WIRED Special

ブレードランナー続編の舞台裏へ──30年後の「未来世界」は より暗く、より今に似ている

なぜ、いま、彼らは「ブレードランナー」を甦らせるのか? リドリー・スコットは35年前に公開された前作誕生の秘話を明かし、『ブレードランナー 2049』監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが、ライアン・ゴズリングが、ハリソン・フォードが新作にかけた思いを語る。期待の新作の撮影現場への取材を、米国で唯一許された『WIRED』US版シニアライターが目撃した、「2019年」の30年後を舞台にした新・ブレードランナー。

ブレードランナー続編の舞台裏へ──30年後の「未来世界」は より暗く、より今に似ている

なぜ、いま、彼らは「ブレードランナー」を甦らせるのか? リドリー・スコットは35年前に公開された前作誕生の秘話を明かし、『ブレードランナー 2049』監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが、ライアン・ゴズリングが、ハリソン・フォードが新作にかけた思いを語る。期待の新作の撮影現場への取材を、米国で唯一許された『WIRED』US版シニアライターが目撃した、「2019年」の30年後を舞台にした新・ブレードランナー。

ブレードランナー続編の舞台裏へ──30年後の「未来世界」は より暗く、より今に似ている

なぜ、いま、彼らは「ブレードランナー」を甦らせるのか? リドリー・スコットは35年前に公開された前作誕生の秘話を明かし、『ブレードランナー 2049』監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが、ライアン・ゴズリングが、ハリソン・フォードが新作にかけた思いを語る。期待の新作の撮影現場への取材を、米国で唯一許された『WIRED』US版シニアライターが目撃した、「2019年」の30年後を舞台にした新・ブレードランナー。

ULTRAでは、すべてが“ULTRA”なのだ: 世界で一番アガる音楽フェスのUXデザイン

2014年に東京・お台場に上陸し、その規格外なステージと演出で日本に衝撃を与えた米国発のミュージックフェスティヴァル「ULTRA」。DJがプレイする音楽を増強し、フロアへ興奮をもたらす「舞台装置」はいかにして生み出されるのか。「ULTRA JAPAN 2017」が17年9月16日〜18日に開催される前日、バックステージで最終調整を行う本国のスタッフを直撃!世界を飛び回るクリエィティヴディレクターとプロダクションディレクター、メインVJに話を聞いた。

Diplo、アフリカにいく:天才DJが100万ドルを蹴ってみつけたフロンティア

ジャスティン・ビーバー、アッシャー、マドンナ…。世界的ミュージシャンを数々プロデュースし、人気ユニット「Major Lazer」を率いるDJ・プロデューサーのDiplo。彼が100万ドルのオファーを断り向かったのは、アフリカのクーラーがないパーティーホールだった。ナイジェリアを中心とするアフロポップ・ムーヴメント、そしてアフリカが未来のカルチャーの中心地となる可能性をツアーで目撃したDiploは何を語ったのか。独占インタヴュー。

神話とアニメの愛蘭土紀行 『ブレンダンとケルズの秘密』をめぐる旅

小さな島国・アイルランド。古くから伝わる神話や伝承に富み、多くの文豪を輩出しているこの国が、今度はアニメーションで世界を魅了する物語を生んだ。その独創性と「動く絵本のような」アニメーションの美しさで世界から高い評価を受けた映画『ブレンダンとケルズの秘密』。なぜこの作品はこれほどユニークになり得たのか。そして、この島国はなぜ「語り部の国」となったのか。同作の日本公開に合わせ、その秘密を探る旅に出た。