爆弾処理ロボットが地球上で稼働し始めてからずいぶんと経つが、いまでは仮想現実(VR)によって「その場にいる感覚」で操作できるようになった。こうした新しいインターフェースからは、人間とロボットの「新しい関係」も垣間見える。