Sleep

「夢をコントロール」する有効な方法が判明:研究結果

夢であることを自覚しながら見る「明晰夢」は、その内容を思い通りに操れる可能性があるとされる。夢での“練習”による身体能力の向上や悪夢障害の治療などへの応用が見込まれる明晰夢を、トレーニングだけで見られるようにする有効な手法を、オーストラリアの研究者が見つけ出した。

慢性的な睡眠不足によって、脳は「自己破壊」する:研究結果

慢性的な睡眠不足が、脳内の「食作用」を担う細胞を活性化させ、シナプスの分解を促進させる、という研究結果が発表された。さらに睡眠不足は、アルツハイマー病などの神経変性疾患を引き起こすリスクも高くする可能性があるという。