VR

Hカップ鈴木ふみ奈が初めてのVRに挑戦 「観るときは周りに気をつけて」

Hカップのバストにむっちりとした肉感ボディのグラビアアイドル・鈴木ふみ奈ちゃんが、VRコンテンツ『トキメキメテオ 3DVR・ゴーグル付き 鈴木ふみ奈』をリリース。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントに、しらべぇ取材班も突撃した。

 

■VRの世界からキミを応援に

映像作品としては23作目、初のVRコンテンツとなる今作は、6月に都内のスタジオ内で撮影されたもの。

封入されているシリアルコードから映像をダウンロードする方式で、架空の空間「トキメキメテオ」の住人であるふみ奈ちゃんとマスコットキャラのカミナリコゾウ君が視聴者を応援しにくるというストーリーがVRで楽しめる。

 

■リアリティがすごいので気をつけて

「VRでまず最初にすごいなと思ったのは、等身大の自分が目の前にいる感覚に本当になるんですよ。ベッドに寝転がったりしてるんですけど、本当に目の前に横たわってるんじゃないかっていうか距離感と、自分自身が目の前にいてちょっと気持ち悪いなって思うくらいのリアリティがすごくて、ここに手を伸ばしたら触れるんじゃないかっていう感覚になりますね」

と、VRへの驚きを語ったふみ奈ちゃん。「ゴーグルを付けていると周りとの接触が断ち切られるので、ホント付ける時は気をつけて下さい(笑)」と笑った。

業界初の「VR専属セクシー女優」が誕生 香坂紗梨「私でVRデビューして!」

VR(仮想現実)技術を使った映像が、さまざまなジャンルで注目を集めているが、AVの世界はもっとも普及が進んでいるひとつかもしれない。

そんな中、大手メーカーSOD社より、「VR専属」をうたった新人女優がデビューすると聞き、しらべぇでも取材に訪れた。

 

■VRのスゴさを体験したから…

香坂紗梨ちゃんは、Hカップのダイナマイトボディが魅力の19歳。ふつうに売り出しても一流のセクシー女優として活躍できそうだが、あえて「一般作品には出ず、VRだけ」と絞ったのはなぜなのだろうか?

香坂:デビューの前にVR作品を見て、びっくりしたんです。女優さんが本当に目の前にいるみたいだし、触れちゃう、掴めちゃうんじゃないか…と思うくらい。音もすごくて、耳元で囁かれているように感じました。

 

「VR専属女優」って業界初みたいなんですけど、「新しくて面白いな」って思いました。「私はVRでしか見られないわよ」っていうのが(笑)

 

■元々セクシー女優が好きだった

デビュー前からVR作品に触れていたという紗梨ちゃん。きっかけは、セクシー女優への憧れだったという。

香坂:最近のセクシー女優さんは、かわいくて綺麗な方が多いですよね。「かわいいな」と思って憧れながら、最初はツイッターを見ていたりして、そこからAVも見るようになりました。友達と一緒にも、ひとりでも見ますね。

 

しらべぇでもコラムを連載していた成瀬心美ちゃんが、すごく好き。ここみんはツイッターが面白くて、女性ファンも多いんですよ。私は、自分で応募してデビューしたんですけど、きっかけは好奇心と「自分でもやってみたい」って思ったから。

あの子が目の前に… 『ラブプラスEVERY』のVR体験がヤバすぎた

千葉・幕張メッセで9月21日から24日まで開催されている「東京ゲームショウ2017」では、例年と比較してVR(仮想現実)・AR(拡張現実)コンテンツの出展が増加。

メーカー、ユーザーともに注目を集めている。そんな今回のゲームショウの目玉とも言えるVRコンテンツ『ラブプラスEVERY』のVR体験に、しらべぇ取材班も突撃した

 

■仮想空間でデート!?

ラブプラスシリーズの新作『ラブプラスEVERY』はiOSとAndroid向けゲーム。

もともとはニンテンドーDS向けに発売されたソフトで、登場する3人のヒロインと恋人同士になり、相思相愛の親密な関係を楽しめる…らしい。

そんな予備知識程度でしかラブプラスを知らない記者。もちろん3人の彼氏になった経験はナシ。しかしこの長蛇の列&今回のTGSの花形コンテンツと聞いては試さずにはいられない!

 

■決して怪しいお店ではない!

ご覧の通りブースの中は学校をモチーフとしており、外から完全に隔離された個室の中で、集中してVR体験できる。

なんだか夜のお店みたいとか思った人は、廊下に立ってなさい。

あの子が目の前に… 『ラブプラスEVERY』のVR体験がヤバすぎた

千葉・幕張メッセで9月21日から24日まで開催されている「東京ゲームショウ2017」では、例年と比較してVR(仮想現実)・AR(拡張現実)コンテンツの出展が増加。

メーカー、ユーザーともに注目を集めている。そんな今回のゲームショウの目玉とも言えるVRコンテンツ『ラブプラスEVERY』のVR体験に、しらべぇ取材班も突撃した

 

■仮想空間でデート!?

ラブプラスシリーズの新作『ラブプラスEVERY』はiOSとAndroid向けゲーム。

もともとはニンテンドーDS向けに発売されたソフトで、登場する3人のヒロインと恋人同士になり、相思相愛の親密な関係を楽しめる…らしい。

そんな予備知識程度でしかラブプラスを知らない記者。もちろん3人の彼氏になった経験はナシ。しかしこの長蛇の列&今回のTGSの花形コンテンツと聞いては試さずにはいられない!

 

■決して怪しいお店ではない!

ご覧の通りブースの中は学校をモチーフとしており、外から完全に隔離された個室の中で、集中してVR体験できる。

なんだか夜のお店みたいとか思った人は、廊下に立ってなさい。

お酒好きグラドル・中村静香 事務所後輩の武井咲の結婚を祝福

グラビアのみならず、お酒が大好きタレントとしても注目の中村静香が、VR映像と写真集が合体したムック『ナカムラシズカ』(徳間書店)を発売。

その記念イベントが、10日に高田馬場・芳林堂書店で行われ、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

■業界初に挑戦

今作は付属のゴーグルを使ってスマホで観られるVR映像と撮り下ろしの写真集が合体した作品で、今までなかったリアル感が楽しめる。

「『VR+ムック本』というオールインワンのセットになって発売されるのが、業界初みたい。その第一人者という責任感がありますね。これまで40枚近くDVDを出してきているので、培われたことのすべてを詰め込みました」

 

と自信を見せた。

 

■ベロベロに酔っ払って電柱につかまる

お気に入りのシーンについては、

「みんなで夜ご飯を食べた後に撮ったカットで、電柱につかまってベロベロに酔っ払っている写真なんですよ。スタッフみんなお酒が大好きで、カメラマンさんもベロベロで、居酒屋を出たすぐ側の道で撮りました。

 

作った笑顔じゃなくて自然に出た笑顔なので、自然に出た笑顔は最強。いい笑顔をしているので、きっといい酒だったんだと思います」

 

と上機嫌。

「カノジョ」は予想以上に「重かった」~『VRカノジョ』に見るハードウェア要件の壁~

VR(仮想現実)デバイスの普及にあたって、何らかのキラータイトルが必要だというのは様々なところで指摘されてきた課題の1つです。 例えば、ファミコンの初期の爆発的な普及にロードランナー(ハドソン)やゼビウス(ナムコ)がどれ […]

The post 「カノジョ」は予想以上に「重かった」~『VRカノジョ』に見るハードウェア要件の壁~ appeared first on デジノ杜.

ヘッドセット一体型でVRの世界に没頭できる『CHOETECH VRゴーグル』使ってみた

CHOETECH様より、音にも集中できるVRゴーグルをご提供頂きましたので使ってみました。 本機はAndroi...

投稿ヘッドセット一体型でVRの世界に没頭できる『CHOETECH VRゴーグル』使ってみた物欲ガジェット.comの最初に登場しました。

The post ヘッドセット一体型でVRの世界に没頭できる『CHOETECH VRゴーグル』使ってみた appeared first on デジノ杜.