Spiderman

ハリウッドで「女性監督の登用」が進まないワケ──『スパイダーマン』新作の快進撃で浮き彫りに

マーベルの新作『スパイダーマン:ホームカミング』のように、実績の少ないインディーズ監督が大作に抜擢されて大当たりすることが、最近のハリウッドで増えている。一方、そこに女性監督の登用が極めて少ないことから、ハリウッドにおける女性監督に対する“不当な扱い”という問題が浮き彫りになってきた。