・ 任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 任天堂の大株主は・・・ 来月22日投開票 選挙関連銘柄に注目! 首都圏マンション 6.9%増 首都圏に強みを持つ会社は・・・

鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目

鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目

(写真=Thinkstock/GettyImages)

今朝の日本経済新聞1面のトップ記事「鉄冷え 解消の兆し」に注目です。中国が鉄鋼の生産設備を廃棄し、輸出も3割減らしたそうです。中国からの安値輸出が減ると、鉄鋼価格は上昇し、国内の鉄鋼メーカーに追い風となります。また、半歩先読みすれば、鉄鋼関連商社にも追い風となりそうです。

◆日鉄住金物産 <9810> 6,180 円

◆阪和興業 <8078> 788円

◆岡谷鋼機 <7485> 9,270 円

相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

eスポーツ 日本で始動 関連銘柄は・・・

◆カヤック <3904> 1,391円 始値1,420高値1,420安値1,352終値1,360前日比-31出来高133,600

◆MCJ <6670> 1,230円 始値1,239高値1,239安値1,197終値1,205前日比-25出来高364,900

相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。 全市場新52週間高値149新52週間安値13

◆ソラスト <6197> 2,123 円 新高値更新 一気に上抜けてきました。

藤本誠之 (ふじもと・のぶゆき) SBI証券 客員アナリスト

【関連記事 SBI証券より】 ・eスポーツ 日本で始動 関連銘柄は・・・ 任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 任天堂の大株主は・・・ 来月22日投開票 選挙関連銘柄に注目! 首都圏マンション 6.9%増 首都圏に強みを持つ会社は・・・ 鴻海、南京にスマホ工場 設備投資関連銘柄に注目

鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目

鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目

(写真=Thinkstock/GettyImages)

今朝の日本経済新聞1面のトップ記事「鉄冷え 解消の兆し」に注目です。中国が鉄鋼の生産設備を廃棄し、輸出も3割減らしたそうです。中国からの安値輸出が減ると、鉄鋼価格は上昇し、国内の鉄鋼メーカーに追い風となります。また、半歩先読みすれば、鉄鋼関連商社にも追い風となりそうです。

◆日鉄住金物産 <9810> 6,180 円

◆阪和興業 <8078> 788円

◆岡谷鋼機 <7485> 9,270 円

相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

eスポーツ 日本で始動 関連銘柄は・・・

◆カヤック <3904> 1,391円 始値1,420高値1,420安値1,352終値1,360前日比-31出来高133,600

◆MCJ <6670> 1,230円 始値1,239高値1,239安値1,197終値1,205前日比-25出来高364,900

相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。 全市場新52週間高値149新52週間安値13

◆ソラスト <6197> 2,123 円 新高値更新 一気に上抜けてきました。

藤本誠之 (ふじもと・のぶゆき) SBI証券 客員アナリスト

【関連記事 SBI証券より】 ・eスポーツ 日本で始動 関連銘柄は・・・ 任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 任天堂の大株主は・・・ 来月22日投開票 選挙関連銘柄に注目! 首都圏マンション 6.9%増 首都圏に強みを持つ会社は・・・ 鴻海、南京にスマホ工場 設備投資関連銘柄に注目

総選挙実施濃厚!?どうなる株価、意外な関連銘柄も?

各種報道によると、安倍首相は9/28(木)に召集される臨時国会の冒頭にも衆議院を解散する意向を固めたとのことです。投開票が実施されるのは10/22(日)との見方が有力となっています。

そこで、今回は総選挙と株式市場の関係について調べてみることにしました。仮に総選挙が実施されることになった場合、株価はどうなるのでしょうか。また、総選挙の時期に上がりやすい銘柄はあるのでしょうか。

総選挙と日経平均の関係~解散から総選挙投開票の間は上昇の傾向

(写真=PIXTA)

各種報道によると、安倍首相は9/28(木)に召集される臨時国会の冒頭にも衆議院を解散する意向を固めたとのことです。投開票が実施されるのは10/22(日)との見方が有力となっています。仮に総選挙が実施されることになった場合、株価はどうなるのでしょうか。

図1は東証再開(1949年5月)以降に実施された総選挙と日経平均株価の関係を調べたものです。「解散から投開票まで」および「投開票後1ヵ月」という2つの期間について、日経平均株価の騰落率をグラフ化してみました。一番右側は、全23回の総選挙の平均をグラフ化しています。「解散から投開票まで」の期間は平均で1.9%、「投開票後1ヵ月」は同0.7%という結果になっています。なお、前者の期間について日経平均株価の勝敗は「23戦17勝6敗」となっています。

総選挙の時、株価は上昇しやすいと言えそうです。9/18(月)に「衆院選、10月下旬投開票」と報道(日経新聞)された直後の営業日(9/19)、日経平均株価は前日比389円超も上昇し、2万円の大台を回復しました。米国株の上昇に加え、総選挙実施が濃厚となったことで、株高期待が増幅された可能性もありそうです。

もっとも、過去23回の総選挙のなかで6回、「解散から投開票まで」の期間に日経平均株価が下がっているケースがあることも事実です。直近では、安倍首相が経済政策の継続を主張して実施した総選挙(2014/12/14)の際、株価は下落しています。今回も上記報道直後に大きく上昇してしまった分、「解散から投開票まで」の期間に反動が出やすくなる面もありそうです。

図1:総選挙と日経平均の関係

「衆議院」公表データ、Bloomberg等をもとにSBI証券が作成。縦軸は対象期間の日経平均騰落率(%)、横軸は東証再開以降の総選挙回次を示す。投票日株価は、当日が休日の場合は直後の営業日株価、また「投票後1ヵ月」は、投票日直後株価計測日から31日後(休日の場合は直後の営業日)における株価を使用。

総選挙の時に上がりやすい銘柄はあるのか?

株式市場では、いくつかの銘柄が「総選挙関連銘柄」と捉えられていることは確かです。その代表格は選挙案内用封筒を手掛けているイムラ封筒 <3955> や選挙システムを販売しているムサシ <7521> 、選挙出口調査システムを取り扱う福井コンピュータホールディングス <9790> などです。9/18(月)の報道を受け、イムラ封筒は9/19と9/20に2日連続のストップ高(図2)となり、ムサシと福井コンピュータホールディングスも9/19は大幅高になっています。

ただ、これらの銘柄は資金の出入りが激しく、短期間に織り込みが進んでしまう傾向があり要注意です。2014/11/21に解散となった前回の総選挙では、解散以降投開票(2014/12/14)までの株価はいずれも下落しています。

総選挙に関連する意外な銘柄で、まだ市場で話題になっていない銘柄はないのでしょうか。

そこで「日本株投資戦略」では過去5回の総選挙の時の株価について調べ、総選挙の時に上昇しやすい銘柄はあるのか、以下のスクリーニングを行うことで調べてみました。

(1)時価総額1千億円以上(9/20現在)の東証上場銘柄 (2)過去5回の総選挙で、解散以降投開票日(翌営業日)までの株価上昇率が平均で5%以上 (3)過去5回の総選挙すべてについて、解散以降投開票日までの株価が上昇

上記の全条件を満たした銘柄を(2)の株価上昇率が大きい順に並べたものが表1となります。業種的には特に建設機械が総じて上昇しやすいようです。また、広い意味では設備投資に関連した銘柄、企業間取引の形態を取っている企業が多いようです。選挙を通じ、公共投資や政府投資に対する期待が高まりやすいことが背景となっている可能性があります。

仮に総選挙が実施された場合、関連銘柄は?

報道等によると、安倍首相は消費増税(2019年10月予定)により見込まれる増収分5兆円超のうち、1兆円超を教育などの充実策に振り向ける検討に入った模様です。幼児教育の無償化や給付型奨学金への資金手当てなどが検討される可能性がありそうです。

もともと「子育て支援」は、経済や社会福祉と並びアベノミクス「新3本の矢」のひとつを形成している政策の「要」になっています。消費増税の増収分を財政再建以外の目的に使うことについては反発も予想されますが、少子高齢化の一因になっている人々の「将来に対する不安」を少なくする効果は期待できそうです。

表2では幼児教育関連銘柄および給付型奨学金に関係した銘柄を掲載しています。前者については、SBI証券のWEBサイトで株式検索窓に「幼児」と入力し、表示される銘柄となっています。また、後者については上場企業の中で奨学金管理システムに展開している企業をご紹介しています。

株式市場では、幼児教育関連銘柄としては、社名からも連想しやすいためか、幼児活動研究会 <2152> が注目されることが多いようです。また、表1に掲載した以外ではJPホールディングス <2749> が知られているようです。両社とも、9/18(月)の報道を受け、9/19(火)の株式市場では大幅高になっています。その他の銘柄では特に大きく動いた銘柄はないようですが、アイティフォー <4743> は同報道後やや堅調な動きになっています。

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

鈴木英之 SBI証券 投資調査部

【関連記事 SBI証券より】 ・10万円以下で買える「9月優待・好配当銘柄」はコレ!? 注目の投資指標「ROA」とは?「波乱相場に強い実力派銘柄」はコレ!? 10万円以下で買える好配当・来期増益予想銘柄はコレ!? 「株主優待の秋」到来!?投資家に人気の「9月優待銘柄」はコレ!? 「波乱相場」が買い好機につながり得る好業績銘柄はコレ!?