Smart Home

“ソニー流スマートホーム”は、関係性が「溶けて」いく

少し先、あるいはかなり先の「わくわくするリアル」を生み出すべく、ソニークリエイティブセンターは、さまざまなカタチ、関係性、感情、思考、行動…等々を見つめ直し、“モノ”や“コト”に溶け込ませていく活動を(人知れず)行っている。その一端をうかがい知ることで見えてくるのは、「未来は、思ってた以上に未来かも!」という事実だ。今回開示された「ソニー流のスマートホームインタラクションのあり方を探る活動」は、いかなる未来を示唆しているのか?

イケアは「スマートホームの未来」を制するか──音声操作できるシンプルな照明に、その底力を見た

イケアがLED照明「TRÅDFRI」シリーズを、スマホからの操作に加えて音声アシスタントにも対応させる。安価でシンプルという自社商品の特性を生かして市場に乗り込んだ「世界一の家具屋」は、スマートホームが普及する未来における“本命”の一角になる可能性を秘めている。