2017年7月に行われた『WIRED』日本版と『COTAS』共同主催によるミュージシャン・tofubeatsと弊誌編集長・若林恵のトークイヴェント「ポスト・トゥルース時代のトーフビーツ(仮)」。インターネットカルチャーの象徴として活躍してきた若き音楽家は「ポスト・トゥルース」時代に何を思うのか?『COTAS』で前編が公開中のレポート記事のなかから、tofubeatsの思想が垣間見える発言をピックアップしてご紹介(後編は8月31日公開予定)。