Transportation

テスラが発表した電動トラックは、イーロン・マスクにとって「大きな賭け」になる

テスラがトレーラーを牽引するための電動トラックを発表した。お得意の自動運転技術や安全装備、そして例によって巨大なスクリーンを運転席に備えた「テスラ セミ」は、その強大なパワーで運送業界を変えられるのか。その全貌に迫った。

クルマ社会に革新をもたらす10の「注目スタートアップ」、LAモーターショーで選出

ロサンゼルスモーターショーの開幕を飾るイヴェント「オートモビリティLA」に向け、自動車産業にまつわる数百社のスタートアップのなかから期待の10社がファイナリストとして選ばれた。センサーの開発を行うものからライドシェアサーヴィスを提供するものまで種類はさまざま。これら10社の活動を見れば、自動車の未来が見えてくる。

テスラ、新型「ロードスター」を発表──イーロン・マスクが考える「次世代スポーツカー」の姿が明らかに

テスラが電気自動車(EV)のスポーツカー「ロードスター」の新型を発表した。イーロン・マスクによると「ものすごい」スペックで、なんと平均的なF1カーよりも速いのだという。それでいて実用性も兼ね備えたというスーパースポーツEVの姿に迫った。

GMは「低コストなLiDAR」のスタートアップを買収し、自動運転の「重要なピース」を手に入れた

ゼネラルモーターズ(GM)が、自律走行車の実現に必要不可欠なLiDARセンサーを開発するスタートアップ、Strobeを買収した。LiDERは高コストであるとしてイーロン・マスクに批判されてきた技術だが、同社は大幅なコスト削減に成功したのだという。この買収は、自律走行車の勢力図にどう影響するのか。

ボルボは電気自動車の新ブランド「ポールスター」で、テスラを追いかける

ボルボが高性能な電気自動車の新ブランドとして「ポールスター」を立ち上げた。テスラのライヴァルとなる可能性が高い同ブランドの新モデルは19年に生産開始予定だが、どこまで市場に食い込めるか。ボルボは、ある“秘策”も用意しているのだという。