今年5月、国際宇宙センター(ISS)のペギー・ウィットソン船長は緊急で船外活動を行った。もともと2016年にミッションを追えるはずだったISSでは部品の老朽化が進んでおり、今後もこうした修理活動が増えることは必至だ。