米国ではソーラーパネルの設置コストが大幅に下落した結果、エネルギー省が2020年に設定していた目標が予定より3年早く達成された。一方、米国のパネルメーカーは、コスト増につながる関税の強化を求めている。